2015年07月30日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(6)-以仁王と源三位頼政-

西暦1180年(治承四年)2月、高倉上皇安徳天皇を奉じて高倉院政を開始しました。

しかし、これまで院政を行ってきた後白河院を支持していた興福寺園城寺らの寺社勢力は「ふざけんじゃねぇぇぇっ!」と、あからさまに平家に対し反抗的な態度を取り、それは平家派の延暦寺にまで飛び火し、後白河法皇を奪回しようと、法皇が幽閉されている鳥羽殿に押し掛けようとまでしていました。

この騒動は平清盛の次男であり、宗家嫡男の地位にあった平宗盛によって沈静化させられますが、事態を重く見た高倉上皇と清盛は、今後も同じようなことが起きた場合の対策として、後白河法皇を鳥羽殿から八条坊門烏丸邸に移し、幽閉状態から軟禁状態に移行させました。

これにより、興福寺や園城寺、延暦寺などの寺社勢力の平家への反発を一時的に押さえ込むことに成功します。朝廷を手中におさめた平家ですが、公家以上にやっかいだったのが寺社のコントロールであることを思い知ったのです。

ところで、後白河法皇には皇位を継いだ高倉上皇以外に、第三皇子として以仁王(もちひとおう)という人がいました。

以仁王は高倉上皇のお兄さんにあたる人なので、当然皇位継承候補でしたが、母親が藤原家閑院流の出身で、平家の人間ではなかったため、平滋子(建春門院)に疎まれ、最終的に滋子の子である憲仁親王(高倉上皇)が皇位を継ぐことになったわけです。

以仁王は、平家一門と縁がないというだけで皇族内からも疎まれ、親王宣下をもされず、不遇の時代を過ごしておりました。今だったらグレて問題児になってそうです。しかし、そんなヤサグレ王を猶子として引き取り、面倒を見ていたのが、後白河法皇の異母妹である八条院ワ子(あきこ)でした。

八条院ワ子は、後白河法皇の異母妹です。
父である鳥羽法皇ならびに母である美福門院得子の両方の領地(全国に百数十箇所)を相続した結果、広大な天皇家の領地の一角を占め、個人としての財力と権力は天皇家内においても無視できぬほど強大でありました。

王は八条院ワ子の猶子となり、高倉天皇後の皇位継承を望んでいたものの、平家の策略により安徳天皇が立てられたため、皇位継承の望みが完全に絶たれてしまったのです。このことから以仁王の平家への恨みは並々成らぬものがありました。

また、院庁、天皇家、摂関家を支配し、朝廷を意のままに操る平家一門の中において、ひとりだけ心穏やかならない方がおられました。源頼政(みなもとのよりまさ)という人です。

その姓の通り、頼政は摂津源氏の出身で、大内守護(宮中警備)を役目として仰せつかっておりました。頼政はかつての保元の乱、平治の乱で勝者側である平清盛につき、源氏でありながら平氏政権の一角を担うポジションにいました。その恩恵として、源氏としては初めて従三位の位に昇ったのです。

朝廷の官位の「正四位」「従三位」の間には大きな隔たりがありました。それは従三位以上こそが上級貴族として扱われ、なおかつ正四位で参議の地位にあるもの又は従三位の地位にあるものを「公卿」と呼び、国家高官の証だったからです。

特に頼政の従三位昇進は源氏はじまって以来のことであり、敬意を込めて「源三位(げんさんみ)」と呼ばれたほどでした。

しかし、いかに恩があるといえども、所詮栄達は平家一門のもの。源氏である頼政は平家一門より格下に見られ、またなおかつ平家一門の風下に立たされ苦渋を舐めることもあり、それが清盛だけでなく、清盛の子弟までにも及び始めると頼政自身、色々と考えるようになってきました。

「ワシはこのままでいいのか...平治の戦より入道(清盛)殿に従い、源氏の長老として平家一門の中で国政に関わってきたが、それは皆、入道殿のためのこと。しかし、内府(宗盛)殿ら入道殿の子らには何の義理もない。にもかかわらず、我が源氏は今後もずっと入道殿の子孫の下に従わされるのだろうか......」

頼政は頼政なりに、自らの立場とその影響そして源氏一族の未来を考えるようになっていったのです。

そして、あれほど願っていた従三位に昇った翌年、突然出家し、家督を嫡男である源仲綱に譲りました。

頼政は、国務からも平家からも離れた位置に身を置き、自分の子孫や一族、そして平家の勢力下に押さえ込まれているこの国を憂うようになっていたのです。

(つづく)
ラベル:鎌倉 源平 京都
posted by さんたま at 01:09| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。