2016年11月21日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(51)-義円の死-

西暦1181年(治承五年)4月25日、源行家軍6,000騎は、平重衡率いる頼朝追討軍30,000騎を相手に、墨俣川(現在の長良川/岐阜県大垣市墨俣付近)を挟んで対峙しました。

敵の圧倒的兵力に対し、行家は三隊に分け、夜陰に紛れて墨俣川を渡河の上、奇襲攻撃をかけ、平家の大軍を寸断する作戦を立てます。

行家の本軍と源重光(尾張源氏)が率いる第2軍が渡河しようとした矢先、頼朝の名代として参陣した義円率いる第1軍の陣がもぬけの空になっていることを、軍監として第1軍に付けていた源頼康が知らせてきたため、行家は困惑しました。

しかし、第2軍の源重光らは既に南から渡河を開始しており、今更変更はできません。
行家も作戦通り渡河を開始するしかありませんでした。

この時、義円は第1軍2,000騎を率いて勝手に墨俣川を渡河し、平家の陣の北方に上陸していました。
義円はどうあっても先陣を務める覚悟で、行家の指揮を無視したのです。

しかし、義円の軍勢は既に平家の見張りに発見されていました。
見張りの軍勢が義円の軍勢を発見し、確認のために数騎を走らせてきたため、義円はちょっと狼狽しましたが、すぐに平静を装い、全く動じず、見張りの軍勢に一礼をしました。

「そなたたちは何者だ?どこから参られた?」

見張りの頭領らしき武将と馬上から声をかけました。
義円は全く動じず

「われらは相模国大庭御厨の主・大庭景親に連なる者にござる。主人亡き後、源氏に一矢報いんと思得ていたところ、蔵人様(重衡)ご出陣と聞き及び、取る物もとりあえず参陣仕った次第」

と堂々たる口上を述べました。
すると見張りの頭領は

「おお。大庭三郎殿の御身内でしたか。これは大変失礼いたしました」

と詫びを言うと、馬から降りて地面に膝をつき、頭を垂れました。

「いやいや、お役目ご苦労に存ずる」

義円は馬から降りることなく、頭領をねぎらいながら、頭領の前をゆっくりと馬を歩かせて、平家の陣処に向かおうとしました。今は怪しまれることなく、この場を過ぎ去るには仕方がありませんでした。

ここで、見張りの頭領は義円の馬が水を滴り落としているのに気付きました。
松明の光ではっきりとは見えませんでしたが、義円自身も股下から水が落ちていました。
頭領は周りの騎兵にも目をやり、義円の率いている軍勢全てが水を浴びていることにを察知すると、

「恐れながら」

と声をかけました。
義円は手綱を引いて馬を止めると

「何か?」

と尋ねました。

「大庭殿の軍勢は皆、水を浴びられているようでございますな。」

それまで平静を装っていた義円が初めて「ギクッ」と身を強張らせました。

「まるで、今しがた、この川を渡って来られたかのような......」

見張りの頭領は地に膝をつけ、頭を垂れたままの体勢でしたが、体からは禍々しい殺気を放ち始めていました。

「この川の対岸は源氏の軍勢が固めておりまする。10や20ならともかく、1000を超える大庭殿の軍勢が源氏の囲みを突破するのはほぼ不可能でござりましょう」

「であれば.....なんとする?」

と義円が答えた矢先、頭領がサッと立ち上がって後方に引くと、

「敵じゃあ!出会え候え!敵が侵入しておるぞ!」

と声高に叫んで自らの馬に飛び乗ると、配下の兵に命じ、見張り台に向けて赤い布を括り付けた一本の矢を射かけました。

それは見張りの頭領があらかじめ決めていた合図で、赤い布は「危急の時」の知らせでした。
すぐに見張り台から10〜15騎が出撃して義円たちに駆け寄ってきます。

(やむをえぬ......)

義円は刀を抜き、

「かかれー!」

と自軍に攻撃命令を下しました。
不本意にも義円は平家の陣の北方の見張り台で交戦状態に陥ってしまったのです。

その喚声は渡河中の行家にも聞こえていました。

「なんじゃ、あの喚声は」

「北のほうから聞こえてきますが」

頼康が独り言のように言いながら、ハッとあることに気付きました。

「まさか、あれが義円殿の軍勢では!」

「もしそうなら、シャレにならん。たった2000騎で敵陣に単身乗り込みなど死にに行くようなものじゃ!」

行家は自分のスピードを上げるように各隊長に命令すると、上陸地点を喚声の聞こえる北方に変更しました。

一方で、義円の方は次から次へと出てくる見張り台の騎兵に応戦し続けた結果、見張り台の前から動けない状況に陥っていました。そしてその義円の前に見事な黒馬に乗った一人の武将が現れます。

「平越中守(清盛の政所別当・盛俊)が嫡男・左衛門尉盛綱と申す。名を名乗られい」

平盛綱は自らの名乗りを上げ、義円にも名乗りを求めてきました。
義円は躊躇しましたが、やがて平静を装い

「前の播磨守源義朝が八男にして、前の右兵衛佐頼朝が弟・源義円!」

と名乗りました。
義円の名を聞いた盛綱は、一瞬驚きの表情を浮かべました。

「なんと......源氏の軍勢は十郎殿(行家)の軍勢のみかと思うておったら、佐殿(頼朝)の御舎弟も在陣されておったのか」

しかし、すぐに無表情に戻ると、馬上で刀を抜き

「いざ!」

と声を上げ、獣を威嚇するような目と眼力で義円を射抜きます。
義円は一瞬体が強張りましたが、それを跳ね返すかのごとく、刀を抜いて構えました。

義円の軍勢は見張りの騎兵たちを撃退するのに注力していましたが、義円が盛綱と対峙しているのを見た数名が義円の危機を知って馬を取って返し、義円の前に立ち塞がって盛綱を威嚇しました。

盛綱はニヤリと不敵な笑いを浮かべました。
義円を守るように取り囲んだ三名の騎兵は、目で示し合わせて、喚声を上げながら一度に盛綱に襲いかかりました。

盛綱は三名のうち、一番早く自分に到達する兵を見極めると、その者の刀を横から薙ぎ払って馬上から弾き飛ばしました。

しかし二番目に到達した兵の刀が盛綱の肩をかすめます。盛綱は鈍い痛みを感じましたがそれを物ともせず、返す刀で二番目の兵の首に斬撃を入れ、馬上から落馬させました。

すかさず3番目の兵の方が盛綱を襲いますが、盛綱はとっさに馬の腹を蹴って馬を前に走らせ、三番目の兵の刀を寸前でかわしました。

三番目の兵の刀は空を切って兵が体勢を崩すと、今度は盛綱が手綱を捌いて馬の頭を180度返し、そのまま正眼で三番目の兵の兜を叩き割りました。

盛綱は三人の騎兵をあっという間に片付けてしまったのです。
これは義円も背筋に悪寒が走りました。

「さあ、これで邪魔者はいなくなりました。いざ、参られよ!」

再び盛綱の目が義円を捉えました。
義円は心の中で「南無八幡大菩薩」を唱え、意を決してを盛綱に走らせました。

「いやああああ!」

右上段から左下に袈裟懸けに斬りかかりましたが、盛綱はこれを刀で受け止めます。義円はすぐに手綱を取って返して再び盛綱に向かって、今度は上段から正眼で斬りつけますがこれも盛綱に受け止められます。
盛綱は義円の斬撃を二度受け止め、微笑を浮かべていました。

「なかなか筋がいい。ですが、本当の戦の攻撃とはどういうものか教えてしんぜよう」

今度は盛綱が馬の腹を蹴って義円に向かって斬りかかってきました。

「うおおおおお!」

それはまさにイノシシがごとき一直線かつ鬼気迫る殺気をほとばしらせての攻撃でした。
盛綱は第一撃を右袈裟、第二劇を左袈裟と十文字に刀を振り下しましたが、義円はこれをなんとか刀で防御しました。しかし、次の瞬間、盛綱の刀は第三撃として、義円の喉を突いていました。

「ぐは......」

喉を突かれているため、声が出ません。
盛綱は突き刺した刀を抜くのではなく、そのまま右に薙ぎ払いました。
首から義円の鮮血が噴出し、義円の体はそのまま体勢を崩して頭から落馬しました。

盛綱も馬から降りて、落ちた義円の体に歩み寄ります。
義円の意識はまだあり、口をカパカパ開けながら、何かを言おうとしてますが、声になりません。

「御免」

盛綱は再び刀を義円の首に当て、押し込みました。

源義朝の八男にして、頼朝の異母弟、そして義経の実兄である源義円。
墨俣川の戦いにて戦死。享年二十七。

義円の死んだ場所は現在「義円公園」となっており、そこに義円の墓も立っています。 

(続く)
posted by さんたま at 00:39| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: