2018年07月17日

人吉相良氏の軌跡(1)ー鎌倉時代ー

熊本県の南西部に「人吉市」という都市があります。

熊本県の最南端であり、人口は約32,000人。

市内を日本三大急流の1つである球磨川が流れ、川下りと温泉を主な観光資源とし、人吉市を含む球磨地方全体が日本遺産に指定されています。

人吉は鎌倉時代から相良氏が支配し、江戸時代に人吉藩2万石が立藩され、明治維新まで続きました。
鎌倉時代から明治維新まで1人の大名によって支配され続けた例は、人吉相良氏の他は薩摩島津氏ぐらいではないでしょうか(他にもあるかもしれませんが)。

今回はその「相良氏」にスポットを当ててみたいと思います。


1、相良氏とは
相良氏の初期系図には混乱が生じておりまして、何が真説かを特定するのは非常に困難な状況です。
通説では、相良氏は藤原南家(藤原不比等の長男・武智麻呂から発する藤原氏の一族)の流れで、工藤氏庶流・工藤周頼が、遠江国(静岡県西部)の相良荘に住んでおり、その地名を姓としたことに始まると言われています。

で、工藤改め相良周頼には子がなく、同じ工藤氏の流れである伊東氏(子孫は日向国の戦国大名)から当主・祐光の子・伊東光頼が相良家に養子入りしたとあるのですが、この光頼という人物の足跡がほぼ分かりませんでした。


2、鎌倉時代の相良氏
西暦1180年(治承四年)、源頼朝が平氏打倒の挙兵をしてから、1185年(元歴二年)に平氏が壇ノ浦に滅びるまでの間、相良氏当主・相良頼景は一貫して平氏の武将として活動しており、領地である相良荘の大半を没収の上、肥後国球磨郡多良木荘(現:熊本県球磨郡多良木町)に追放されました。

しかし、それから8年後の西暦1193年(建久四年)、頼景は許され、頼朝より追放先の多良木荘の地頭(荘園の管理者)に任命されています。

一方で頼景には嫡男・相良長頼がおり、彼は没収された相良荘の一部を領し、そこで細々と生計を立てていました。

西暦1198年(建久九年)12月、頼朝は長頼を呼び出し、肥後国球磨郡人吉に下向し、下球磨地方を横領している平頼盛の家臣・矢瀬主馬祐を討てという命令を与えます。これは父・頼景が下球磨地方の多良木荘の地頭だったことも関係してるかもしれません。

長頼は命令通りに人吉に下り中球磨地方を領している平川義高(木岩上城主:現:熊本県球磨郡錦町木上岩城)と協力して、矢瀬を討ち、見事人吉城を奪取しました。


その6年後、相良氏の将来を一変するような大事件が起きます。


西暦1204年(元久元年)11月4日、鎌倉幕府重臣・畠山重忠の嫡男・畠山重保は、平賀朝雅(北条氏当主・北条時政の娘婿)と口論となり、朝雅は義母である北条時政の正室・牧の方に讒訴しました。

牧の方はこれを夫である時政に「畠山重忠の謀反」と伝えたため、翌1205年(建久二年)6月22日、畠山重保は謀反人として誅伐されました。世に言う「畠山重忠の乱」です。

北条氏当主・北条時政は畠山重忠を討つべく御家人に招集をかけました。この御家人の中に鎌倉に参勤していた相良長頼の姿もありました。

大将軍・北条義時に率いられた討伐軍は二俣川(横浜市旭区)で畠山軍と激突。この戦いで長頼は武功をあげ、恩賞として肥後国球磨郡人吉荘の地頭職を賜りました。人吉相良氏の始まりです(相良氏初代)

さらに西暦1221年(承久三年)、後鳥羽上皇による鎌倉幕府撲滅作戦「承久の乱」が勃発すると、長頼は弟である相良宗頼相良頼忠と共に、北条時房(義時弟・後の鎌倉幕府連署)の軍に加わりました。

相良軍は宇治川の戦いで一番槍の功名を立て、敵将を討ち取るなどの軍功を挙げた結果、北条義時から遠江国相良荘を与えられ、父子の代から続く念願の本領回復を果たしたのです。

しかし良いことばかりではありません。
西暦1227年(安貞元年)、長頼が多良木荘を相続してることから、この頃、父・相良頼景が亡くなったようです。

続く西暦1243年(寛元元年)には、甥・相良頼重(前述の相良宗頼の子)肥後国山鹿郡泉新荘(現:熊本県山鹿市)の事で内輪もめが起き、これが原因で人吉荘の北半分を召し上げられてしまいます。

ただし、西暦1249年(建長元年)、北条時頼(鎌倉幕府5代執権)より、豊前国上毛郡成恒荘(現:福岡県築上郡上毛町)の地頭職を賜っていることから、この召し上げは冤罪の可能性がありそうです。

西暦1254年(建長六年)3月、相良氏初代・長頼死去。家督は長頼嫡男の相良頼親が継ぎましたが、すでに56歳だったそうで「今更家督を譲られても」と憤慨し、翌1255年(建長七年)、弟の相良頼俊が相良氏三代目の家督を相続しました。

西暦1281年(弘安四年)、蒙古が襲来し、弘安の役が始まると、頼俊は兵を率いて菊池武房(肥後菊池氏当主)に従って博多で戦い、嵐で船が難破した蒙古兵を一網打尽で捉えて斬首する武功を挙げました。この功で菊池武房より葦北郡(熊本県葦北郡)が与えられています。

単純に考えて、この頃の相良氏は肥後国の3分の1ぐらいは領土にしていたと考えられるのではないでしょうか?

しかし、この蒙古襲来以後、鎌倉幕府は少しずつ崩壊に向かって進み、相良氏も歴史の流れに翻弄されることになります。

(つづく)
posted by さんたま at 15:29| Comment(0) | 人吉相良氏の軌跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: