2017年11月16日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(77)-法皇、敗れる-

西暦1183年(寿永二年)11月19日、自らの手勢を三千騎あまりを七条河原に集めた源義仲は、全軍を率いて法住寺西門に突っ込ませました。世に言う「法住寺合戦」の始まりです。

この時、院は義仲が攻めてくるという考えはほとんど持っていませんでした。
ゆえに、七条河原から大軍が押し寄せてくると聞いた院は、平知康(検非違使・左衛門尉/鼓判官)が率先して兵を指揮し、西門の防戦に当たりました。

平知康は合戦の最中に

「昔は法皇の宣旨を読み上げただけで枯れた草木も花が先、悪神も素直に従った。今が末法の世(末法思想/し釈迦入滅千年後に正しい教えが消滅するという思想)とはいえ、御上に反することがどうして許されようか!お前たちの弓矢はお前たちに跳ね返るのだ!」

と口上を述べ、義仲軍を牽制しようとしますが、義仲軍にとっては

「アホな公家がなんか言ってる」

ぐらいにしか思っておらず、全くなんの効果もありませんでした。

また、法住寺西門から喚声が聞こえてくると、別働隊として新熊野方面に二千騎で駐屯していた樋口兼光は、法住寺の南側に馬を進め、そこから法住寺に向けて無数の矢を射かけました。

この西と南からの攻撃に一番驚いたのは法皇でした。

法皇は義仲追討の院宣を出して、二万の軍勢で義仲の屋敷を襲撃する準備に着手したばかりでした。

それは義仲と義経の武力衝突を回避させるため、義仲の勢力をできる限り迎え討ち、その上で義経の軍勢を京に迎え入れ、義仲の残存勢力を壊滅させる考えでした。

しかし、義仲は機先を制し、法住寺に先制攻撃を仕掛けてきたのです。
しかし、義仲に最後通牒を突きつけ、謀反を焚きつけたのは法皇なので自業自得であります。
それでも法皇は本気で義仲が攻めてくるとは思っていませんでした。

法住寺は西と南の攻撃によって兵力を分断され、やがて司令官である平知康が戦場から離脱すると、二万の兵は統率を欠いたただの寄せ集めとなってしまい、我先にと法住寺から逃げ出していきます。

義仲軍は院の軍勢を壊滅に近い状態まで追い込むと、法住寺の南殿に火をかけました。

「これは、なんとしたことぞ.......」

焼けただれる法住寺南殿。
自らの院庁が木曽義仲の軍勢によって攻め落とされようしています。

法皇は平家全盛期の頃は、その権力によって院政を停止されたことがありました。
清盛亡き後、ようやく政治を自らの手に取り戻し、また義仲によって平家追放後は、新たに後鳥羽天皇を立て、政治を本来のあるべき姿に戻しました。

しかし、それが再び木曽義仲という源氏の勢力に崩壊されようとしていました。

後白河法皇は歯ぎしりをし、こみ上げる悔しさを押し込ながら、側近が用意した輿に乗り、法住寺北門から脱出しました。目指すは五条大路にある五条東洞院内裏
一方、後鳥羽天皇はすでに閑院殿(二条大路にある旧藤原冬嗣邸)に避難していました。

九条兼実の日記「玉葉」によれば、11月19日の正午あたりに法住寺から黒煙が見受けられ、午後4時頃には法皇が五条東洞院に逃れられたという一報が入っていることから、正味3時間程度の戦いだったようです。

この戦いは完全に法皇の負け戦でした。

かつて院政の役所である「院庁」が武士によって襲撃された例はなく、また明確なる皇族を攻撃目標にした反乱、かつ北面の武士など院庁を守るべき武士が壊滅状態まで追い込まれたのは、これが我が国の歴史のおいて初めてのことでした。

この戦で、義仲は一時的にこの国の頂点に立つことに成功したのでした。

(つづく)
posted by さんたま at 23:39| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: