2018年02月19日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(87)-平教経の出撃-

西暦1184年(寿永三年)2月5日、鎌倉軍の源義経軍は、別働隊二万五千騎を率いて、丹波路(京都から大阪市北部を通り、兵庫県に抜ける道)を進み、一路福原を目指していたところ、途中の三草山(大阪府豊能郡能勢町)で義経を迎撃しようと陣を張っていた平家の小松家一門(資盛、師盛、有盛、忠房)と戦闘になり、火攻めで見事勝利を収めました。

敗北した資盛、有盛、忠房は屋島に逃亡しましたが、師盛のみが福原の平家本陣に戻り、三草山の先陣が破られたことを平家棟梁である宗盛に報告すると「そうか」と一言だけ答えました。

(源九郎.......ついにきおったか)

三草山の迎撃部隊が壊滅したとなると、必然的に福原の西方の塩谷口、北方の夢野口の援軍がなくなり、福原の守りが弱くなってしまいます。しかし、平家軍の主力部隊である知盛、重衡は鎌倉軍本体が向かってくるであろう生田方面に出兵していました。

(やむをえぬ)

「誰かある!能登殿の陣屋に使者を遣わす。誰かある!」

宗盛はそう言いながら、書院に入って行きました。

「能登」というのは、平清盛の異母弟・平教盛(従二位 権中納言)の次男である平教経のことです。
教経は武勇猛々しい武将で、合戦で一度も遅れをとったことのない剛の者と言われています。

教経は、この前年の西暦1183年(寿永二年)に備中国水島(岡山県倉敷市玉島)で起きた源義仲の軍勢と戦い(水島の戦い)で、義仲軍の足利義清海野幸広を討ち取り、平家の勢力回復に大きく貢献しています。また、西国での平家の武士たちの離反に対しても悉く討ち取るなど目覚ましい軍功をあげていました。

知盛、重衡が武将として戦の指揮能力に優れているのに対し、教経は一人の武士としての活躍に優れていました。

宗盛の要請に対し、本陣の宗盛の書院に赴いた教経でしたが、宗盛に会うまでは「何事だろう」と訝しんでいました。

「お召しにより、罷り越してござりまする」

教経は書院の外でひざまづき、頭を低くして参上の趣旨を伝えると、木戸が開き

「入られよ」

と促されたので、「御免」と言って、書院の中に入りました。

「戦支度ゆえ、このような格好での参上、何卒お許しを」

書院に入った教経は、また宗盛に頭を垂れると、宗盛は

「能登殿、役目大義」

とその労をねぎらうと

「鎌倉の別働隊が小松家の陣を破ったらしい」

と早速、三草山の戦いのことを告げました。
教経は狼狽し

「なんと......して、小松中将殿(資盛)らはいかがなされました?」

と問いかけるが、

「行方がわからぬ。福原に戻ってきたのは備中(師盛)だけじゃ」

と目線をそらして吐き捨てるように言い放ちました。

「ご無事であればよろしいが、案じられますな」

教経も神妙な面持ちになりましたが、宗盛はすぐに目線を教経に戻すと

「それはともかくとして、三草山が破られたとなると、山側の夢野口、さらには西側の塩谷口の備えが危ない。特に山側の備えは敵の来襲を知る上でも重要である」

「仰せごもっとも」

「その夢野口の守備をそなたにお任せしたい。行ってもらえないだろうか?」

宗盛の要請に教経の回答はすぐには出てきませんでした。
一瞬、間があった後、教経は

「恐れながら、内府殿にお聞きしとうございまする。なぜ私を遣わされるのですか?」

と伺いを立てられました。
宗盛は「何を言わんや」という表情で

「鎌倉の別働隊の大将は源九郎という頼朝の弟だそうじゃ。その若武者が小松家の四将を蹴散らしたほどの強者ぞ。知盛や重衡以外でこの任に耐えられるのは、平家家中ではもはやそなたしかおらんではないか」

宗盛がそう言うと教経は「あっはっはっは!」と声を立てて笑い

「さすがは平家一門の棟梁。荒くれ者には荒くれ者をということでござりますか」

と自嘲気味に言いました。宗盛は座を立って教経のそばまで向かうと

「鎌倉の別働隊が北方から来るか、西方から来るか、今はまだ読めぬ。だがそなたが行ってくれれば、ここにおわす帝(安徳天皇)も心静まるに相違ない。そなたとしては面白くないかもしれぬが、貧乏くじを引いたと思うてくれるな」

と教経を諭すように、言い聞かせるように言うと

「何を仰せになられまするか!そもそも戦いというのは、他人事では命賭けられませぬ。常に我が事、自分事と思うて戦いに望むからこそ、思う存分戦えるもの。あっちの方が手柄があげられそうだとか、こっちの方が敵が弱そうだとか言ってチョロチョロ動いていたら、勝てるものも勝てませぬ」

と気色ばんだので、宗盛はその気迫に圧倒され
「う......うむ」
と後込みました。

「この能登、平家一門の棟梁である内府殿がお望みであるなら、どこにでも行き、思う存分自分の戦いと思うて、戦ってきましょう。帝や女院様におかれましても心安んじられますよう、内府殿よりお伝えくだされ」

「ありがたい......ありがたく思うぞ。能登殿」

宗盛は教経に頭を下げると「もったいなや」と教経も頭を下げました。

「そうなると、我らが陣を固めるのはどなたになりますかな?」

「夢野口の守りとしては先鋒に越中前司盛俊。中軍はそなたと越前殿(教経の兄・平通盛)。そなたらには総勢一万騎をつける」

と言いながら、出陣要請の命令書を教経に渡しました。

「しからば、兄弟で武功は思いのままでござるな。恩賞はお覚悟なさりませ」

と言い、笑いながら教経は宗盛の書院を去って行きました。


教経は宗盛の命令書を盛俊、通盛の両名に伝え、自分の陣屋で支度を整えるように伝えました。やがて盛俊や通盛の郎党や兵が続々と集まり始めます。教経も自分の身支度を整え、自分の兵揃えを監督していました。

出陣の時刻となり、盛俊は整列して教経の下知を待っているのに対し、通盛の姿が陣屋から出てきませんでした。

「何をしているのだ、兄上は」

教経が怒って陣屋の奥の通盛の部屋に踏み込もうとすると、なんとそこには通盛の正室・小宰相の方がいたのです。さすがの教経も慌てて、板壁に隠れて狼狽しました。

通盛と小宰相は手を握り合って、

「今回の出陣で多分、私は生きては帰れないだろう。もし私が死んだら、そなたはどうする?」

と通盛の小宰相を労わる声が嫌が上にも教経に聞こえてきました。

「殿方はいつもそのようにおっしゃいます。都落ちの時はもうこれまでかと思っておりましたが、今や京都はもうすぐの位置。亡き相国様のお導きでございましょう。そのような時に不吉なことを」

と小宰相は取り合いません。さらに小宰相は

「それに、私にはもう1つの命を授かっておりますれば、この子を残して死ぬるなど許されませぬ」

と、自身が身籠っていることを通盛に伝えました。
その言葉に驚く通盛。そして板壁の向こうの教経。

「なんと......齢三十にして子を授かるか。産月はいつだろうか。船の上でのお産は大丈夫だろうか」

とあれこれ考えている通盛。そしてそれを見ながら微笑をたたえている小宰相。
板壁の教経は完全に居場所がありませんでした。

(この忙しい時に何をやっておるのだっ!!......しかし、もう出陣の時間は過ぎておるのだ。これ以上待ってはおれぬ)

教経は意を決して

「兄者!!!」

と大声をあげながら板壁の向こうからのっそりと出てきました。

「きゃあああああ!」
驚いた小宰相とそれを庇う通盛でしたが

「なんだ、能登ではないか。脅かすな!」

「時間になっても現れないから様子を見てくれば、北の方(小宰相)様とイチャイチャ......あー!もー!見ておられませぬわ!!」

「お前、見て、いたのか」

通盛は恐る恐る尋ねましたが、教経はそれには答えず、ズカズカと通盛に近づき、ドカッと座ると

「よろしいか!兄上。」

と、ものすごい剣幕で兄弟顔を合わせました

「今から兄上や盛俊とともに参る夢野口は、非常に強力な敵の軍勢が迫っているとのことで、恐れ多くも内府様直々にこの能登が大将を仰せつかったのですぞ。平家一門において比類なき武者の私が行くということが、どのようなことかお分かりか?。そのような厳しい戦場において、北の方様といつまでも名残を惜しまれているようでは、戦いの役には立ちませぬな!」

一方的にまくしたてられ、さすがの通盛も怒りが湧いてきたのか

「なんだと......それが兄に対する言葉か!」

「私の言葉を否定されるなら、態度で示していただきたいものですな!軍勢の士気にも関わってきますので」

負けじと教経も言い返します。
二の句が告げなくなったのは通盛の方でした。この場合、教経の方が正論だったからです。

「小宰相......船へ帰れ」

通盛はそう言うのが精一杯でした。
小宰相も状況を察してにっこり笑うと

「御武運を」

とだけ言って、供の者と共に陣屋を後にしました。
それを見ていた教経は

「良いのですか?兄上」

とたたみかけると

「よくもまぁ、ぬけぬけと」

と苦笑しながら通盛が言い

「しかし、私にあれだけの口を効いたんだ。落とし前はつけてもらうぞ、能登」

と睨みつけると、教経はにっこり笑って

「喜んで」

と言いながら頭を垂れました。

こうして、平通盛、教経、盛俊の三人は、福原の北方の夢野口を一万騎で守ることになりました。
しかし、この頃、同時進行で後白河法皇がまたしても陰謀を仕掛けようとしていたのです。

(つづく)
posted by さんたま at 00:13| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(86)-小松家の呪縛-

西暦1184年(寿永三年)2月5日未明。丹波と播磨の国境にある三草山(大阪府豊能郡能勢町)の東に陣を張っていた源義経軍は、三草山の西に駐屯していた平家の別働隊・平資盛軍を夜討ちすべく、行動を開始しました。

しかし、この日は月明かりもなく、山中では夜目も聞きません。また気配を決して平家の陣に接近し、奇襲するのは相当難しく、進軍も思うようには進みませんでした。

義経は進軍を一旦止め、兵を一時休ませると、土肥実平、安田義定、中原親能らを呼び寄せ、再び善後策を協議します。

「正直、この進軍速度では夜明けまでに平家の陣まで行き着くかどうか微妙です」

義定が正直な意見を言いました。

「実際、今、我らが進んでいる方向さえあっているかどうか」

実平がため息混じりに言いましたが

「いや、方角はあっておる。それは私が天文を観じておるのだから間違いない」

親能が自信たっぷりに反論しました。

中原親能は、元は源雅頼の家人で、後白河院に使える文官でした。

しかし、母親が波多野氏で河内源氏(源頼義を祖とし、頼朝にまで連なる一族)に縁があったため、検非違使である平時忠(当時)の追求を受けることになり、その前に京都を出奔。鎌倉に下向して頼朝に仕えました。頼朝の命令で義経の上洛に同行。以前の京都の人脈を使い、朝廷や院、公家などとの調整役を担っていました。

「これは失礼いたしました。しかし、この暗さではなんとも心許ない。かといって、松明を灯すわけにはいきますまい。敵に見つけてくれと言っているようなものだ」

実平が親能に非礼を詫びつつも、現実的な部分で反論すると

「それだ」

と義経が初めて反応を見せました。

「九郎殿?」

「土肥殿。その案で行こう」

「え?......ここで、松明を灯すのですか?」

「このあたりは平家の荘園と聞く。であれば、山並みに連なるの家屋敷はほぼ平家の民のものと考えていいだろう。これを全て焼きはらうことで松明の代わりは果たせる。」

「なんと......」

さすがの実平もこれには驚きの声をあげました。

「火が燃え広がれば、平家の軍兵の士気を削ぐことにも連なろう。また火の勢いを借りて、我らの軍勢を二倍にも三倍にも見せつけられる.....」

「しかし、民を戦いに巻き込むのは......」

親能が義経の作戦に気乗りしない感じを醸し出すと

「では、焼きはらうのは家や屋敷のみ。そこに住まう民には一切手出ししてはならぬと言うことにしてはいかがでしょうか?」

という義経の反論に、親能は言葉が詰まりましたが、次の間に義定が「あっはっは!」と高らかに笑いをあげると

「これは通常の夜討ちとは全く逆の作戦じゃ。だが、これなら堂々と敵に近づけるわ。」

義定が手を叩いて義経の案を褒め称えました。

「ただ、この作戦は迅速が命ですぞ」

「承知」

九郎もニヤリと笑って義定の苦言を受け止めました。

「こうなると....」
「止む得ませんな....」

実平と親能は観念しましたとばかりに義経に一礼しました。

「では、方々、抜かりなく」
「ははっ!」

義経軍は兵に命じて、ありったけの火矢を三草山の麓や山並みの家や屋敷に放って行きました。軍勢が進むに連れ、少しずつ火が増えて行き、緩やかにあたりが見えるようになっていきました。

それと比例する形で義経軍は全速力で進軍を始めました。家や屋敷を焼いた火は山並みにも燃え移り、あたりの暗さは瞬く間に薄明るくなっていきます。

義経は、民の中にも平家に繋がりのある者もいるだろうと予測し、その者が平家の陣に駆け込むことを期待していました。民が平家陣に助けを求めて駆け込めば、混乱は必死だと考えたのです。そして平家の将たちが気づいた頃には、義経軍の仕掛けた「火計」巨大な火の勢いになっている必要があると考えてました。

ゆえに義経軍の進軍速度は以前の二倍近くの速さになっていったのです。

一方、三草山の西に駐屯していた平家軍は、完全に油断していました。
ここに駐屯していたのは、平資盛を総大将に、有盛、師盛、忠房の四将で、彼らは亡き重盛(小松家)の兄弟でした。

2月4日は亡き平清盛の命日であり、一周忌の法要の日でした。それゆえ「源氏も今日は攻めては来ない。戦いになるなら明日5日だろう」という想定だったのです。

その想定は間違いではありませんでした。しかし翌日の未明に「夜襲をかけてくる」という想定は、全くなかったのです。

山々に火が上がり始めると、平家軍もにわかに騒がしくなりました。それは、家や屋敷を失った民が次々と平家軍の陣に逃げ込んできたことで、ピークに達していきました。

最初は兵どもの諍いかと思っていた騒がしさがどんどん大きくなると、総大将である資盛も異常に気づき寝所から飛び出す事態に

「一体、何事なのだ!」

と言いながら陣から出ると、目の前に起きている状況に言葉が出ませんでした。
山々には火が立ち登り、兵たちが統率が取れず思い思いに逃げまどい始め、民たちが「助けてくれ」「家が焼かれた」と兵士たちに懇願しています。

「逃げるなー!これはただの火計じゃ!うろたえてはならぬ!守りを固めよー!」

資盛は総大将として兵たちに下知を与えますが、パニック状態の中、うまく伝わるものでもありません。
そんな中

「兄上!」

と資盛を呼ぶ声がしたので、振り返ると、そこには弟・師盛が駆け寄って来ていました。

「おお、師盛。有盛や忠房はどこぞ?」

と兄弟の安否を確認しようとしますが、師盛は

「そんなことはどうでも良いのです!。兄者、源氏の軍勢がこちらに向かって来ています」

「なんだと......」

「おそらく、山間の民の家、屋敷を焼き、火計を仕掛けたのも源氏の仕業かと.....」

師盛が悔しながら、そう言い、膝をがっくりと落としました。

「しまった......この私が兄上と同じような失態を.....」

資盛の兄・平維盛は、西暦1180年(治承四年)10月、大軍を率いて駿河まで進軍し、源頼朝・武田信義連合軍と対峙したにもかかわらず、偵察兵の水音と水鳥の音を源氏の攻撃と勘違いして、戦らしい戦をすることもなく、撤退を余儀なくされました。

今の資盛は、源氏が仕掛けた火攻めとも言える策略にはまり、民が陣中に入って来たために、軍の体制を崩され、そして今、まさにこの機に乗じて源氏の攻撃を受けようとしていたのです。

まさに「悪夢再び」です。

「これが、平家嫡流たる小松家の呪縛なのか......」

自らが置かれた状況を飲み込めない資盛でしたが、師盛が資盛の両肩をがっしりつかみ、

「兄者!しっかりなされよ!ご指示を!このままでは全滅だ」

と資盛を力の限り揺らし、指示を求めました。
資盛は、ハッと我に帰り、苦悶の表情を浮かべ、激しく歯切りしながらも、

「撤退じゃ......各々軍勢をまとめ、撤退させろー!」

と師盛に指示すると、師盛は膝まづいて一礼し、それを各将に伝えるべく、駆けて行きました。

数刻後、義経軍が全軍をまとめて平家の陣に乗り込んだ時、平家の大半の兵はすでに陣から撤退し、わずかに殿軍(後備え)が数百騎残っているのみでした。

2月5日の夜明けには、義経軍は勝ち鬨をあげ、一の谷の合戦の前哨戦に見事勝利したのです。

(つづく)
posted by さんたま at 20:18| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする