2017年06月10日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(62)-嫡孫の重圧-

西暦1183年(寿永二年)5月11日の「倶利伽羅峠の戦い」、翌12日の「志保山の戦い」で平家は源氏に連敗を喫しましたが、ここから約半月の間、源氏・平氏の間に戦闘の記録は残っていません。

ただ、京にはこれらの戦の続報が入り、それらは時の右大臣・九条兼実の日記「玉葉」から窺い知れます。

「玉葉」よれば5月13日には、倶利伽羅峠の戦いの第一報が入り、兼実自身「平家の落ち目は明らか。これからは源氏の栄える世の中になる」的な忘備録をつけています。

その3日後の5月16日にはさらなる詳細な報告が入った模様で「平家軍は過半数が死に、連敗した」とあります。おそらくこれは志保山の戦いも含めたものでしょう。

倶利伽羅峠の戦いで大敗を喫した総大将・平維盛は、加賀国まで撤退し、篠原(現・石川県加賀市篠原町)に陣を構えました。その数およそ四万騎と「玉葉」に記載がありますが、倶利伽羅峠での維盛の撤退時の兵力が二千騎であることを考え、志保山の戦いで撤退した平忠度の別働隊の兵を合わせ、在地の平家の勢力を合わせても三万いたかどうか微妙なところでした。

しかしながら、この時は総大将・平維盛だけでなく、侍大将として平盛俊(平家一門の政所別当)藤原景家(かつての維盛の侍大将・伊藤忠清の兄)藤原忠綱(伊藤忠清の嫡男/景家の甥)が揃っていました。

一方、源義仲は、一時的とはいえ平家の手に落ちた越中、加賀を再び源氏の勢力下に固めると、五千騎を率いて平家が陣を張っている篠原に向けて進軍していました。

篠原の陣所では偵察部隊が義仲の来襲を維盛に伝えると

「全軍、迎撃の支度を。倶利伽羅峠のお返し、そして(志保山で死んだ)知度の弔い合戦じゃ」

と侍大将に命令を下すと、忠綱だけが「はっ」とかしこまりましたが、盛俊、景家の両名は微動だにしませんでした。

「越中(盛俊)、飛騨(景家)、いかがしたのじゃ」

維盛が訝しんで声をかけると

「恐れながら、御大将に申し上げまする。私はここは一旦、京まで引き上げるが上策かと存じまする」

と盛俊が口を開きました。

「何だと」

「我が軍は倶利伽羅峠、志保山で半数以上の勢力を失っております。これ以上の戦力の損失は避けるのが上策であると存じまする」

「黙れ、越中!もともとはその方が般若野で今井兼平に奇襲を受け、部隊を壊滅させたことから、我らの敗戦が始まっておるのじゃ。よくもそのようなことを言えたものよ」

「責任を感じているから言えるのでござりまする!」

盛俊も次第に語気が荒くなってきました。

「恐れ多くも我らが棟梁・内府様(宗盛)より預かった兵馬であるからこそ、今、ここで戦うのは自滅に等しいと申し上げているのでござりまする!」

「木曽は一万足らずじゃ。我が方は少なく見積もっても三万はおる。戦力はこちらが上でじゃ」

「戦力はこちらが上でも、士気では負けておりまする」

今度は景家が口を開きました。

「飛騨、そなたも我が命に逆らうか......」

「叔父上、中将(維盛)殿に対して言葉が過ぎましょうぞ」

甥に当たる忠綱が景家に対し、諌めようとしますが。

「臣たるもの、主が間違った方向に進むのを諌めるのもお役目じゃ。控えておれ!!」

と一喝されて、忠綱はすごすごと奥に引いてしまいました。

「飛騨、私が間違っていると申すのか」

維盛は景家の前に進み、見下しながら言いました。
景家は維盛を見上げながらも、一礼をし

「恐れながら、御大将の判断は平時の戦いであれば止めは致しませぬ。されど、我らは連戦連敗。せっかく手に入れた加賀の支配権も失い、軍の士気は下がっておりまする。そもそも倶利伽羅峠の戦いでは木曽の五万騎に対し、我らは七万騎で負けたのでございますぞ。」

と言上すると、

「あれは夜の闇を利用した攻撃と、四方を谷に囲まれたため、いたずらに兵馬を損じてしまっただけじゃ。今度は平地での戦い、負けはせぬ」

と維盛も反論しました。

「では、どうあっても戦われるのですな?」

再び盛俊が言葉を発すると。

「このままおめおめと京に帰るなど、許されることではない。直ちに迎撃体制を取れ!」

盛俊と景家は顔を見合わせて頷くと「承知致しました」と頭を下げました。

維盛からすれば、かつて富士川の戦いで大失態を演じ、火打城の戦いで汚名を返上し、越前、加賀を支配下に収めて十分の功績をあげていたところに、倶利伽羅峠、志保山で過半数の戦力を失った現実は、とても受け入れがたいものがありました。

維盛は清盛の嫡孫であり、父は平重盛で清盛の嫡男だったのですが、42歳の若さで病死しました。それゆえ、平家一門の棟梁の座は宗盛が継ぐことになり、維盛は嫡流でありながら、一門の中に脇に追いやられていました。

この時の維盛は若干25歳。平家嫡流である重盛流(小松家)の当主として、とてもつもない重圧を抱えていたのでした。

(つづく)
posted by さんたま at 18:12| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(61)-狂った天秤-

西暦1183年(寿永二年)5月11日、平維盛率いる平家追討軍七万騎と、その追討軍を迎え撃つべく越後から出兵した源義仲率いる五万騎は、越中と加賀の国境にある砺波山付近(以下「倶利伽羅峠」/富山県小矢部市)で激突し、義仲の闇に紛れた奇襲作戦によって、平家追討軍七万騎は倶利伽羅峠の谷底の露と消えました。

当時、維盛が率いていた追討軍は全部で十万騎で、残りの三万騎は平忠度(清盛異母弟)平知度(清盛七男)に預けて、別働隊として志保山(石川県宝達山付近)に向かわせていました。これは義仲がどういうルートで攻めかかってくるかわからず、能登と越中、加賀と越中の境に着陣せざるえなかったからです。

しかし、義仲はこの動きを察知していました。
ですので、義仲は倶利伽羅峠の戦いの前に、叔父の源行家に一万騎を与えて、別働隊として志保山に向かわせていました。

義仲は維盛率いる本隊が倶利伽羅峠に着陣しているのを察知し、志保山に着陣した平家別働隊が本体の援軍としてを動けないようにするため、行家に別働隊を率いさせたのです。

行家は義仲より

「叔父御、敵が動くまでこちらが動いてはなりません。」

ときつく言い聞かされていました。
本線の戦いに加われない行家は、相当悔しく思ったようです。

11日夜半、義仲は攻めに転じ、倶利伽羅峠で維盛を散々に打ち破ります。
倶利伽羅峠の戦況は志保山の忠度、知度にも伝えられ、彼らが倶利伽羅峠に援軍として向かおうとするところを

「待っていたぞ平家の公達。ここ先は通さん!」

とばかりに行家率いる一万騎が攻めかかりました。
しかしそれっきり、行家からの伝令も報告も義仲の元に届きませんでした。

倶利伽羅峠の戦いから一夜明けて翌12日、義仲は手勢の中から負傷者を除いた二万を率いて志保山に向かいました。行家から状況の報告がないことを不審に思い、行家の身に何かあったのでは?という不安の確認もありました。

義仲が志保山に入った時、行家の軍勢はほぼ壊滅状態で、残存兵を取りまとめて山の麓で休息していました。

「叔父御!」

義仲は行家の姿を確認すると、下馬して駆け寄りました。
行家は兜をなくし、髪を振り乱し、泥にまみれた甲冑とともにやつれ果てた姿を大木の麓に晒していました。

「木曽殿(義仲)......面目ない.......」

行家はそう言って義仲の面前で平伏するのが精一杯でした。

「周辺の警戒を怠るな。平家軍はまだ近くにいるぞ。油断するな!」
「ははっ」

義仲は行家を介抱しながら、兵に命じます。

行家は義仲の手を払いながら

「敵は我らの倍以上の兵力でござった。それでも一時は平家の軍勢を山頂にまで押し戻した。しかしそれが罠じゃった。敵は我らの襲撃を予測し、あちこちに伏兵を......」

「叔父御、もう喋られるな。あとはこの義仲にお任せあれ。叔父御はここでしばし休息を」

義仲はそう言うと、行家を大樹の根元に横にして、自分の馬に戻りました。
兵たちは隊列を乱さず、警戒の色を解かず、義仲の下知を待っていました。

「者ども良く聞け。この山の上には敵がおる。昨晩我らが破った平家の残存兵じゃ。ここにいる十郎(行家)殿が敵を牽制し、倶利伽羅峠へ進軍するのを身を呈して防いでくれた。その十郎殿の恩義に応えるためにも、この一戦、負けられんぞ!」

と兵を鼓舞すると、刀を抜き、

「目指すは山頂の平家軍!皆、声を出してかかれー!」

と全軍に進軍の下知を与え、義仲軍は喚声をあげて一目散に山頂を目指して進軍しました。

驚いたのは平家軍です。
死に物狂いで行家軍を山の麓まで後退させ、暫時休息を取っていた忠度、知度は再び倶利伽羅峠を目指すつもりでした。この二人はこの段階で総大将維盛が敗れたことをまだ知らなかったのです。

「あれは、どこの軍勢じゃ!」
「どこの軍勢でも構わん、全員起きろ!敵じゃ!」


忠度、知度は慌てて迎撃体制を整えようとします。
二万の騎兵が大声で喚声をあげながら進軍していることもあり、平家軍も雑兵に至るまですでに起き出して、防御壁を作り出していました。

ただ、行家との戦いでの疲れもまだ残っており、さらなる援軍の攻撃に士気が下がりつつある平家軍に対し、源氏は勝ち戦で士気が高く、この段階で源氏は圧倒的優勢でした。

平家別働隊の本陣は志保山の山頂付近にありました。
すでに迎撃体制は整い、向かってくる源氏の軍勢に対し、平家は高台より岩などを落として源氏の兵を防いでいました。

しかし、思った以上に平家軍の疲労は濃く、兵の動きが鈍り始め、やがて源氏の攻めを支えきれなくなります。
平家の陣の中にも源氏の兵が入り込み、忠度、知度も刀を抜いて自ら戦いました。

知度の目にその中で一人勇猛果敢に戦っている源氏の武士が留まりました。
年齢はおよそ五十歳前後かと見えますが、刀捌きが異常に早く、ほとんど一太刀で兵たちが倒れていきます。
その者はゆっくり、知度に近づいてきました。

「平家の公達。名を名乗られよ」

その武士が知度に尋ねましたが

「無礼者。自分から名乗るのが筋であろう」

と声をあげると

「これは失礼した。我は新羅三郎義光が三男、源左衛門尉(源親義)と申す」

新羅三郎義光とは、河内源氏棟梁として鎮守府将軍、陸奥守、伊予守を歴任した源頼義の三男であり、八幡太郎義家の弟に当たります。源親義はその義光の末子であり、信濃国筑摩郡岡田郷の浅間神社の荘官として同郷で勢力を築いていました。

「我は平三河守」

知度はそう名乗ると、刀を親義に向けました。

「参られよ。三河殿」

親義はニヤリと笑いながら、右手に持った刀をだらんと下げ、知度を挑発してきました。

「ええい!」

知度は刀を大上段に構えて、親義めがけて振り下ろしました。しかし、親義はそれを右手の刀で払いのけました。知度は、払いのけられた反動で体が左後ろに流れてしまいました。親義はすぐさま刀を返して剣先を知度の喉元向けて突いてきました。

知度は親義の突きの剣先を刀の柄を当てて下に落とすと、今度は親義が前のめりの体制に流れました。

(今だ)

知度はそのまま前のめりに倒れこもうとする親義の首めがけて下から上に刀を走らせました。

「うぐわあああ!」

親義の首から夥しい血液が吹き出しました。

(やったか!)

知度はそう思いましたが、ここで知度に油断が生じました。
ここが一対一の決闘ならともかく、ここは戦場であることを知度は一瞬忘れてしまったのです。

知度が親義を斬って、親義を振り返った次の瞬間、知度の腹にドスンという鈍い衝撃は走りました。
正面に目を移すと、別の武士が知度の腹に深々と刀が突き立てていました。

「な......なにもの.....」

知度は自分の体に走り始めた痛みの伝達に耐えながら、降り出すようにして声をかけると

「左衛門尉親義が嫡男・源小太郎!」

と、その武士は名乗りました。
小太郎はさらになおも深々と刀を突きたてようとしたため、知度は

「ぐわあああ!」

と仰け反りますが、小太郎の肩をがっしりと掴むとその首めがけて刀を突き立てました。

「あぐ......っ!」

小太郎の首からも噴水のように鮮血がふきあがり、やがて声がでなくなり、口をパクパクさせて、その場に倒れこんでしまいました。

それを見ていた親義は、目をまん丸に開ききり、歯ぎしりをし、自分の首からほとばしる血を左手で抑えながら

「よくも小太郎をおおおお!」

と叫び、最後の力を振り絞って知度を後ろから斬りつけます。
さすがの知度もここまででした。自分の中でなにがプチンと切れた感覚がありました。

斬りつけられた知度はガクンと膝から地面に落ち、そのままうつ伏せに倒れ、二度と起き上がることはできませんでした。そしてそれは、親義も同じでした。

清盛の七男にして、従五位上三河守・平知度は、信濃源氏の源親義、小太郎(重義)との戦いで討ち死(相討)にしました。

源平の戦い数多くあれど、清盛に連なる平家一門の討ち死には、知度が初めてでした。

また知度の死を以って、平家別働隊は忠度がまとめ上げて撤退し、この志保山の戦いも義仲の勝利となるのです。
もはや源氏と平家の軍事バランスは完全に狂い始めていました。

(つづく)
posted by さんたま at 05:38| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(60)-倶利伽羅峠の戦い-

西暦1183年(寿永二年)5月9日、平家北陸征討軍先発隊の平盛俊は、源義仲四天王の一人である今井兼平と越中国般若野で対峙し、夜襲を受けて敗退しました。

敗退した盛俊は、本体である維盛と合流し、敵が何者かはわからねど、反平家勢力が体勢を整えて反撃に出てきていることを報告し、報告を聞いた維盛は

「ついに出てきおったか、木曽の山猿め」

と嘯きました。

この時、すでに維盛は十万騎のうち、三万騎を平忠度(薩摩守/清盛異母弟)、平知度(三河守/清盛七男)、武蔵有国(三郎左衛門)に預けて、能登国と越中国の境あたりの志保山付近(現在の宝達山付近<石川県羽咋郡宝達清水町、富山県氷見市のあたり>)に着陣させており、維盛の本体七万騎は加賀国と越中国の境にある砺波山(倶利伽羅峠)の山中・猿の馬場に着陣していました。

一方の義仲は、平家軍が平地に下りる前に、山にいるうちに攻撃をかける作戦を立てます。

まず、自身の五万騎のうち、頼朝に鎌倉を追放された叔父の源行家に一万騎を与えて志保山方面に牽制に向かわせ、仁科盛家、高梨隆信、山田重忠らに七千騎を与え、北黒坂(倶利伽羅峠の北東麓)に陣取らせました。

さらに樋口兼光、落合兼行らにも七千騎を与え、南黒坂(倶利伽羅峠の南東麓)に陣取らせて、北と南から維盛の征討軍本体を牽制させるように配置しました。

さらに砺波山、矢立山の入り口に一万騎を伏兵として潜ませ、矢立山には今井兼平率いる六千騎を陣取らせました。

その他、諸将に手勢を小分けにて砺波山を包囲するように陣取らせると、義仲自身は砺波山の登り口でもある東側の羽丹生(現在の富山県小矢部市埴生付近)に一万余騎で着陣します。

もちろん、それをそのまま見逃す平家軍でもありません。義仲が着陣する前に出陣して攻撃を開始しました。しかし義仲は、砺波山から攻めかかってくる平家軍に関しては防戦に徹し、山中に攻めかかることはしませんでした。

「平家物語」によれば、義仲は精鋭十五騎を出し、鏑矢を平家の陣に射かけると、平家もそれに応じて十五騎を出して鏑矢を放つ、三十騎を出せば三十騎という具合でお互い牽制し合う状態だったようです。

義仲は配下の諸将に

「今はその時ではない。だが、我らの陣を崩してはならぬ」

と命じ、陣を維持するだけの防戦に徹したのです。
それは、義仲の手勢が完全に着陣する時間を稼ぐためでした。

この段階で、平家征討軍の本体はほぼぐるりと義仲の手勢に囲まれ、なおかつ志保山の別働隊との連絡も遮断されていました。

源氏はこうやって日没を待ち、日が没すると義仲は

「今宵、平家の軍勢を討つ」

と別働隊に伝令を下しました。

西暦1183年(寿永二年)5月11日未明、義仲は兵たちに

「おい、篝火を炊け、盛大にな。」

と兵に命じて、自陣に篝火を盛大に焚かせました。それはまるで「俺はここにいるぞ」と平家に伝えているようなものでした。

一方、砺波山中にいた平家軍は、それまで何もなかった夜陰の中にポツポツと篝火が炊き上がり、その篝火の量が増えるに連れ、平家軍の見張りに動揺が走りました。しかし、平家の軍勢はこの時、昼間の消極的な義仲の戦いに「源氏恐るるに足らず」という侮りや油断がありました。

手持ちの篝火をすべて燃やし尽くした義仲軍は、

「頃は良し......全軍、山中の平家軍を殲滅せよ!」

と命令を下しました。
二万近い軍勢が一気に喚声をあげて山を駆け上がったのです。

これに真っ先に気づいたのが義仲の北黒坂別働隊(仁科盛家、高梨隆信、山田重忠七千騎)でした。彼らは伏せていた源氏の白旗を一斉に掲げて攻めかかりました。次に動いたのは矢立山の今井兼平六千騎でした。

これに驚いたのが平家の征討軍です。

猿の馬場は砺波山中の岩山の上にあり、四方を崖に囲まれた天然の要害になっていました。しかし、その要害の三方にいきなり敵が現れ、さらに義仲の本陣の方角には無数の篝火が焚かれており、平家方は義仲の兵力がいかほどのものか計算することができなくなっていました。

昼間の戦意のなさとはうってかわって、押せ押せモードで北、南、東の3方から攻めかかる義仲軍。しかも夜で視界も満足に効きません。

平家軍は雪崩をうって攻めかかってきた源氏に対し、防戦一方で陣形を維持しますが、三方向から一気に攻めかかられては陣形を維持することは難しく、徐々に西の谷に押されつつありました。

この時、平家のある将が退却の道を探すため、倶利伽羅峠の西の谷を見て「この下に道があるに違いない」と一気に馬を駆けて降りて行きましたが、そこは深い谷底で後に続いた一族縁者が次々と落ちて消えていくという悪夢のような展開になっていました。

追い詰められた平家軍は、砺波山の南東の登山口に向けて脱出を図りますが、そこには樋口兼光、落合広行七千騎「待ってました!」とばかりに攻めかかります。

軍勢の数でいえば平家軍の方が圧倒的に多いのでなので、樋口・落合の軍勢も徐々に押されますが、その後ろに控えていた1万余の伏兵が一斉に雄叫びを上げながら攻めかかると、平家軍の士気は著しく落ち、散り散りに散ってもう軍勢としてのまとまりはありませんでした。

これが歴史用語の「倶利伽羅峠の戦い」です。平家軍七万騎と義仲五万騎が対峙し、平家の大敗で終わり、維盛は再び大きな失態を犯してしまったのです。

この戦いは、義仲軍が数百頭の牛の角に松明をくくりつけて敵中の中に向けて放つという場面で知られますが、あれは、『源平盛衰記』のみに記載されており、実際に使われたのかどうかは現在では疑問視されています。よって当ブログでもこの説は採用しませんでした。

平家物語によれば、この戦いでの平家の損害は、藤原忠綱(平家の侍大将・伊藤忠清の嫡男)、藤原景高(伊藤忠清の甥)など、武勇高い大将が谷底に落ちて戦死しています。ただし、総大将の平維盛、通盛の二人は命からがら助かって加賀国に退却しました。その数、わずか二千騎足らずと言われています。

また、義仲はここで越前平泉寺の長吏斉明威儀師を捕らえています。
難攻不落だった越前火打城の湖の秘密を平家に伝え、火打城落城の原因を作った人間です。
義仲は、斉明を捕らえたという報告を聞くと

「そんなヤツの顔なんぞ見たくない。さっさと斬れ」

と顔も見らずに斬罪に処したそうです。

この戦いの4日後、この倶利伽羅峠の戦いの模様が京に伝わったようで、九条兼実の日記「玉葉」の西暦1183年(寿永二年)5月13日の項目に

「平家はまた木曽(義仲)に敗れ、砺波山を追われたようだ」

と記述があります。その後に

「平家は度々の軍に戦ひ負けぬ。源氏の繁昌疑ひなしとみえたり。 」
(訳文:平家は何回も戦いに負けている。源氏の繁栄は疑いないようだ)

とあり、この時点で兼実は平家を見限ったと思われます。
倶利伽羅峠の戦いは義仲の勝利に終わりましたが、平家は別働隊三万騎が志保山に陣取っていました。義仲は休む間もなくこの別働隊の対処に取り掛かるのです。

(つづく)
posted by さんたま at 21:13| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする