2017年01月21日

本当はこうだった「大坂の陣」(4)-徳川方初の敗戦・真田丸の戦い-

博労淵砦の攻防戦が行なわれていた、11月28日、29日は、大阪城の北西である野田・福島(現在の大阪市福島区)でも戦いが勃発していました。

ここを守っていた豊臣方は、下福島の五分一に大野治胤(大野治長の弟/通称:道犬斎)が柵と砦を築いて兵800。上福島にも宮島兼与・小倉行春の兵2,500が配置されていました。

一方の徳川方は
九鬼守隆(長門守/志摩鳥羽3万5000石)
小浜光隆(徳川家康旗本/5000石)
千賀信親(志摩守/尾張徳川家旗本)
向井忠勝(将軍家旗本500石/幕府御召船奉行)


彼らは去る11月16日から10日間あまり、この福島地区の牽制攻撃を繰り返して、豊臣方を脅かしておりましたが、11月28日夜半の攻撃で下福島の五分一砦が陥落。

当時は大雨で視界が保てず、治胤の兵は恐怖のあまり大坂城へ退却してしまったそうです。
この後、池田忠雄(宮内少輔/淡路洲本6万石)戸川達安(肥後守/備中庭瀬3万石)が攻撃方に加わりましたが、砦はすでに豊臣方の兵はなく、もぬけの空だったと言われています。

これらの戦いで、大坂城を守るために張り出した外堀周辺を守る砦はすべて徳川方に落とされました。
唯一残されたのは大坂城の南東に出張った出城・真田丸だけでした。

勢いを得た徳川方は大坂城をぐるりと取り囲み、真田丸の正面には篠山を挟んで

南部利直(信濃守/陸奥盛岡10万石)
前田利常(右近衛権少将/加賀金沢100万石)
松倉重政(豊後守/大和五条1万石)
榊原康勝(遠江守/上野館林10万石)
桑山一直(左衛門佐/大和新庄1万6000石)
古田重治(大膳大夫/伊勢松坂5万5000石)
脇坂安元(淡路守/伊予大洲3万5000石)
寺沢広高(志摩守/肥前唐津12万3000石)


などの大名が付けられました。
真田信繁たった一人の浪人相手になんというフルボッコ(笑)。

西暦1614年(慶長十九年)12月2日、家康は茶臼山あたりを見回り、仕寄(城攻めのための設備、塹壕を掘ったり土塁を築いたり、竹束を作って陣に配置するなど)構築を指示しております。
これによりより徳川方は包囲網を徐々に縮め、大坂城に近づいて行きました。

また、家康は真田丸に近いところに配置した前田利常に

「むやみに城に攻めかかるな」
「塹壕を掘り、土塁を高くして、敵の攻め込みに応戦する備えは十分にせよ」


と命令しています。
しかし、利常にとってはこの命令が仇となってしました。

利常は家康の命令通りに塹壕と土塁工事にセッセと励んでいましたが、それを知った真田信繁は篠山に兵を進め、篠山の上から工事中の前田勢に向かって鉄砲を撃ち込んだのです。
当然、前田勢の被害は甚大で、工事も思うように進みませんでした。

それから2日後の12月4日、工事を進めようとすれば毎度毎度篠山の上から鉄砲を射掛けられて、被害は甚大、工事は進まぬという二重苦に苦しんでいた前田利常は、ついに大御所の命令を破り「篠山奪取」を計画します。

同日夜、前田利常の家臣、本多政重(本多正信次男/安房守/7万石)山崎長徳(庄兵衛/1万5000石)が利常の命令を受け、夜陰に乗じて篠山に攻め入りますが、真田勢はすでに篠山を放棄し、真田丸に撤退していました。

政重と長徳はそのまま篠山に駐屯しましたが、翌朝になると、真田丸の中から真田勢が2人を挑発しました。これに怒った政重と長徳は利常に指示を仰ぐこともせず、独断で真田丸への攻撃を開始します。

それは信繁の策にはまってしまうことを意味しました。
まんまと信繁の挑発に乗った政重と長徳は真田丸への攻めかかり、真田丸の城壁に備えられていた真田の火縄銃の的になってしまったのです。

篠山の南の本陣にいた前田利常は、篠山の向こう側の喚声は聞いていましたが、篠山に駐屯していた政重と長徳が、篠山を再び取り戻そうとするとする真田勢との戦いの喚声だと思っていました。

しかし、物見の報告で、政重と長徳が勝手に真田丸に攻撃し、逆に壊滅状態に陥っていることを聞き、慌てて兵を撤退させるように両者に伝令を送ります。

ところが、前田勢が真田丸へ攻撃を開始したことが、思わぬ飛び火をすることになります。
徳川方の各将は家康の命令を守って、じっと待機していたところに前田勢が真田丸に攻めかかったため、

「抜け駆けされてたまるか!」

と八丁目口の攻撃部隊として駐屯していた井伊直孝(掃部頭/近江彦根15万石)と、松平忠直(左近衛権少将/越前北ノ庄67万石)の2人は、大坂城八丁目口に攻めかかりました。

八丁目口を守っていた豊臣方は

長曾我部盛親(浪人/元土佐国主/長曾我部家当主)
佐野道可(浪人/元毛利家臣:内藤元盛)
栗屋元種(浪人/元毛利家家臣)
大谷吉治(浪人/大谷吉継の遺児)


後詰が

木村重成(豊臣譜代/長門守)
山川賢信(浪人/元伊達家家臣:富塚小平二)
郡 宗保(豊臣譜代/主馬頭)


そして、遊軍として

後藤基次(又兵衛/元黒田家家臣)

たちです。

直孝と忠直が八丁目口に攻めかかった頃、大坂城内の火薬庫で大きな火の手が上がりました。
この時、徳川方は藤堂高虎(和泉守/伊勢津22万石)の調略により、豊臣方の南条元忠(元伯耆羽衣石城4万石、南条元続の子)を内通させていました。
なので、直孝と忠直はこの火薬庫爆発が「元忠の工作」であると考えたのです。

「敵の城内に火の手が上がったぞ!今こそ攻め時!押し出せ!」

全軍の士気を鼓舞し、さらに強引な攻めを行う直孝と忠直。

ところが、この火薬庫爆発は大坂城内のただの事故に過ぎず、そして南条元忠はすでに内通がバレて切腹させられていました。

そんなことも知らず、かなり強引な攻めを行った直孝と忠直は、豊臣方の必死の防戦で500兵以上を失うという多大な被害を被ってしまいます。

時間の経過とともに真田丸の戦い、八丁目口での戦いなどの報告が、住吉の家康本陣に届くと

「どいつもこいつも、なぜワシの命令を無視するのか!!」

と烈火の如く怒り、前田利常、井伊直孝、松平忠直に向け

「あのアホどもたちに、とっとと兵を退かせろと伝えろ!!」

と命令しています。

これが、「大坂冬の陣」における、初の徳川方の敗退となった戦いでした。

この戦いの同日、将軍家・徳川秀忠は本陣を平野(大阪市平野区)から岡山(大阪市生野区勝山)へ移動しています。

さらに翌日の12月5日、大御所・徳川家康も、本陣を住吉(大阪市住吉区)から茶臼山(大阪市天王寺区茶臼山町・天王寺公園内)に移動しました。

秀忠はこの時、側近より「家康が和議を考えている」ことを知り、茶臼山まで出向いて家康に直ちに総攻撃を仕掛けるべきだと提案しています。
しかし、家康は

「敵を侮る事を戒め、戦わずに勝つことこそ征夷大将軍の器量」

とはやる秀忠を押さえ込んでいます。

真田丸・八丁目口の戦いは手痛い敗退だったものの、大坂城の包囲網は完璧で、仕寄の構築によってその包囲網は徐々に縮まっており、この段階で徳川方の各将の陣は大坂城から5〜600メートルまで迫っていました。

それは豊臣方を精神的に不安にさせるものだと家康は考えていました。天守閣から見下ろせば、日に日に大軍が迫ってくるわけですから、その心理的影響は十分だったでしょう。

大坂城の中の浪人がおよそ10万人。食糧の調達にも限界があるし、城を包囲されているので補給もできない。その上、日に日に大軍が迫ってくる心理作戦。となると、「豊臣方が取るべき策は和議しかない」ことは家康にはわかっていたのです。

「和議が成立できるなら、いたずらに兵を失うような戦い方をするべきではない」
「いかにして少ない犠牲で戦いを終わらせるかこそ、為政者としての役割」


ということを十分理解していたのだと思えます。

ここから先は家康の用意周到とも言える様々な方策が放たれることになるのです。

(続く)

posted by さんたま at 22:55| Comment(0) | 本当はこうだった「大坂の陣」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。