2018年04月19日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(90)-博打-

西暦1184年(寿永三年)2月6日、鎌倉軍別働隊(総大将・源義経)は、福原(兵庫県神戸市中央区)の北側の夢野一帯に展開している平家軍の抑えとして、甲斐源氏の安田義定に七千騎を与えて、これを牽制させ、自らは八千騎を率いて翌7日の矢合わせ(開戦)に間に合わせるべく、急ぎ塩屋口(兵庫県神戸市垂水区塩屋町)を目指して進軍を進めていました。

途中、軍勢が通るには難儀な崖にいくつか出くわしては道を変え、道を変え、試行錯誤で進むものの、矢合わせでの遅刻はなんとしても避けがたく、義経は気持ちにイライラが募っていました。

崖に出くわす際に、兵たちの何人かが崖から落ちそうになり「こんなところで死にたくはない」などと騒ぎ立てたりしたので、義経が

「何事か?」

と訝しんだので

「兵たちが道を踏み外して崖に落ちそうになったようです」

と一人の武士が答えました。
この武士は武蔵国平山郷の住人で平山季重といい、鎌倉の頼朝の直属の武士で、この度の出陣に際に義経につけられた者です。季重は頼朝の挙兵時から付き従っている古参の者で、今回は同郷の熊谷直実(武蔵国熊谷郷の住人)と付き従っておりました。

「戦はまだ始まってはおらぬ。このようなところで兵の損耗はしたくないものだ。」

義経が独り言のようにぼやくと

「かと言って、道先案内人もおりませぬ」

傍から土居実平が「ぼやくでない」と言わんばかりにピシャッと嗜めました。
そこで季重が

「それでは、私が先導いたしましょう」

と馬を先に駆けさせようとすると

「待たれよ。そなたは東国武士。西国のこの辺りの地理に明るいとも思えぬが」

と実平が制止しました。

「これは土居殿のお言葉とも思えぬ。京の公家どもは花を知り、我ら剛の者は敵の背後を知る。これぞ東国武士の心意気ぞ」

と季重が堂々と反論するのが義経にはおかしく映ったのか。

「あははは!」

と笑ってしまいました。

「そうか。東国武士は敵の背後を知りつくしているゆえに、土地の不案内はさしたることではないと申されるか」

「お耳汚しはご容赦くだされ」

季重は馬上で頭を下げ、苦笑しました。
義経は馬に乗ったまま、崖の方に近づき

「この崖の先は一の谷であろうか」

と言うと

「されど、この崖では軍勢動かせませぬ」

実平は義経を諭すように言うと、先を促そうとしましたが、義経はしばし崖下を見定めたまま動きませんでした。

「九郎殿」

実平がまた促そうとしますが

「土居殿、すまぬが我が軍勢を率いて先に塩屋口に先に向かってはくれぬだろうか?」


と思いをもしないことを義経が言ったために、実平は一瞬動きが止まりました。
しかし、「ん!んー!」咳払いをして威儀をただすと

「すみませぬ。仰っている意味がわかりませぬ。ここに九郎殿を置いて、私だけ先に行けと?」

「いや。私の郎党もここに残す。いや、そうだな.......あと.一千騎ほど残してもらえると助かるが。」

「いったい、何をお考えで?」

「安田殿に七千騎を預け、夢野の平家軍を牽制させたことで後顧の憂いはなくなった。そして、この崖の下は一の谷にもっとも近い。この崖を下り、奇襲を行うならここしかないと思われぬか?」

「はぁ?この崖を降りるですと?」

さすがの実平も大声で義経を窘めようとしました。

「成功する可能性は少ない。いや、むしろ失敗する可能性の方が高いかもしれない。だが成功すれば、我が軍は東西だけでなく北方からも一の谷を攻撃できる。これは戦略的にはかなり大きい」

「すみません.......頭が痛くなってきました.......どう考えても正気とは思えませんし、兵の損耗につながることを認めるわけには行きません」

「土居殿!」

義経は馬を下りました。実平も合わせて呆れながら馬を下ります。
義経は実平にヅカヅカと歩み寄り

「だからこそ、土居殿には七千騎を率いて、塩屋口を目指して欲しいのじゃ。明朝7日の矢合わせは、本隊の総大将である蒲殿(範頼)との共同作業。それを違えるのは軍律違反になってしまう」

「しかし......」

実平は義経から目線をそらして、頭を左右に降りました

「我らが奇襲には一千騎あれば十分よ」

実平は義経の顔をマジマジと見ると

「では、どうあっても?」

と義経の覚悟を見定めようと、義経の目をマジマジと見つめました。
義経は何も答えず、ただ大きく1回頷きました。

実平は目を瞑って一呼吸おくと

「平三(梶原景時)殿がこれを知れば、烈火のごとくお怒りになりましょうな.......」

と独り言のように呟きました。
この時、梶原景時は頼朝より本隊の戦目付(監察)を命じられていたのです。

「私は別働隊大将の名代として塩屋口に向かい、明朝本隊と呼応して攻撃を開始します」

それだけ言うと実平は自分の馬に戻って、鞍に跨りました。

「九郎殿、御武運を」

それだけ言って、平山季重や熊谷直実たちら諸将の元に帰って行きました。
義経は深く頭を下げてそれに応えると、

「武蔵坊!武蔵坊はどこじゃ!」

と声をあらげて、自分の郎党である武蔵坊弁慶を召しました。
しばらくすると、僧兵姿の大男が乗った馬が義経の前に現れ、馬から飛び降りると

「武蔵坊。御前に」

とひれ伏しました。

「その方、この辺りの民家を尋ね、あたりの地理に詳しい者を探して参れ」

と義経が命ずると

「殿、なんのためにでございまするか」

と弁慶が尋ねたので

「この崖を下りて、敵の本陣を奇襲するための作戦を練るためじゃ」

と義経が答えると、義経は弁慶に近づいて肩に手をかけ

「良いか、この成否はそなたにかかっておる。心してかかれ。事は急ぐ。すぐにかかるのじゃ!」

と声をかけると

「ははーっ」

と弁慶はさらに深く頭を下げ、馬に駆けて戻り、森の中に消えて行きました。
そして土居実平は義経より預かった別働隊七千騎を率いて、塩屋口に向かったのです。

一の谷の開戦まであと半日に迫っていました。

(つづく)
posted by さんたま at 22:55| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする