2017年08月20日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(69)-法皇、動く-

西暦1183年(寿永二年)8月20日、故・高倉天皇(安徳天皇の父帝)の第四皇子・尊成親王は、後白河法皇の院宣を拠り所として、践祚(皇位を継承すること)・即位(天皇になること)して、後鳥羽天皇となられました。

ここに、安徳天皇の平家都落ち同行に伴う、天皇空席の異常事態は正常化され、院庁・朝廷は一応の安定を見ました。

しかし、後鳥羽天皇の践祚・即位は、義仲の評価を著しく貶めることになりました。

前回書いたように、義仲は源氏挙兵の立役者である以仁王の遺児・北陸宮を皇位につけるため、院庁の公卿などに働きかけ、しまいには(本意ではないとは思いますが)法皇を恫喝する真似まで行いました。

義仲は平家を京都から追放した立役者であるため、院庁もその意向は尊重してきました。

義仲に本来は従四位の者が任じられる「伊予守」に任官させたり、平家没官領140箇所を与えられるなど、至れり付くせりです(ちなみに、行家に宛行われた平家没官領は90箇所です)。

しかし「皇位への口出し」は天皇家の人間及び外戚のみが口を出せる問題であり、公卿どころか殿上人ですらない、一介の武将が口を出せる問題ではありませんでした。

ましてや、れっきとした高倉天皇の子(皇子)が存在しているにもかかわらず、天皇に即位すらしていない以仁王の子を皇位に就けるなど、どんな道理(屁理屈?)を用いても、即位の正当性が成り立つとは思えなかったのです。

義仲からすれば、北陸宮を皇位に就けることで、その後ろ盾となって、院庁から政治の実権を奪い取ろうとしたのかもしれません。しかし、皇位というのは、そんなに甘いものではありませんでした。

義仲は北陸宮の皇位継承をゴリ押ししてしまったことで、

「木曾の冠者(義仲)は、礼儀作法も知らぬ野蛮人よ。所詮は信濃の山猿よ」

と嘲りを受けることになってしまったのです。
さらに義仲にとって悪いことが重なります。

もともと、義仲をはじめ源氏の軍勢は統率が取れておらず、各隊の連携も取れていないため、京都の治安維持は決して良い状況ではなかったのですが、9月に入ってますます悪化し始めました。

それは、義仲入京の2年前、すなわち西暦1181年(養和元年)に発生した飢饉(養和の大飢饉)の影響によるものでした。

養和の大飢饉は、源平合戦を一時的に休戦に追い込むほどの全国的な大飢饉であり、そこからの持ち直しはまだ完全ではなかったのです。

その上、日本列島は西日本を平家が。東海道・関東を源頼朝が実効支配しており、朝廷の政治が行き渡っていないために、それらの国司(国の管理者)からの朝廷への年貢(税金)がまともに収められておらず、朝廷の収入源は義仲が実効支配している北陸地域と、奥州藤原氏が実効支配している奥州のみでした。

そんな事情もあり、8月、9月という収穫期であるにもかかわらず、朝廷の収入は激減し、その上、義仲軍の大軍が長期間京都に駐屯したため、京都市中の食糧不足という新たな問題を引き起こし、強盗、窃盗などが日常茶飯事に起きるようになってしまったのです。

平家一門が健在の頃は、京都市中の警備はほぼ完璧だったため、義仲は京都市民から平家と比べられ、それは少しずつ失望へと移っていました。

そのせいか、この頃の京都市中では「鎌倉の源頼朝が8月27日出立し、京都へ向かったらしい」という噂が巡っていました。京都市民は、望みを義仲ではなく、鎌倉の頼朝に託し始めたのです。

これがあながち根拠のない噂話でもないものだったらしく、当時の右大臣・九条兼実の日記「玉葉」の9月4日の項には、源雅頼(正二位/前中納言)が兼実を訪れて

「頼朝は必ず上洛します。彼のブレーンにいる中原親能は元々私の家の者(家人)。彼は一昨日飛脚を送ってきて、10日あまりの後、必ず上洛すると言っています。頼朝の上洛の前にまず親能が使者として法皇に申し上げることがあるとのこと。」

と語ったと記録に残っていることから、この頃には人々の頼朝への関心が以前よりも増していたと思われます。

また、この頃の京都市中には平家の動向も噂話として上っていました。

噂によれば、平家は、鎮西(九州)、周防・長門(山口)、安芸(広島)、淡路などの平家方勢力を結集させつつあり、安徳天皇は周防国の洋上(瀬戸内海か?)の船を皇居とされているとのこと。

そしてこの噂は「平家が再び京都に攻めのぼってくるのではないか」という京都市民の不安を煽っていました。

京都市中の治安維持はままならぬ、また平家の再攻撃が噂として出回る、これらが後白河法皇をイライラさせ、ついに9月21日、法皇は義仲を院庁に呼び出します。

「お前はいったい何をやっているのか?市中は未だ沈静化せず、また平家の影に怯える公卿どもが右往左往。ところによっては頼朝が西上する話まで飛び交っている。この状況をどう考えているのだ?」

義仲には返す言葉がありませんでした。

前にも書いたように、義仲に味方した源氏の諸将は、あくまで「味方」であって「配下」ではありません。ゆえに義仲に協力するもしないも諸将の自由ですが、この構造を院庁や法皇が知らないのは無理もないです。彼らは所詮、権威の上の為政者ですからね。

「市中の治安維持はお前の責任だ。お前は少なくとも京都市民の信頼を回復しなければならない義務がある。そのために何をする?」

法皇の問いに義仲は

「私に平家追討の命を下されたい。忍び寄る平家の影を追い払い、京都市民に安穏をもたらして見せまする」

と答えました。この答えに法皇は「あい、わかった」と答え、御剣を御手にとって「これを遣わす」と御剣を義仲に与えました。義仲は畏まってそれを受け取り、院を退出しました。

この後、数日の間のうちに義仲は軍勢を率いて京都を出発し、西に向かいました。但し、法皇が余計なことをしないように、自分の腹心である樋口兼光を京都の治安維持の名目で残しております。

これを見逃さぬ法皇ではありませんでした。

法皇は、朝廷で左史生(朝廷内の公文書の作成を行う「史」の役人)の役職にあった中原康定を密かに院庁に呼び寄せ、

「先の宣旨(源氏の勲功を定めた公卿議定)よって、頼朝には官位と褒賞が出ておる。その受領と御礼の名目で鎌倉へ行き、頼朝に会ってこい。その上であの者がどのような考えで東国を横領しているのかを聞き、とにかく上洛を促すのだ。」

と密命を与えました。

法皇はお目付役として残された樋口兼光の注意をそらすため、あえて官位を持つ人間を使わず、一般役人の中原康定を使者にしたのだと考えられています。

義仲に平家追討を命じて、そのスキに鎌倉の頼朝に使者を送る。さすがは権謀術数の達人(タヌキ)です。
そして10月頭、中原康定は、頼朝より三か条からなる上申書をを持って戻ってきました。

運命はじわじわと義仲に不利な方向に進みつつありました。

(つづく)
posted by さんたま at 12:00| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(68)-後鳥羽天皇の誕生-

西暦1183年(寿永二年)8月10日夜、西国に逃亡した平家で唯一の公卿である平時忠(正二位/権大納言)から、京都の院庁(法住寺)に書状が届けられました。

これは、もともと院が時忠宛に「三種の神器を返せ!」と打診していた返書でした。時忠の書状には平家が現在、備前の小島(岡山県の瀬戸内海の小島)に船百艘程度でいること、宗盛が三種の神器を返す意思があることなどを伝えていました。

しかし、時の右大臣・九条兼実は「今更、何をいうか」と一笑に付しています。

前回にも書きましたが、三種の神器のない状態での天皇の擁立については、兼実が後白河法皇「天皇不在が長い間続くのはよくありません」と言上したことで、法皇は、京都に残っている故・高倉天皇の二人の皇子、惟明親王と尊成親王のいずれかを天皇として擁立することを真剣に考え始めていました。

そう、もはや神器のあるなしは問題ではなくなっていたのです。

しかし、その4日後の8月14日、源義仲がとんでもないことを言い出し始めました。

全国各地の源氏の挙兵を促した以仁王の皇子が北陸におり、自分の挙兵が成功したのはこの皇子のおかげですから、次の天皇にはこの方を擁立してもらいたいと言い出したのです。

昇殿も許されず、公卿でもない従五位下の身分の武士が皇位継承に口を出すなど、当時の一般常識ではありえないことです。

さらに義仲は「このことには法皇様といえども異議は仰せになられるませぬように」という苦言まで呈していました。

とんでもない勘違い野郎です(笑)。

とはいえ、現時点において院庁を守っているのは圧倒的軍事力を持っている源氏の諸将であることは間違いなく、ここで義仲を怒らせるのは得策ではないと考えた院は義仲の言をのらりくらりと交わし、8月16日には、義仲を伊予守、行家を備前守に任じています。

これは前回、行家が「恩賞に差がありすぎる」と不満を漏らしてブチ切れたのを、院が気にして源氏の中で不協和音が生じるのを抑えたいという思いがあったものと思われます。

実際、備後国に比べると備前国は農業と産鉄と漁業が見込める豊かな土地でした。
また義仲が任じられた伊予国は河内源氏の初代棟梁・源頼義「前九年の役」(奥州安倍氏討伐)の功績で任じられた由緒ある国であり、源氏の勲功第一の意味もあったのではないでしょうか(表向きは頼朝としてますけど)。

また、同じ日、義仲に味方した以下の武将の任官も発表されています。

安田義定(甲斐源氏庶流):従五位下 遠江守
源 光長(美濃源氏棟梁):従五位下 伯耆守
村上信国(河内源氏庶流):従五位下 右馬助
葦敷重隆(清和源氏庶流):従五位下 佐渡守
山本義経(近江源氏):従五位下 伊賀守


記録上、私がわかっているのは上記のみです(他にもいるようですが)。

そして同じ日に、平家一門で唯一の公卿であった平時忠もとうとう解官(クビ)になります。神器返還のために時忠を解官しなかったのであれば、これを以って、法皇の中でも「もう平家はどうでもいい」という意思が固まったのだと自分は考えています。

この頃の平家一門は京都を脱出した後、旧福原京で一旦落ち着きましたが、程なくそこを出発していました。
先ほどの時忠の書状あるように、備後の小島を経た先に彼らが目指していたのは、九州の大宰府でした。

それは、太宰府が平家の西国拠点の要とも言える場所だったからです。

平家一門の巨大な財力の源泉は、先代の平家一門棟梁・平清盛の父・平忠盛の時代に始まっています。
忠盛は、肥前国神埼荘(佐賀県神埼市)の管理者になった頃から、この貿易のメリットに目をつけ、次の棟梁・清盛は九州地区の実質的実務統括者である「大宰大弐」に任じられると、博多を商業港に発展させて日宋貿易をさらに活性化させていました。

この時、太宰府を統括していたのは原田種直という武将で、清盛の嫡男だった平重盛の養女を妻にしておりました。

この種直は、西暦1181年(治承五年)2月に勃発した反平家活動「鎮西反乱」でも、平家方の武将として京都から派遣された平貞能と一緒に鎮圧に当たっています。

8月17日、平家一門は大宰府に到着し、原田種直や菊池隆直、また肥前に勢力を張っていた松浦党の力を借り、安徳天皇のために里内裏(仮皇居)を作っているという記録が「玉葉」(九条兼実の日記)に残っています。


一方、京都では、義仲が新帝(新しい天皇)擁立の件で、まだグダグダ言っており、院庁のいろんな人間に働きかけていました。

院庁としては、義仲の言うことを最初から聞く気はないですが、義仲を怒らせて源氏の兵が自分たちに向かわれてはたまったものではないので、なんとか義仲にこのことを忘れさせようとしていました。

そこで、御卜(占い)にて、神の声を聞き、その声を以って、義仲を納得させようとします。
言ってはなんですが、まぁ、神の力を借りた小細工ですよね(汗)。

最初の占いでは故・高倉天皇の皇子で残された兄弟のうち、兄宮である三之宮(惟明親王)が良いという結果が出ますが、法皇ご寵愛の丹後局の夢に四之宮(尊成親王)が松枝を持って現れる姿が見えたとのことで、法皇が独断で四之宮を選んだようです(このあたりがこの人のいい加減なところなんですが)。

で、占いの結果としては、第一が四之宮、第二が三之宮、第三が北陸宮(以仁王の遺児)という結果が出たと義仲に伝えられたのですが、これを聞いた義仲は

「北陸宮様を第一に立てるのが当たり前!。なんで宮様が第三位の扱いなのか!。今回の義仲の挙兵が成功したのは全て北陸宮様のお力によるものであり、何人もそこに異見を挟む余地はないはずだ!。というか、文句言ってるのは一体誰なんだ!!」

と激昂したと言われます。

九条兼実は「玉葉」にて

「そもそも占いの結果の第一と第二を入れ替えたことが事の始まり。そんなことするから痛くもない腹を探られる。そんな状況で何度も神に伺ったところで啓示もあるまい。小心者の政治はいつも自分では決められぬ。情けないことだ」

ボロクソに法皇を批判しています。

同年8月20日、四之宮(尊成親王)は、後白河法皇の院宣を受ける形で新しい天皇として即位されました。のちに鎌倉幕府を散々に悩ますことになる「後鳥羽天皇」の誕生です。

義仲としては

「こんなバカな話があるか!年齢的に考えれば年長である北陸宮様が即位されるのが物事の道理だろう。百歩譲って、兄である三之宮様ならまだわかるが、なぜ四之宮様が即位されるのだ?。絶対に納得できん!義仲はこの恨み忘れることはないだろう」

と恨みごと満載のコメントを出していました。

「玉葉」によれば、三種の神器がない状態での天皇の即位はこれまでに例がなかったそうです。
しかし、これによって、朝廷において「天皇不在」の状況は回避され、平家追討に向けて本気で舵を切ることになります。

また、この時、安徳天皇も未だ在位の状態であり、極めて短期間ではありますが、「この世に二人の天皇が在位する初めてのケース」になったことは間違いありません。

(つづく)
posted by さんたま at 14:53| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(67)-源氏の恩賞、平家への裁き-

西暦1183年(寿永二年)7月30日、この日、公卿議定(朝廷会議)が行われました。この日の大きな議題は、「賊軍」となった平家を京都から追放した源氏への恩賞をどうするかでした。

左大臣・藤原経宗

「今回の平家京都追放は、元々は鎌倉の源頼朝の反乱から始まっていますが、これを成功させたのは源義仲と源行家の功績です。しかし、ここで恩賞を与えれば、頼朝の反感を買うことは間違い無いため、頼朝の上洛を待った方が良いのでなかろうか。ここは判断が難しい。またこの3人に恩賞の差を与えるべきかどうか?」

という議題が出され、これを受け、公卿諸侯は

「頼朝の上洛を待つ必要は無い。頼朝のこれまでの功績も含め、三人等しく恩賞を与えるべきだ。そもそも頼朝が朝廷の意思に逆らうなら、反逆者として処分するまでで問題はない。恩賞の等級については、官位の上下に従って論じれば良いのでは」

という意見が出て、議定の結果以下の通りになりました。

勲功第1級:源頼朝(官位授与、受領職<国の長官>授与、官位昇進)
勲功第2級:源義仲(受領職<国の長官>授与、従五位下を授与)
勲功第2級:源行家(受領職<国の長官>授与、従五位下を授与)

頼朝のみが優遇されているのは、彼が解官(官位を剥奪されること)されているとはいえ、以前は「従五位下 右兵衛権佐(うひょうえのごんすけ/)」の官職にあり、義仲と行家は無位無官だったことが大きいと思われます。

この時も、スッタモンダがありまして、左大臣・藤原経宗は「頼朝の官位は上洛した時に与える」と主張するのを、兼実が「それはおかしいでしょう」と主張して、経宗を押さえ込んでます。

また、義仲と行家は同じ褒賞に見えますが、受領職に任じる国の格式で違いを出そうと姑息な手段をとっています。この時、三条実房(正二位/権大納言)が「義仲が上で行家が下でよろしい」とコメントしています。

また、この頃、京都市中において、統率を欠いた武士が急激に増え、治安が凄まじく悪化していたので犯罪が多発していました。このため、義仲に味方した武士10名に洛中警護の命令が出され、義仲にその総取締役を命じました。

ですが、義仲に味方した武士はあくまでも「味方」であって「配下」ではないため、義仲の命令を聞く必然性はほとんどありませんでした。ここが朝廷の認識の違いでした。朝廷は武士連中のトップが義仲だと思っていたため、義仲の命令を聞かない武士たちに苛立ちを感じはじめます。

「玉葉」(当時の右大臣・九条兼実の日記)には、同年8月6日の項に

「京都市中では物取(窃盗)とその追補(逮捕)は日に日に倍増している。天下はすでに滅亡状態」

という嘆息に近い一文を残しています。
また、この日、兼実は院庁(法住寺)に出向いており、そこで藤原定能から「天皇のこと」について話を聞かされています。

平家が安徳天皇を西国に連れ去ってしまったので、現在の政務は「治天の君」である後白河法皇院庁で行われており、天皇不在の状況になっていました。

藤原兼光(正四位下/蔵人頭左大弁)はこの状況について「帝がお戻りになるのを待つべきか。また三種の神器なしで新帝を奉るべきか、占わせてみるか」という意見を出しており、法皇はこの言を聞き入れ、御卜を行わせています。

御卜の結果、「吉凶半分」と出たため、法皇は兼実にさらに尋ねます。兼実は

「そんなこと、あんた一人で決めなさいよ。国のトップなんだから」

と思いつつも、「天皇不在がこれ以上続くことは良くはありません」と意見し、最終的にこれが後鳥羽天皇の即位につながっていきます。

同年8月6日、平家の西国逃亡について院庁ははじめての沙汰を行います。

それは、平家一門棟梁・平宗盛以下200人に及ぶ平家の公卿を全て解官(官職をクビ)することでした。
ただし、平時忠だけは権大納言の地位のまま残っております。

これについて、九条兼実は

「クビになったのは200人以上、しかし時忠卿だけはこの中に入っていない。理由を聞いたら、三種の神器の返還に関わるためという。朝廷の弱腰、ここに見える。お前らバカじゃねーのか」

という一文を「玉葉」に残しています。

その4日後に同年8月10日、先の公卿義定の通り、
源義仲「従五位下 左馬頭 越後守」
源行家「従五位下 備後守」
にそれぞれ任官されました。

これにイチャモンをつけたのが行家でした。

「こんなのは恩賞じゃねえええええ!」

と慟哭を上げ、自ら閉門蟄居してしまうのです。
理由は「義仲との差がありすぎる」というものでした。

そもそも源行家という人物は、源三位頼政の命令で以仁王の令旨を抱えて諸国を周り、現在にいたる源氏の挙兵のキッカケとなった存在でした。その後、尾張の源氏勢力をまとめ上げて、墨俣川の戦いで平家と対峙したものの敗れ、頼朝の援助を受けた後に、義仲の勢力に助力した存在です。

彼からすれば、「義仲の現在のポジションがあるのは、自分のおかげ」であると自負していました。そして行家という男はプライドの高さだけが一級品だったのも問題でした。

また、義仲が受けた官職「左馬頭」は、かつての河内源氏棟梁・源義朝(頼朝の父にして、行家の兄)が任官した官職で、河内源氏の中でも有力な武士のみが任官されたものであり、そこに義仲が任官したことも行家のプライドを深く傷つけてしまったのです。

そんな中、西国逃亡中の平家が、はじめて動静を京都に知らせてきたのでした。

(つづく)
posted by さんたま at 22:34| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする