2016年08月27日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(44)-平家、反撃の時来たる-

西暦1180年(治承四年)11月23日、平清盛は福原京への遷都を諦め、平安京に還都(都を戻すこと)することを決定しました。

還都の原因は、近江(滋賀県)で挙兵した近江源氏・山本義経・柏木義兼兄弟が、仏教武闘派勢力・園城寺&興福寺コンビと連携して京へ攻め入る動きを起こしており、ついに延暦寺までが彼らに味方することが明らかになり、調停や公家の面々から平安京への還都の声が上がり始めたためでした。

すぐにも平安京が攻められると思われていましたが、山本義経・柏木義兼兄弟らは、琵琶湖や北陸方面の物資輸送路の遮断などに兵力を割かれており、京に攻め入って戦う兵力がギリギリの状態でした。

気勢を上げる仏教武闘派の園城寺&興福寺コンビは一刻も早く京への進軍を望みましたが、山本兄弟は二の足を踏んで追いました。というのも、血統を同じとする甲斐源氏の武田信義から、援軍を送るまで京への攻撃は見合わせろという連絡が来ていたのです。

福原京は、宋(中国)との貿易港に改造した清盛自身が管理する港「大輪田泊(兵庫県神戸市兵庫区)」に隣接する都であり、平氏の貿易事業を拡大し、さらなる権力を集中を目論んでいた清盛の夢の産物でした。

その夢を源氏と仏教武闘派勢力に邪魔されたため、清盛の怒りは頂点に達していました。

また、平安京への遷都を決めたその日には、平家に属する有力武将の一人、能勢高頼が福原京の自邸を焼いて近江に向けて逃走しています。

能勢高頼は、清和源氏の嫡流にして摂津源氏8代目・源行綱(多田行綱)の弟であり、兄とは別家を立てて摂津国能勢庄(大阪府能勢町)に勢力を張っている源氏の一族でした。

還都を決めたその日に親平家の源氏が寝返ったことは、清盛の怒りをさらに押し上げてしまいます。

同年11月26日、平安京に戻った清盛は、直ちに高倉上皇に働きかけて近江源氏・園城寺・興福寺らに追討の院宣を得ると、12月1日、まず手始めとして平家一門の平家継に対し、勝手に逃亡した能勢高頼への攻撃命令を下します。

家継は、命令通りに近江に軍勢を進め、能勢高頼を討ち取っただけでなく、柏木義兼の居城まで落城させ、近江源氏の勢力を勢多・野路一帯から東へ撤退させました。しかしこの時、美濃源氏からの援軍が到着し、戦況は膠着状態になります。

翌12月2日、清盛はさらに自分の息子(四男)である平知盛と、孫である平資盛(亡き嫡男・重盛の次男)に出陣を命じます。

同月5日、知盛は家継と合流し、近江国柏原(滋賀県米原市柏原)で近江・美濃源氏の連合軍と戦闘に入り、兵力で大きく上回る源氏軍を壊滅させました。義経は園城寺に逃げ、義兼は山本城(滋賀県長浜市湖北町)に撤退し、美濃源氏は美濃に撤退していきました。

またこのタイミングで家継の名前が記録から見えないので、京へ引き上げたと思われます。

知盛・資盛の連合軍は義経の軍勢が逃げ込んだ園城寺を取り囲みました。
義経はある夜、軍勢を率いて寺を抜け出し、京・六波羅の清盛屋敷の襲撃を実行しましたが、六波羅の屋敷を警備していた平清房(清盛八男)の兵に見つかったため失敗。そして清房の兵も連合軍に加わったため、敵の数が増えてしまいました。

12月10日、清盛五男の平重衡(たいらのしげひら)が清盛の命令を持参して、兵を率いて連合軍に加わりました。清盛の命令とは「園城寺を攻撃せよ。焼き討ちにしても構わん」というものでした。

12月11日、連合軍は四方から園城寺に攻撃を開始。
それを察知した義経は郎党を引き連れて寺を脱出し、馬渕城(滋賀県近江八幡市馬淵町)に逃げ込んで抵抗を続けました。

義経が当てにしていたのは、甲斐源氏からの援軍でした。しかし衆寡敵せず、この城も12月13日に落城。義経は、弟・柏木義兼が篭る山本城に合流するも、山本城も持ちこたえられず12月16日に落城しました。

義経・義兼兄弟はこの時、討ち死にしたと言われましたが、知盛たち連合軍は兄弟の死体を確認することができませんでした。実は、この兄弟はなおもまだ生き延びており、そして意外な形で再び現れるのです。

11月20日に始まった近江源氏の反乱は、わずか1ヶ月で鎮圧されました。
これが、以仁王の挙兵以降に勃発した、源氏による一連の反平家活動において初めて平家が源氏に勝利した戦いになります。

しかし、平家はここで安穏としてはおられませんでした。
東国では源頼朝、武田信義が勢力を築きつつある中、近江(滋賀)、美濃(岐阜)、尾張(愛知県西部)、三河(愛知県東部)を確実に平家の支配下として固めて、京の防波堤と成すのが、清盛義弟・平時忠の作戦だったからです。

一方で、清盛はこの騒動を利用して、仏教武闘派勢力を完全に平家の支配下に押さえ込む恐ろしい策略を考えていたのでした。

(続く)
posted by さんたま at 17:47| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。