2017年07月02日

幻の城・「宮崎城」についての物語

下記リンクは2017年6月27日(火)毎日新聞地方版の記事です。

▼国史跡目指す 今年度、市教委が発掘調査 南北朝時代に記述「幻の名城」 /宮崎
https://mainichi.jp/articles/20170627/ddl/k45/040/600000c

ここに出てくる「宮崎城」とは、宮崎市池内町の丘の上に築かれた城です。
具体的な場所はここ(↓)になります。
https://goo.gl/maps/LMtKCSiWAq62

宮崎城は、宮崎市池内町の南北に長く伸びた丘陵に築かれ、丘陵の西・南麓を流れる大淀川を天然の水堀として活用した要塞です。

自然の地形を有効に利用し、本丸・野首城・服部城・彦右衛門城・百貫城などの独立した曲輪(建物)からなり、船ヶ崎・万願寺・目引・野首の4つの登城口があります。

おそらく宮崎市民は、ここに昔、城があったことなど知らない人が多いと思います。今はロクに整備もされていない城跡なので。しかし、この城には様々な逸話が残されているのです。

今日はそれを綴ってみたいと思います。

1、宮崎城の成り立ち
宮崎城は、今から700年ほど前の室町時代初期(南北朝時代)の西暦1335年(建武二年)もしくは1336年(延元元年/建武三年)に、当時南朝方勢力だった図師六郎入道隋円・慈円父子が作った城と言われています。

しかしながら、日本が南北朝時代に入ったのは西暦1336年ですので、多分築城時期は前者の1335年ではなく、後者の1336年が正しいかと思います。

南北朝時代というのは、日本国に「北朝」「南朝」という二人の天皇が存在するという異常状態の時代で、前述の西暦1336年(延元元年/建武三年)から、1392年(元中九年/明徳三年)までの、56年間をいいます。主に北朝が幕府方南朝が宮方と言われました。

この宮崎城はその南朝方の城として築かれましたが、すぐに北朝方の土持宣栄に攻められて落城し、以後は北朝方・土持氏の持ち城となります。


2、伊東氏の重要拠点、そして島津氏の重要拠点へ
この頃、宮崎県内の有力な北朝方勢力は土持氏伊東氏でした。

土持氏は本姓を田部(たべ)といい、古代日向を支配した日下部(くさかべ)氏の権益を引き継いだ地元勢力の代表なのに対し、伊東氏は足利幕府よって送り込まれた中央勢力の代表でした。

南北朝争乱の時は、お互い協力しあって「共通の敵」だった南朝方と戦っていた両氏ですが、南北朝争乱が収束するとお互いの存在が邪魔になり始め、ついに伊東氏六代当主・伊東祐堯(いとうすけたか)が西暦1446年(文安元年)、宮崎城を土持氏の手から奪い、以後、宮崎平野支配の重要基地とします。

しかし、その16年後の西暦1572年(元亀二年)、伊東氏は、諸県郡木崎原(宮崎県えびの市)で、鹿児島を支配していた島津氏と戦って大敗し、有力武将の多くを戦死させてしまいます。その後、島津氏が宮崎県に侵攻し、伊東家家臣たちの裏切りが多発。ついに伊東氏は島津氏に国を追われてしまいます。

西暦1580年(天正八年)、島津氏当主・島津義久は、島津家の老中職にあった上井覚兼(うわいさとかね/かくけん)を宮崎城主として赴任させ、西暦1587年(天正十五年)の豊臣秀吉による九州征伐まで、宮崎県の支配を統括させました。この時の様子は『上井覚兼日記』に詳細に記されています。

この辺りは、私が尊敬している新名一仁先生(文学博士/鹿児島大学・志学館大学非常勤講師)の下記ブログをご覧ください。
http://sangoku-nyuto.blog.so-net.ne.jp/archive/c2306094100-1


4、関ヶ原の合戦による「宮崎城合戦」
豊臣秀吉の九州征伐により、大淀川以北の宮崎市は高橋元種(右近大夫/延岡5万3000石)という武将の領地となり、宮崎城も高橋氏の持ち城となって、島津氏の支配から高橋氏の支配に変わります。

そこから13年後の西暦1600年(慶長五年)9月、岐阜県不破郡関ヶ原で起きた徳川家康 VS 石田三成の「関ヶ原の合戦」の影響は、全国各地にも広がっていました。

当時、宮崎市の大淀川以南と日南市全域を治めていた日向伊東氏当主・伊東祐兵(いとうすけたけ)は、徳川家康の「東軍」に味方しており、大淀川を挟んで国境を接する高橋元種は「西軍」に味方していました。

しかし祐兵自身は重病で大坂を離れられなかったため、密かに嫡男・祐慶を飫肥に送り、黒田官兵衛に頼んで、軍使(見届け人)・宮川伴左衛門を飫肥に遣わしてもらいました。

伊東家家老・稲津重政(いなづしげまさ)は、この宮川伴左衛門と相談し、東軍お味方の軍功を上げるため、西軍の高橋元種の持ち城である宮崎城を攻撃する計画を立てます。当時の宮崎城は権藤種盛(ごんどうたねもり)という武将が城代を務め、700兵が城を守っていました。

西暦1600年(慶長五年)9月26日、重政は3000の兵を率いて宮崎城を攻撃し、たった1日でこれを落城させ、宮崎城を伊東氏の持ち城にしました。しかし、同じく国境を隣接していた佐土原城の島津氏は、

「そんなドロボウみたいなマネ、許せるわけねーだろ」

と、伊東氏の宮崎城所有を認めなかったため、伊東氏と島津氏の間に緊張が走ります。

10月に入り、島津氏は、佐土原、穆佐、倉岡等から連続で数千の兵で宮崎城に攻撃を仕掛けますが、重政は城を出てこれをほぼ全部撃退して宮崎城を守り続けました。

それだけではなく、重政は、関ヶ原の合戦に敗れて、日向細島に流れ着き、そこから佐土原経由で薩摩に帰ろうとしていた島津義弘の撤退中の軍勢(60足らず)を八代村(国富町)で奇襲をかけています。

この時の経験から、島津義弘は国境警備を固める必要性を痛感し、高岡(宮崎市高岡町)に城を築き、比志島国貞を城主と定め、去川に関所をもうけました。

この時、高岡に作られた城が、高岡城であり、現在は天ケ城公園・歴史資料館として整備されています。
地図: https://goo.gl/maps/G9WrzJ84fAn


5、宮崎城返還
伊東家家老・稲津重政が宮崎城を落とした功績により、伊東氏にも領地加増があるかと思われました。

ところが、高橋元種は「関ヶ原の戦い」では兄の秋月種長(あきづきたねなが/長門守/日向高鍋3万石)と行動を共にして大垣城に籠城し、関ヶ原の本戦には参加しておりませんでした。

9月15日の本戦で西軍が東軍に敗れると、徳川家康方の水野勝成の説得を受け、まず種長が東軍に内応し、元種もそれに従いました。

さらに一緒に籠城していた相良頼房(さがらよりふさ/左衛門佐/肥後人吉2万石)を誘って、大垣城を守っていた守将らを次々と城中で殺害。23日には大垣城守将のトップである福原長堯を降伏させ、徳川家康から領地を安堵されています。

宮崎城合戦はそれから3日後の同年9月26日に発生しており、この時、すでに元種は東軍に内応していたため、この戦いは結果的に東軍VS東軍という同士討ちの戦いになってしまいました。このことは当然、稲津重政も権藤種盛も知らないことでした。

また家康が元種の領地を安堵したため、宮崎の地を伊東氏の新領地とする大義名分は失われてしまいます。その結果、伊東氏は宮崎城を高橋氏に返還せざるえなくなりました。その代わり、家康は伊東氏の軍功は認め、伊東氏の飫肥・曽井・清武の領地は安堵されました。

西暦1601年(慶長六年)、伊東氏は宮崎城を高橋氏に返還しますが、それより14年後の西暦1615年(元和元年)、徳川幕府が出した法令「一国一城令」(一つの国に城は一つ(国内に複数の大名が存在する場合は、その支配領域において1つのみ)残して、すべて叩き壊せ)が発布されたため、廃城となってしまいました。


6、宮崎城、国史跡認定へ
前述の毎日新聞の記事によれば、この度、宮崎市の手によって初の発掘調査が入ることになります。この宮崎城の土地は民有地のため、これまで大規模な発掘調査を行うことはできませんでした。

もし、今回の発掘調査の結果、国史跡認定となれば、宮崎県内では、

都於郡城跡(宮崎県西都市):室町時代から戦国時代にかけて日向伊東氏の居城となった城

佐土原城跡(宮崎県宮崎市佐土原町):戦国時代の伊東氏の拠点であり、江戸時代佐土原藩の藩庁となった城。

穆佐城跡(宮崎県宮崎市高岡町):南北朝時代、足利幕府の直轄城として日向の国府として機能した城。

に続く、城郭としては4番目の国史跡になります。

かつて私は、高校時代に宮崎城に調査に行ったことがありますが、手入れが全くされていないあまりの繁み具合にため息をついたのを覚えています。

是非とも、国史跡としての認定を受け、きちんと整備し、地元に人たちに誇れる史跡にしてもらいたいと思います。
posted by さんたま at 23:57| Comment(2) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。突然失礼します。
私は宮崎市内の史跡等を訪ねて回っており、宮崎城跡にも何度か足を運んでおります。
ブログを拝見しまして、上手くまとめていらっしゃるなと思い、僭越ながら私が先日作ったジオラマを見ていただきたく。
お手隙の際にでもご一見くだされば幸いです。
https://twitter.com/i/moments/888960280285241349
Posted by セイヤワメイ at 2017年07月25日 18:50
>セイヤワメイさん
拙いブログをご覧いただきありがとうございます。また過分なお言葉も恐縮に存じます。Twitterのmoment拝見しました。いやはや......あそこまでの作り込み、ただただ「見事......」の一言です。素晴らしい作品だと思いました。

これを機会に宮崎城を知ってくれる人が増えることを祈ってます。
Posted by さんたま at 2017年07月26日 09:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: