2018年10月29日

人吉相良氏の軌跡(5)ー室町時代(2)ー

1、新生相良氏・相良長続の誕生
西暦1448年(文安五年)2月、上相良氏・多良木頼観、頼仙兄弟が、当時12歳の相良宗家十代目当主・相良堯頼に対して反乱を起こし、堯頼は人吉城を追い出されました。

これに対し球磨郡山田城主(熊本県球磨郡山江村山田字城山)で相良氏庶流である永留長重は、逆に多良木兄弟を攻めて人吉城から追放し、行方不明になった堯頼を捜索します。

長重は薩摩国牛屎院(鹿児島県伊佐市大口山野)に隠れていた堯頼を発見し、人吉城への帰還に求めましたが、堯頼はこれを良しとしませんでした。

堯頼「今更帰ったところでメンツも何もない。俺は隠居するから長重が当主になれ」
長重「隠居するにしても逃げたままではみっともないから、一度戻ってきてから隠居してください」

こんなその交渉のやり取りをしていた間の同年3月23日に堯頼が病死したため、相良宗家は跡取りを失ってしまいました。

そこで同年5月13日、相良家家臣たちの請願により、永留長重が相良宗家十一代目当主となり、名を「相良長続」と改めます。

新生相良氏の誕生です。


2、上相良氏の滅亡と球磨郡統一
永留氏は、相良氏二代目当主・相良頼親の子・頼明から始まる相良家庶流です。

二代目当主・頼親は父・長頼から家督を継いだ翌年、弟の頼俊に相良氏三代目当主を譲り、以後は頼俊の血統が相良宗家となりました。
隠居した頼親は山田城に入り、その子である頼明は「永留氏」を名乗ったのです。

永留氏は宗家当主の兄筋の血統ですので、宗家を継承する資格は十分有りました。しかし、先代当主・堯頼が幼少だったため相良宗家の基盤は不安定化していました。このため、長続の家督継承に異を唱える連中がボコボコ出てくることになります。

同年8月、先代当主・堯頼を追放した上相良氏・多良木頼観、頼仙兄弟がまたしても挙兵。
長続はこれに対抗して自ら軍勢を率いて出陣し、見事、多良木兄弟を討ち取り、兄弟の首をあげました。

上相良氏は、相良氏初代当主・相良長頼の次男・多良木頼氏を祖とし、南北朝時代は南朝に味方し、北朝方の相良宗家に対してずっと敵対行動をとってきた、いわば相良宗家の宿敵とも言える存在です。

長続は、旧相良宗家の歴代当主が成し遂げられなかった、その長年の宿敵・上相良氏を滅ぼすという大きな功績をあげたのです。

これにより、上相良氏の領地である

多良木(球磨郡多良木町)
久米(球磨郡久米村)
湯前(球磨郡湯前)
湯山(球磨郡水上村湯山)
江代(熊本県球磨郡水上村江代)


これら一帯が相良宗家の支配地として組み入れられ、相良氏は初めて肥後国球磨郡統一を果たしました。


3、支配領域の拡大
また、西暦1458年(長禄二年)、薩摩、大隅、日向の三国で大乱(おそらく、当主・島津忠国と弟・島津好久との間の兄弟喧嘩に端を発した大規模な国人一揆)が発生し、島津忠国から援軍の依頼を受け、長続も出陣して鎮圧に協力したことで、忠国から薩摩国牛屎院と牛山城(鹿児島県伊佐市大口里字上ノ馬場/別名:大口城)を与えられています。

球磨郡を統一し、薩摩国牛屎院という球磨郡外の領地も得た長続は、徐々に対外勢力との関係を考えるようになります。

その相手を肥後国最大の守護大名である菊池為邦に求めました。

菊池氏は南北朝時代は九州最大の南朝勢力で、南北朝統一後も反足利幕府的な態度を取り続けていましたが、菊池氏第18代当主・菊池兼朝が、嫡男である第19代当主・菊池持朝に追放された後は、幕府寄りの態度に改めていました。

菊池為邦はその菊池持朝の嫡男で菊池氏第20代当主です。

西暦1460年(寛正元年)10月、長続は嫡男・頼元を連れ、菊池氏の本拠である菊池城(熊本県菊池市隈府)を訪問します。
為邦は長続親子の来訪を大変喜び、長続には葦北郡水俣(水俣市)の領地を、頼元には自分の偏諱である「為」を与えました。

以後、頼元は為邦の「為」と、父・長続の「続」を取り、諱を「為続」と改めました。

為邦の長続に対するこの厚遇は、当時の菊池氏の背景が大きく影響していると考えられます。

菊池氏は為邦の父・持朝の時、菊池氏は筑後・肥後の二カ国の守護職を拝命していました。しかし、為邦の代になり、筑後守護職は豊後大友氏に奪われてしまった為、菊池氏は肥後一国で確たる勢力を築く必要に迫られていました。

その為には球磨郡ならびに肥後国、薩摩国の境にある牛屎院を支配する相良氏の勢力を無視できなくなっていたと考えています。


4、名和氏の御家騒動
この頃、相良領(球磨郡ならびに葦北郡水俣)と境を接する八代郡一帯に勢力を張っていた名和氏に御家騒動が起きていました。

西暦1452年(宝徳四年)5月21日、名和氏17代当主・名和教長が暗殺。
西暦1459年(長禄三年)12月13日、名和氏18代当主・名和義興が暗殺。


という具合に当主が次々と暗殺され、名和氏の支配構造は不安定になる一方でした。

そして、暗殺された名和氏18代当主・名和義興の弟・幸松丸は身の安全を考え、肥後国八代郡から逃亡、家老の内河喜定と共に人吉に向かい、長続に保護を求めました。

長続はこの助力要請に応え、兵を率いて幸松丸を名和氏の居城である古麓城(熊本県八代市古麓町)に帰還させると、名和氏の家臣団の統制を行い、西暦1465年(寛正六年)幸松丸を元服させて「名和顕忠」とし、名和氏の家督を継がせることに成功します。

この時、顕忠は長続嫡男・為続の娘を娶って相良氏と姻戚関係を結んでいます。
その上、長続への恩義の証として八代郡高田郷(現在の八代市の球磨川南部あたり)が長続に譲られました。

この時、長続の領土は肥後国球磨郡全域に加え、同国葦北郡水俣郷、同国八代郡高田郷、薩摩国牛屎院になっており、肥後国の南半分に相良氏としての最大版図を築いていました。

また前述の名和氏の御家騒動を収めたことは、名和氏と縁戚になるだけでなく、名和氏に対して強い影響力を保持することになりました。

加えて、肥後国外の薩摩島津氏ともパイプを持っている長続の存在は、肥後国北部に勢力を張っている同国守護職・菊池為邦にとって、目の上のたんこぶになりつつありました。

それが余計な猜疑心を生んでしまい、ついに為邦は自らが長続に安堵した水俣に対して攻撃を開始します。

一方の長続は急激な領土拡張と共に所有する城も増え、それに対して城兵も割かれており、為邦の攻撃に有効に対応することが難しくなっていました。

そこで、島津忠国から与えられた牛屎院の領地を島津氏に返還し、牛山城主・犬童長直以下の城兵を高田郷の平山城(熊本県八代市平山新町)に移動させて、為邦の攻撃に備えざる得ませんでした。


5、長続の最期
この頃、足利幕府のお膝元である京都では、三管領の畠山氏や斯波氏の御家騒動、文正の政変によって生じた守護大名の諍い、細川勝元と山名宗全の勢力争いに、足利幕府8代将軍継嗣問題が導火線に火をつけてしまい、いわゆる「応仁の乱」が勃発し始めていました。

時の足利幕府管領・細川勝元は長続に「軍勢率いて上洛しろ」という命令を出していますが、肥後国内では名和氏の御家騒動が収束したものの、菊池氏との諍いは未だ決着がついておらず、領地を空けて上洛するのは、あまりにも危険が大きすぎました。

そこで、長続は相良氏の家督を嫡男・為続に譲り、領土の仕置を任せて、自身は軍勢を率いて京都に向かいました。
ところが、程なく病気になり、帰国したものの快方に向かわず、西暦1468年(応仁二年)2月15日、人吉城で病死となります。


新生相良氏の初代当主(歴代十一代目)として初めて球磨郡を統一し、八代、水俣、牛屎院など球磨郡外にも領土を広げ、最大版図を築いた当主の死でした。

(つづく)
posted by さんたま at 01:54| Comment(0) | 人吉相良氏の軌跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする