2017年05月20日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(59)-越中前哨戦-

西暦1183年(寿永二年)4月27日、平家の北陸征討軍総大将の平維盛は、反平家勢力が立て篭もる越前火打城を攻め落とし、反平家勢力を加賀に引きのかせました。その上で加賀に立て篭った林、冨樫の両氏の城を焼き討ちにしました。

維盛にとって、これは手痛い敗戦だった「富士川の戦い」の汚名を返上した「禊」の戦いでした。

越前、加賀を制した維盛は、源義仲(木曽義仲)の拠点である越後国府の奪還を目指して、その途上にある越中(現在の富山県)に兵を進めました。この時、維盛はかつて越中守だった平盛俊に5,000兵を与えて、先発隊として先行させています。

すでに越前、加賀の状況は源義仲(木曽義仲)の耳に入っていました。越後にとって、越中は大事な防波堤の役割を果たしていました。越前、加賀を取られたとはいえ、黙って越中も奪われる義仲ではありませんでした。

義仲は四天王の一人である今井兼平に6,000兵を与えて越後国府を出発させ、御服山(呉羽丘陵)に布陣させました。

5月8日、平盛俊は越中に入りますが、御服山に義仲軍が入っていることを知ると、御服山の西方約16kmの般若野(富山県高岡市北般若地区、般若野地区、砺波市南般若地区、東般若地区、般若地区一帯)に陣を張り、敵の動きを見張ることにしました。
しかし、この時、すでに兼平は盛俊の陣形、兵力などを把握していたのです。

その上で、兼平も盛俊の動きを見張っていました。ところが、同日夕刻になって盛俊軍に動きが全く動きがありません。いや、その気配すらも感じられませんでした。

兼平は盛俊が先発隊であり、本体との合流を待っている可能性も否定できないことから、

「今宵、動くぞ」

と全軍に下知しました。
本体との合流の時間を稼がれては兼平がここにいる意味がありません。敵が動く気配ないなら、こちらから攻めに転ずる。ただし普通に攻めると被害が大きいので、兼平は夜襲を計画したのです。

兼平は兵を細かく小隊に分け、同日深夜に闇に紛れて行軍を開始。
すでに密偵を放っていたので、敵の居場所の把握は容易でした。
兼平軍は夜明け前に般若野に集結。ちょうど空が白くなりつつある時、

「かかれーーー!」

という兼平の下知で、完全に休息を取っていた盛俊軍に攻めかかりました。
盛俊軍も思わぬ奇襲にうろたえましたが、さすがは平家の歴戦の侍大将、程なく戦闘態勢を取って応戦。

しかし、序盤の劣勢も覆すことはできず、5月9日、昼過ぎ、とうとう退却の命令を出さざる得ませんでした。
この時、盛俊軍の損害は2,000兵近かったと言われています。

一方、義仲の本体は50,000騎を率いて越後国府を出発。日本海の海岸沿いを加賀に向けて進軍しておりました。

9日は六渡寺(富山県射水市庄西町)に到達し、翌日10日には、般若野の戦いで平盛俊を敗った跡の今井兼平と合流しています。

兼平より平家の先発隊を撃退したことを聞いた義仲は、平家の征討軍がすでに越中に入っていること、またその軍勢が越前・加賀の残存兵から聞いた100,000騎であるならば、2倍の兵力差は如何ともしがたいと考えていました。

「平地で戦えば、負ける」

義仲の戦いの直感がそう伝えていました。
この判断が、のちに源氏と平氏の運命を分かつものになろうとは、この時は誰もわからなかったに違いありません。

(つづく)
posted by さんたま at 00:19| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(58)-維盛、汚名返上-

西暦1183年(寿永二年)4月6日、平家一門棟梁・平宗盛は、北陸征討を決意し、伊勢神宮他、主だった神社十六社に征討の成功を祈願しました。

この祈願は5日間に渡って行われた後、宗盛は征討軍の大将に平維盛(宗盛の兄・重盛の嫡男/小松家当主・右近衛中将)を起用しました。

亡き兄・重盛の極位極官を超え、亡き父・清盛の極位に並んだ宗盛にとって、北陸征討の成功は平家の勢力が未だ衰えを知らず、盤石であることを世間に見せしめる大事な戦いであり、その総大将に平家嫡流である小松家当主であり、清盛の嫡孫である維盛を当てたのは、宗盛の計らいであったのかもしれません。

また、この頃、征討軍の兵糧挑発のため、平家の武士たちが近隣の田畑から略奪を行っております。

公家たちはこれを宗盛に直訴しますが、宗盛はこの申し出を無視し続けました。それだけ、宗盛の中にも、引くに引けない切羽詰まってるものがあったのだと思います。

同年4月17日、平維盛を総大将とした北陸征討軍は、総勢十万騎となって京を出発しました。

「玉葉」(九条兼実日記)によると「目的は木曽義仲の追討。そしてそのまま東国の源頼朝への追討らしい」とありますが、同月25日の日記には、左中弁藤原兼光より「追討宣旨は前内大臣(宗盛)の求めに応じて東国、北陸を実効支配している源頼朝、武田信義への追討」という内容で出されたと記録されています。

宗盛の中では、木曽義仲の勢力も頼朝の一勢力に過ぎないという認識だったのでしょうか。

一方、維盛率いる征討軍は同月26日、越前国に入り、翌27日、越前・加賀の反平家勢力が立てこもる火打城(福井県南条郡南越前町今庄)を包囲しました。

火打城は、城の東側を流れる能美川(日野川)と南側を流れる新道川(鹿蒜川)が外堀の役割を果たし、西側は高山が連々と続く難攻不落の要塞でした。この時、反平家勢力は能美川と新道川の合流地点をせき止め、城の周りを巨大な湖に仕立てて追討軍に対抗しました。

「平家物語」に記載がある通りであるなら、この城に立てこもる反平家勢力は、平泉寺長吏斎明、稲津新介、斎藤太、林六郎光明、富樫入道ら6000騎あまり。

城を攻めるには船が必要で、維盛ら征討軍に船の用意があるはずもありません。征討軍はそのまま何もできない日が何日も続きました。

ところが、ある日のこと、維盛の陣屋に一本の蟇目矢(鏑矢の一種)が打ち込まれました。
蟇目矢には書状が仕込まれており、そこには

「あの湖は昔からのものではない。一時的に山川をせき止めて作った人工の湖。夜陰に紛れて足軽を使って柵を切り落とせば、水は引く。引いた後は馬の足で急ぎ渡って攻撃を。背後からは私が援護します。これは平泉寺の長吏斎明が申し上げるものなり」

と書かれてありました。
つまり平泉寺長吏斎明が源氏を裏切って、征討軍に湖のカラクリを明かしてしまったのです。

維盛はこれに大いに喜びましたが、他の諸将は「罠ではあるまいか」と訝しがっていました。

維盛は他に有効な策がない以上、これを試さない理由はないとし、書状に書かれてある場所に足軽を派遣すると、確かに「堰」がありました。すぐさま足軽がそれを破壊すると、水はみるみる引いていきます。

馬の足で渡れる水位まで下がるやいなや、維盛は城に向けて全軍総攻撃を命令しました。
火打城内の稲津、斎藤、林、富樫入道は、水が見る見る引いていくのを見ながら、

「水のカラクリは破られた。敵は大軍。この城はもう持ちこたえられん。城を捨てて逃げるしかない」

と方針を決定し、加賀国に退却して白山河内(石川県白山市)に立て篭り、さらに平氏に対抗する姿勢を崩しませんでした。

維盛は火打城を落城せしめると、勢いに乗じて加賀国に攻め入り、林、富樫の両氏がそれぞれ立て篭った城を焼き払ってこれを撃滅しました。

維盛からすれば、この火打城攻めは手痛い敗戦だった「富士川の合戦」の汚名を注いだことになります。
そして、この知らせを聞いた京の平家一門の者たちは「さすがは小松殿よ。平家の嫡流よ」と褒め称えたそうです。

しかし、ここで負けておとなしくしている反平家勢力ではなく、とりわけ義仲は黙ってはいませんでした。
頼朝との和議を整え、後顧の憂いがなくなった今、彼にはもう「前進」しかなかったのです。

(つづく)
posted by さんたま at 13:25| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(57)-嫡流と庶流-

西暦1181年(養和元年)から始まった「養和の大飢饉」は、翌年1182年には収束しはじめ、同年6月、年号が養和から寿永に改元されました。

この年、すなわち西暦1182年(寿永元年)に起きた大きなこととしては、8月12日、鎌倉では源頼朝北条政子の間に、嫡男・万寿が誕生しています。これが後の鎌倉幕府二代将軍・源頼家になります。

また同年9月4日、平家一門棟梁・平宗盛は朝廷より権大納言に還任され、翌月10月13日に内大臣に任じられています。

宗盛は西暦1179年(治承三年)に権大納言・右近衛大将を辞任して以来、畿内惣官の職責として軍事は司っていましたが、政務の表舞台には出てきていませんでした。ここで内大臣に任じられたことで、平家一門の棟梁が再び政務の表舞台に戻ってきたことになります。また、内大臣は亡き兄・重盛の極官であり、名実ともに一門の棟梁の地位に昇ったことになりました。

さらに明けて西暦1183年(寿永二年)正月21日、宗盛は朝廷より従一位に叙せられました。これは非常に重い意味を持っていました。1つは亡き兄・重盛の極位(正二位)を超えたこと。もう1つは清盛の極位に並んだことになります。宗盛は同年2月27日に、内大臣を辞任していますが、これは亡き清盛の極官である太政大臣への布石だったのかもしれません。

そして、ちょうどその頃、比較的落ち着いていた甲信越地方がにわかに騒がしくなりました。東国を実効支配していた源頼朝と、信濃、越後、北陸地方を実効支配していた源義仲の間に緊張が走ったのです。

「玉葉」(九条兼実日記)によれば、西暦1183年(寿永二年)3月頃、源頼朝は源義仲を討伐しようとしていたとあります。理由は、頼朝が関八州から追放した常陸の源義広(志田義広)が、その兄弟である新宮十郎行家(源行家)の手引きで、義仲を頼り、義仲がそれを保護したためとあります。

これまで、頼朝、義仲はそれぞれ支配地域は違えど、同じ源氏の勢力拡大に勤め、平氏政権への反逆という共通の目的を持っていました。しかし、頼朝と袂を分かった行家と、頼朝に敵対していた義広を義仲が保護するということは、義仲が頼朝を攻める大義名分を得たことにもなります。

頼朝は、義仲が攻めてくる前に、こちらから東国の兵を押し出して義仲を討とうと考えたのでした。
義仲も「振り払う火の粉は払わねばならん」として、越後と信濃の境界である関山(新潟県妙高市大字関山?)あたりに陣を張り、頼朝を待ち構えます。

頼朝は武田信光(武田信義五男/通称:石和五郎)を先鋒に命じ、総勢十万騎で信濃に押し寄せ、信濃国佐樟川(現在地不明、妙高の関川付近か?)岸に陣を張りました。

ともに大軍ということもあり、睨み合ったまま、一触触発状態が続きました。

頼朝はともかく、義仲はこの膠着状態を良しとしていませんでした。
義仲は北陸をほぼ平定した今、源氏勢力の中で唯一、京に近い位置にある男でした。同じ源氏の一族である行家と義広を保護したために頼朝に余計なイチャモンをつけられ、こんなところで悪戯に時間を費やすことは、彼にとってはメリットは一切なく、デメリットしかありませんでした。

かといって、このまま兵を引いて方向転換して京へ攻め入れば、背後から頼朝の攻撃を受けるのは必定でした。

「なんとかしてこの場を収める方法はないものか」

義仲の問いに樋口兼光、今井兼平、落合兼行らは頭を抱えましたが、

「落としどころとしては鎌倉殿(頼朝)に敵意のないことを示せばいいのではなかろうか」

「となると領土を割譲か?こっちは何も鎌倉殿に敵視される覚えはないのだぞ」

「いやいや、この戦いはもともと十郎殿と志田殿を匿ったことに始まってるのだ、あの二人を差し出したらどうだ」

三人はいろいろとアイデアを出し合い、「行家と義広を頼朝に差し出しては」という意見にまとまったところ

「それはできん!」

と義仲は一蹴しました。

「鎌倉殿は従兄弟じゃが、十郎殿、志田殿は我が叔父じゃ。血縁でいうならば、鎌倉殿よりもご両者の方がはるかに深い。そのご両者を売り飛ばし、身の保身を図るようなこの義仲と思うてか!」

義仲の激昂に兼光、兼平、広行の三人は平伏しました。しかし

「しからば....清水冠者(義高)殿を鎌倉にお遣わしなされ」

と兼光が言いました。

「なんだと」

義仲にさらなる怒りがこみ上げてきました。
清水冠者とは義仲の嫡男である源義高のことだったからです。

「木曾殿は志田殿、十郎殿を差し出すのは嫌と仰せになられました。それは我らも道理として承ります。しかし、この戦の原因となる人を出せないとなると、木曾殿の敵意なきことを示すには、それに代わる重みのある人物を鎌倉に送るしかございませぬ。」

「それが義高だというのか」

「御意。清水殿は木曾殿の嫡男。鎌倉殿も無下にはできますまい。また清水殿にとっても、鎌倉は良き学びの場になろうと存じます」

「しかし......」

「木曾殿は一刻も早く京に上らねばならない御方。京に上って平家を追放し、御上(法皇)を奉れば、鎌倉殿などどうにでもなります。ここは踏ん張りどころ、一時の辛抱でござる」

兼平も兼光の意見に同調しました。
義仲にとって今一番惜しいのは「時間」でした。その時間を確保するために自分の息子を敵方に差し出さねばならない義仲の苦衷は想像にあまりあるものでした。

「......あいわかった。鎌倉殿にその旨、申し伝えよ」

義仲はついに折れました。

「ご心中お察し申し上げます」

兼光、兼平、広行は平伏しました。

「ただし、鎌倉殿にはこう申せ。清水冠者を鎌倉殿に差し出すは人質にあらず。我ら源氏の縁固めの証にて、ゆくゆく成人の折は、鎌倉殿の一の姫(大姫)の婿として迎えるようにと。」

これは河内源氏庶流である義仲から、河内源氏棟梁である頼朝への最大限の意趣返しでした。

頼朝は義仲からのこの申し出を聞き

「私には見事なご決断としか言えぬ。清水冠者殿は確かに我が一の姫の婿として丁重にお預かりいたす。」

と答えました。

頼朝としても最初から義仲を滅ぼすつもりはなかったため、「義仲に敵意がない」とわかれば、戦う理由はありませんでした。この時期、東海道に平氏の軍勢の影がちらついているのを、武田信義から報告を受けており、頼朝も長滞陣は意味のないものになりつつあったのです。

また、頼朝としても義仲の嫡男が手中にあることは、義仲が敵に回らないという保険に他なりませんでした。

義高引き渡しの際、義仲は義高を呼び出し

「この度、和睦の証としてそなたを鎌倉殿に預けることとなった。これも一人前の大人になるための務めと思え。良いか、何があっても鎌倉殿に背いてはならぬ。もしそなたが鎌倉殿の命に背けば、即座に殺されるであろう。それを頭に入れて、日頃の振る舞いを慎め」

と訓示を示しています。
また、義仲の家臣の中から、海野幸氏望月重隆という弓の名手を二人守役としてつけました。
こうして、河内源氏の嫡流と庶流である頼朝と義仲の一触触発の危機は回避され、無事、和睦成立となりました。

また、この頼朝と義仲の対立は、京の平宗盛に逐一報告されてました。
この頃の宗盛は後白河法皇の朝廷工作もひと段落しており、平家の勢力回復の絶好のチャンスであり、再び源氏への追討活動を活発化させます。まずは、その目的地はもっとも京に近い北陸でした。

(つづく)
posted by さんたま at 15:43| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする