2017年04月19日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(55)-北陸地方、反平家勢力の手に落ちる-

西暦1181年(治承五年)6月13日、信濃国横田河原の合戦で、源義仲ら率いる信濃源氏は、越後から侵入してきた城長茂を撃退し、越後、信濃を源氏の支配下に置きました。

城氏は越後平氏の棟梁であり、中部地方における源氏を牽制する重要な一族でした。その城氏の敗退が平家本体に与えたショックは凄まじいものがありました。

まず、横田河原の合戦の影響として、西暦1181年(※治承より改元し、養和元年)7月、北陸地方の加賀、能登、若狭(現在の石川県、福井県)において、在地豪族たちの反平家活動が活発化します。主だったのは能登国の活動で、目代(代官)が追放され、国守が反乱軍に殺害されるという事件が記録に残っています。

これまで東海、甲信越近辺が源氏と平氏の勢力の境界線だったのが、いきなり若狭まで京都に寄ってきたのですから平家が安穏としてるわけがありません。

平家一門の棟梁・宗盛(清盛三男)は、同年8月、奥州を実効支配している奥州藤原氏棟梁(御館)・藤原秀衡陸奥守に、そして越後の片隅にひっそりと生きている城長茂越後守に任じました。これは東国、甲信越、北陸のと源氏勢力の背後を牽制すると共に、奥州藤原氏を平家勢力に引き込むための方策でした。

しかし、もともと奥州藤原氏は平家にも源氏にも与せず「中立」を保っており、陸奥守になったからと言って、平家のためにドンパチやらかす素振りは一切ありませんでした。

また、城長茂はこの時点で越後一国すら掌握できない状態で、越後守任官したところで、何の意味もありませんでした。

また、当時、地元の豪族が国司(いわゆる官僚)になることなど出来なかった時代だったため、当時の右大臣・九条兼実「狂気の沙汰」という内容の日記を残しています。

さらに宗盛は、同年9月、平通盛(清盛異母弟・教盛の嫡男)平経正(清盛異母弟・経盛の嫡男)らに北陸への出兵を命じます。これは、北陸の反平家活動が越前国(福井県東部)に飛び火するのを防ぐため、越前守だった通盛に国を反平家勢力から守る為に命じられたものです。

通盛は同年4月、重衡と共に墨俣川の合戦で、源行家軍を壊滅させた戦功をあげていましたため、宗盛の期待は非常に高いものがありました。

ところが、越前国の状況は、宗盛の想像をはるかに超えていました。

9月に越前国に入った通盛でしたが、越前の豪族たちは越前守である通盛の命令に従わないばかりか、豪族たちが賊徒となって国中のあちこちで放火・強盗を繰り返していたのです。一方若狭に入った経正も自分の身も守るのが精一杯の状態でした。

そして同年9月4日、平通盛と越前賊徒軍はついに越前国敦賀郡水津(現在の福井県敦賀市杉津か?)で激突しました。これには源義仲配下の根井行親の名前も記録にあるため、賊徒軍には義仲率いる信濃源氏の援軍も加わっていたものと見られます。

この戦いで通盛は賊徒軍に敗れ、国府(県庁のようなもの)を明け渡し、津留賀城(のちの金ヶ崎城<福井県敦賀市金ヶ崎町>)に退却しています。しかし、賊徒軍は通盛が籠る津留賀城への攻撃を緩めることなく、また、若狭の経正も身動きが取れなくて通盛の援軍にも向かうことも出来ませんでした。

進退きわまった通盛はついに城を明け渡して、越前の山林に逃げ込んだと言われています。

結果として、越前国から平家の力は排除され、越後、信濃、加賀、能登、越前、若狭の5ヶ国が反平家勢力に実効支配されました。

通盛の敗退を聞いた宗盛は、完全にブチ切れたのか、とんでもない狂気の大遠征計画をブチ上げます。

<東海道・東山道方面軍>
平維盛(重盛嫡男・小松家当主)、平清経(重盛三男)

<北陸道方面軍>
平知度(清盛七男)、平清房(宗盛異母弟)、平重衡(清盛五男)、平資盛(重盛次男)

<熊野方面軍>
平保盛(頼盛嫡男)、平為盛(頼盛次男)

<洛中警護>
平宗盛(清盛三男・平家一門棟梁)教盛(清盛弟)、経盛(清盛弟)、頼盛(清盛弟)、知盛(清盛四男)

この計画の何が無謀かって.....(汗)

北陸支配を復活させる為に五人の武将を派遣するのは理解できますが、東海道と東山道に維盛と清経の二人しか当てていないことです。東海道には源頼朝・武田信義、東山道には源義仲の本拠地がいるわけです。

これらの猛者に、富士川の戦いで失態を演じた戦闘経験値の低い維盛を当てるとか、普通に考えるとありえないんですよね。

一説によると、宗盛は先に病没した兄・重盛の一族・小松家へのライバル視がすごかったようなので、もしかするとこれは嫌がらせだったのもしれません。

その上で、平家一門の中でもっとも戦上手と言われた知盛が洛中警護とか、どんだけびびってんだよと。

この遠征計画は立案された記録はありますが、実行に移された記録は確認出来ません。
というのも、この頃、後白河法皇が八条院と結託して、また反平家的な朝廷工作を行っており、宗盛はそっちの対応にかかりきりになっていた可能性があります。

外からは源氏の脅威。内からは後白河法皇の暗躍.....
宗盛のストレスは相当なものだったと思います。ホント。現に、宗盛は、院との伝奏役である平親宗(平時忠の異母弟)に対し

「天下が乱れたり、法皇の政治の不満等は、全てお前のせいだぞり。泣き父(清盛)は法皇に遺恨がある時は、直接伺って報復していた。しかし、お前がちゃんと仕事をしないばっかりに、私にはなんにも知らされないことばかりで、面目はまる潰れ。どうしてくれるんだ!」

と八つ当たりに近い愚痴をこぼしていたことが記録に残っています。

またこの年は飢饉が発生し、軍事活動を行う兵糧米が不足した為、平家、源氏、双方ともにこう着状態に陥っていましたが、これにより、北陸の反平家勢力はその実効支配を確実にしつつあったのです。

(つづく)
posted by さんたま at 01:57| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。