2016年06月26日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(38)-富士川の合戦-

河内源氏棟梁・源頼朝甲斐源氏棟梁・武田信義が連合軍化したことは、富士川西岸に陣を張って軍勢を展開している平家方にも知れるところとなっていました。

ちなみにこの頃の富士川は現在の富士川とは異なり、富士の麓から田子の浦あたりに流れ注いでいたと言われています。現在の富士川は江戸時代に河川工事で流れを変えた結果のようです。

平家軍は平維盛を総大将、侍大将(副官)に伊藤忠清が付けられ、西暦1180年(治承四年)9月29日に京都を出発し、近江から東海道を経て富士川(静岡県富士市)に達しました。その間、諸国の武家を集め、その軍勢は7万騎と言われていますが、誇張が含まれていると思われるので、そこそこ半分の4万騎ぐらいだろうと思っていいでしょう。

その上、平家の知行国(領地)は西国が多く、遠い駿河国(静岡県)までの兵糧の補給は簡単ではないため、平家軍は戦う前から士気が落ち始めていました。

駿河国は、元々、橘遠茂という平家方の目代(代官)によって支配されていましたが、10月14日(11月3日)に富士山の麓で武田信義と交戦となって敗れ、橘遠茂が信義の捕虜となってしまったために、今の駿河国は信義の支配下に置かれていました。

さらに相模の大庭景親、伊豆の伊東祐親ら東国の平家方の軍勢は待てど暮らせど、合流してこないことから、戦の情勢を危ぶんだ諸国の武士に動揺が走り、脱走が後をたたず、10月20日の時点では1万騎に満たない状況だったと推定されます。

20日、武田信義は富士川に到達し、西岸に軍勢を展開している平家軍に対峙するように東岸に軍勢を展開していました。一方の頼朝は後方の賀島(静岡県富士市の東方)に着陣し、24日の矢合わせ(開戦)に備えました。

その日の夜、信義は開戦に備え、敵陣の偵察を安田義定(信義義弟)に命じました。
義定は手勢を率いて低姿勢で川の中に入り、生い繁る水草を隠れ蓑にして、平家の陣を伺いました。
そこには、土地の遊女と共に酒宴に浸りきってる平家軍の状況を垣間見ることができました。
そこからは、いわゆる「戦の緊張感」と呼ばれるものを感じ取ることができなかったのです。

いくら偵察とはいえ、望遠鏡もない時代、そこまではっきりわかるものではありませんが、士気を鼓舞するための酒宴と、そうではない酒宴は遠目から見てもわかるもの。義定はこの時点で自軍の勝利を確信しました。

義定としてはできることならこのまま夜襲をかけたいところでしたが、信義から命じられたのはあくまでも偵察任務のため、一旦、兵を退かせます。その時、複数の兵が川底の泥濘に足を取られてしまい、そのままバッタリ水面に倒れてしまったのです。

バシャーン!という大きな水音が複数響きました。夜も更けていたため、その音は対岸の平家軍にも気取られてしまいました。

(しまった!)

義定は兵たちの移動を止め、一層身を低くしてしばし止まるように命じました。そのうち何人かの兵は倒れた兵を抱えようとしましたが、これが再び泥濘に足を取られ、激しい水音が2つまた響いてしまったのです。

1つならともかく2つ、3つと水音がすれば、対岸の平家軍でも怪しみ始めます。
それまで平家の陣で行われていた酒宴が一時的に止まり、

「なんじゃ、あの音は」
「まさか、敵襲ではないか?」

数人がざわつきはじめていましたが、やがて

「そうじゃ.......夜襲じゃ。先制攻撃は源氏の十八番じゃ。う、右兵衛佐が、頼朝がせめてきたのじゃ!者ども出合え!出合え!」

と一人の兵が騒ぎ始めると、また一人、また一人と「源氏の夜襲じゃ!」と騒ぎはじめた。それまでくつろいで酒を飲んでいた兵や将は立ち上がり、陣内は慌ただしく動き始めました。

その中には酩酊した勢いで「おのれ、流人の分際で!」と叫びつつ、槍を振り回しながら川に入っていく者もありました。しかし、その水音が近くで休んでいた水鳥を刺激してしまい、平家の陣の近くの水鳥が一斉に飛び上がってしまったのです。

数百はあろうという水鳥が一斉に飛びだったその凄まじい羽音と鳴き声は、酩酊した兵を正気に醒ますには格好の音でした

「た、大軍じゃあ!源氏の大軍がすぐそこまできておるぞ!」

水鳥の飛び立ちが己の立てた水音で刺激されたことに気づかず、逆に闇に隠れた軍勢が迫ったために飛び立ったのだと勘違いしたのです。
川に入った兵たちは慌てて及び腰で陣に戻ると、もつれた足で篝火を倒してしまい、その火が陣幕に燃え移っていきました。

「源氏の大軍が来た!夜襲じゃ!」

兵たちは川から陸に上がるとそう触れまわりました。それは人づてにあっという間に広まり、先ほどの「夜襲」の話が「源氏の大軍の夜襲」の話にすり替わったのです。

驚いたのは対岸の義定たちでした。
彼らが無事に陸にあがった頃、大勢の水鳥たちが一斉に飛び立ち、そして平家軍で大声でわめいている者たちがいることだけはわかりましたが、何を叫んでいるかは義定たちにもわかりませんでした。


事の次第は平家の侍大将・伊藤忠清にも届きましたが

「夜襲じゃと?誰か源氏の軍勢を見た者がおるのか?」

と従者に尋ね、従者が

「兵たちによれば、大きな水音と水鳥の大軍が一気に飛び立ち、後方から源氏の鎧武者が現れたとのことです」

と答えると、忠清は「信じられん」と呟き、従者に「その場所に案内せい」と命じて陣幕を出ました。

しかし、平家の陣の中はもう手がつけられない混乱と化していました。身支度をして逃げ出そうとするもの、遊女の手を引いてどこかに行こうとするもの、馬の争奪戦など、そこにはもはや秩序というものがありませんでした。

急ぎ、忠清が岸に駆けつけてみると、そこには源氏の軍勢はおろか鎧武者の姿もなく、あるのは、轟々と音を立てて燃え盛る平家の陣幕のみでした。

「なんということだ。。。」

冷静であれば水音にも水鳥の羽音にも狼狽することなく、適切に対処できたと思われます。ですが、酒宴の最中で酩酊している兵がいる中、兵たちの中にある不安が水音や水鳥と結びついて「まだ見ぬ敵」を作り出し、結果として「不安」が「恐怖」に格上げされて、この混乱に至っていました。

本来、陣内での振る舞いは避けるものですが、下がり続ける士気を鼓舞するために、忠清が特別に許したものでありました。この事態において、忠清ができることは「速かなる撤退」でした。

「退却じゃと?」

忠清の報告を聞いた維盛はさすがに目を剥きました。ここに陣を張ってから一戦もせずに退却するなど、総大将には堪え難い屈辱であり、維盛の怒りは当然でした。

「兵たちの勘違いが発端とはもうせ、もはや将兵は混乱しており、逃げ出す者も多く、兵も馬も物資も殆ど残されておりません。このままこの陣に止まっても、戦える兵力は1000か500。数万騎と言われる源氏の軍勢相手では到底抗えません。さりとて、ここで伊予殿(維盛)の命を奪われるわけにはいきません。それではこの忠清の武士の一分が通りません。それゆえ、何卒、ここはお退きくださりませ」

忠清はあらん限りの言葉を尽くして維盛に退却を説きました。忠清の言葉には理があり、それを覆す弁舌を維盛は持ち得ませんでした。

平維盛は一戦もしないまま、富士川を後にし、遠江国まで撤退することになりました。
信義、頼朝は一戦することなく、平家本体の追討軍を敗退させてしまったのでした。

これが世に言う「富士川の合戦」と呼ばれる戦いであり、源氏が平家本体の軍勢と戦った初勝利だったのです。

(つづく)
posted by さんたま at 17:20| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。