2017年02月19日

本当はこうだった「大坂の陣」(7)-後藤基次の死-

西暦1615年(慶長二十年)4月26日、豊臣方は、大野治房(大野治長弟)箸尾高春(治長配下、元筒井家家臣)ら約2000の兵を郡山城(現在の奈良県大和郡山市城内町)に向けて出陣させました。

郡山城は大坂城の東南東に位置し、かつて豊臣秀吉の弟である豊臣秀長(大和大納言)の居城でした。

この時は、秀長の与力であった筒井定次の従兄弟の筒井順慶(大和郡山1万石)が城主となっていました。
定次が改易(領地没収)された後、筒井氏は一時滅亡の危機でしたが、家康の後押しで順慶が家督を相続した関係もあり、郡山城は徳川方の城になっていました。

大坂城は外堀を埋められているため、徳川方に対抗する押さえの城として、大和郡山城を自陣に入れておきたいという都合があり、豊臣に着くように使者を送りましたが、順慶は豊臣方の要請に応諾しなかったため、やむなく攻め落とすことにしたのです。

順慶は敵兵力を見誤りって、城を捨てて退散したため、27日未明、郡山城は落城しました。

治房は28日、堺を焼き討ちにし、徳川方の兵站(補給)基地を破壊。

この時代、小勢で大勢に当たるのに「糧道を断つ」という戦法は定石でした。
治房は、この勢いで奈良地域も焼き討ちにしようと兵馬を進めますが、徳川方の先発隊で、大和口方面軍司令官の水野勝成(日向守/三河刈谷3万石)に阻止され、一旦大坂城に引き上げざる得なくなっています。

また、この頃、大野治長は密偵を放って紀伊国の国人を扇動して一揆を起こす裏工作を同時に行っていました。
この時、紀伊国を治めていたのは浅野長晟(但馬守/浅野長政の次男/紀伊和歌山37万6000石)でした。

長晟は領内に豊臣方の密偵が多く入り込み、一揆の不安があるのを承知しつつ、家康の要請で4月28日、大坂城に向けて5000兵を率いて出陣していました。

その途中、紀伊攻めに出兵していた大野治房隊の先発である塙直之(団右衛門)岡部則綱(大学)と鉢合わせになったため、合戦が発生。

直之と大学は本隊の到着を待たず、手柄を上げんと独断で猪突猛進したため、軍勢の指揮系統は混乱してしまいます。

先発隊で合戦が始まったことを知った治房が駆け付けた時にはすでに遅く、直之は討ち死にしていました。
そして、治長が仕掛けた策謀も、一揆の首謀者が和歌山藩の留守居役に捕えられて、あえなく終了(汗)。
治房は大坂城に引き上げるしかありませんでした。

4月30日、治房が水野勝成軍と接触したことから、徳川方の軍勢が大和路方面(現在の大阪府道30号大阪和泉泉南線)から攻めかかることを知った豊臣方は、河内平野に入る手前の石川を挟んだ東岸あたりで、徳川方の先発隊を迎え討つ作戦を立てました。

5月1日、第一陣の大将・後藤基次(又兵衛)、他、薄田兼相(隼人正)明石全登ら6,400兵が大坂城から出陣。続く第二陣の大将・真田信繁(幸村)毛利勝永ら12,000兵も出陣。

豊臣方の主力が出陣したと聞いた家康は、5月5日、家康は「そろそろかの」と京都二条城を出立、大坂に向けて出陣しました。

また同日、豊臣方第一陣、第二陣は平野村(現在の大阪市平野区)に野営し、軍議を行い、国分村(現在の大阪市柏原市国分付近)の見通しの悪い狭路に敵を誘い込んで殲滅することを決めました。

5月6日未明、後藤基次指揮の2,800兵は道明寺(現在の大阪市藤井寺市道明寺)に到着しました。
名実ともに一番乗りを狙った行動でしたが、そこで基次は石川を渡った北東の片山村(現在の大阪市柏原市片山町)付近に徳川方の先発隊(おそらく水野勝成)がすでに展開していたのです。

基次や信繁たちの昨夜の軍議では、戦いの舞台は国分村を想定しており、その国分村は片山村の南東にあります。つまり、先発隊が片山まで出張っているということは国分村はすでに徳川方の手中に入っているということに他なりませんでした。

基次ら豊臣方は知りませんが、実は水野勝成は昨日5日の夕方には、一番隊の諸将率いて国分村で野営をしていたのです。

「策、敗れたか......」

自分たちの作戦が意味のないものになったことを悟った基次は、ここで独断行動をとることを決めました。
基次は石川を渡り小松山(現在の大阪市柏原市玉手町の玉手山公園)に登ってそこに陣を張りました。

水野勝成は、小松山に豊臣方の先発隊が入ったことを知ると、これを

二番隊大将・本多忠政(美濃守/本多忠勝嫡男/伊勢桑名10万石)
三番隊大将・松平忠明(侍従・下総守/奥平松平家祖/伊勢亀山5万石)
四番隊大将・伊達政宗(陸奥守/陸奥仙台62万石)


に急ぎ伝達。大和方面軍司令官として、小松山を包囲することを各隊に命じます。

しかし、動くのは基次の方が早く、午前4時頃、基次は一番隊麾下の松倉重政(豊後守/大和五条1万石)奥田忠次(徳川幕府旗本/大和・紀伊2,800石)に対し攻撃を開始しました。

基次の攻めは非常に素早く、あっと言う間に奥田忠次は戦死。その影響で松倉勢も押されて体勢が崩れかかりますが、一番隊の本軍である水野勝成の助勢でこれをなんとか支えました。

基次の考えは、小松山に布陣し高所から敵を攻撃することで地の利を生かし、兵力の不利を補おうというものでした。その間に薄田兼相や明石全登の後続隊、そして第二軍の真田信繁の到着となれば、これが徳川方に援軍として映り、徳川方の士気低下を招くと考えたのです。

しかし、敵をひきつけるにはあまりにも無謀な策と言えました。
一番隊の水野勝成は3,800兵ほどですが、二番隊の本多忠政、三番隊の松平忠明、四番隊の伊達政宗らが小松山を包囲するとその総勢は20,000兵を超えていました。

また、徳川方は火器が充実しており、特に四番隊伊達政宗家臣・片倉重綱(二代目小十郎/陸奥白石城主)が率いる鉄砲隊は、槍の基次には苦しい相手と言わざる得ませんでした。

戦闘開始から6時間を経過しても、豊臣方の後続隊は現れませんでした。
一説によると、この日は早朝から非常に濃い霧が発生しており、後続隊は前後不覚に陥っていたと言われますが、本当にそうだったかはわかりません。

援軍が見込めないことを察した基次は、戦いで傷ついた兵たちに西側から山を降りて立ち去るように言うと、戦えそうな兵のみを集めて、一気に小松山をかけおり、三番隊の松平忠明の陣に目がけて最後の突撃を開始しました。

忠明も全軍を押し出して基次にあたりました。しかし忠明らは基次の敵ではありませんでした。
二度、三度と忠明の軍を押し返し、さらに押し出して忠明の軍勢の隊形を大きく崩そうとしたところ、左脇より一番隊の丹羽氏信(式部少輔/三河伊保1万石)の攻撃を受けて陣形が大きく崩れ、さらに右脇より四番隊の片倉重綱鉄砲隊が撃ちかかってきました。

ここで基次は不覚にも被弾してしまいました。
ここが死に場所と心得た基次は、被弾しつつもまだ槍を振るう姿は、徳川方にはまさに鬼神のごとく映りました。しかし、衆寡敵せず、正午過ぎに後藤基次隊は壊滅。基次も討ち死にしました。

薄田兼相、明石全登、真田信繁が小松山に到着したのはその直後のことでした。

(つづく)
posted by さんたま at 17:05| Comment(0) | 本当はこうだった「大坂の陣」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

戦国武将なのに日記をつけていた上井覚兼という男

アマチュア歴史研究家である自分にとって、尊敬すべき研究者は何人かいるのですが、その中の一人に、新名一仁先生(文学博士/鹿児島大学・志学館大学非常勤講師)がおられます。

新名先生は宮崎県宮崎市のご出身で、今も宮崎市にお住まいですが、宮崎県内において学芸員資格を持たれている数少ない貴重な人材であらせられます。

▼新名先生の略歴
http://researchmap.jp/kniina/?lang=japanese

新名先生はこれまで、日本中世史において数々の論文、著作を表されておりますが、その研究成果を正しく評価することができない方々が某所いらっしゃるようで、溜息しか出ません。

新名先生の著作は下記リンクをご参照ください。
http://amzn.to/2lALVco

その新名先生曰く、「今日、2月11日は、「上井覚兼(うわいさとかね/かくけん)の誕生日」だということです。

はい、みなさんの疑問はごもっともです。

「誰やねん、それは!(笑)」

と思われることだと思います。

この人は戦国時代の薩摩(鹿児島)島津家の家臣なのですが、我が郷土・宮崎県にゆかりのある人なのです。

西暦1545年(天文十四年)2月11日、大隅国上井(現在の鹿児島県霧島市国分上井あたり)の領主であった上井薫兼の子として生まれた覚兼は、西暦1559年(永禄二年)の元服(成人式)と共に、薩摩・大隅国主である島津貴久に仕えました。

西暦1571年(元亀二年)に貴久がなくなると、貴久嫡男(後継ぎ)の島津義久の側近となり、西暦1576年(天正四年)からは、島津家の老中(行政担当)の一員となります。

覚兼は、義久の戦いの多くに参加しましたが、彼の運命を大きく変えたのが、西暦1578年(天正六年)に、高城川原(現在の宮崎県児湯郡木城町付近)で起きた「高城川の戦い」です。

一般的には「耳川の戦い」とも言われているので、ご存知の方のいらっしゃるのではないかと思います。

この戦いは、島津義久に日向国(現在の宮崎県)を追放された伊東義祐が、日向にカムバックしたいために、親類の豊後(現在の大分県)の戦国大名・大友宗麟に泣きついて、宗麟が日向国に攻め入ったものでした。

この時の大友軍の兵力は約4万

対する島津義久は3万の兵でこれを迎え討ち、見事、大友軍をギッタギタに大敗させた上、大友家の有力武将を次々と冥土送りにしました。この結果、大友氏は勢力を失い、二度と日向に攻め込めないほど消耗してしまいます。

一方、この戦いで日向国の支配を確立した義久は、西暦1580年(天正八年)、覚兼に宮崎地頭(領主)に任じ、宮崎城に入るように命じました。宮崎城は現在の宮崎県宮崎市の北部、池内町にあった山城です。

この時の覚兼は、現在の宮崎市全域を直接支配しつつも、佐土原城(現在の宮崎県宮崎市佐土原町上田島)主の島津家久(義久末弟)と連携して、新納院や穆佐院(要するに宮崎平野一帯)に対しても「島津家の代官」として命令できる権限を持っていたと言われます。

ただし、軍事権まで委任されていたかはわかりません。

覚兼が日向支配を行ったのは、西暦1587年(天正十五年)3月、羽柴秀吉が九州征伐の一環で、日向国に攻め寄せるまでの7年間でした。今風に言えば、宮崎県知事を約2期つとめたことになるのでしょうか。

覚兼は武将でありながら、教養人としても非常に優れており、「上井覚兼日記」なる日記を現代に残しています。
この時代、日記をつけているのは公家か歌人か僧侶くらいで、現役の戦国武将がつけている日記は非常に珍しいものです。

また、彼が日記をつけているのは、西暦1574年(天正二年)から1586年(天正十四年)の十二年間で、つまり彼が宮崎城で過ごした日々が(ところどころ欠落はあれど)記録されていることになります。

内容は、だいたいお仕事(政務)のことが多いのですが、また国内に起きている問題について、誰にどう相談して、どういう意見が出ていたとかの人間のやりとりが、かなり克明に記録されています。

それでもなかなかに面白いのは、出た意見に対して「あれはおかしい」とか「納得いかない」とか個人的な感情や、「◯月□日、誰々さんと酒を飲んだ」みたいな個人的な親交ものまでちゃんと記録されているところです。ひどいのになると

「この日は大酒を飲んだので、仕事を◯◯さんに代わってもらった」

みたいな「オイオイ!」と突っ込みたくなるようなものまで(汗)。

多分、戦国時代にFacebookがあったらこんな使い方されるんだろうな、と思った次第です。

なお、この日記は現在、東大史料編纂所に所蔵されており、同編纂所が発行している「大日本古記録」にも収録されていますが、中古でも5万円近い値段なので、なかなか手が出せません。

前述の新名一仁先生が現代語訳をブログに挙げられていますので、興味のある方はご参考までに。
http://sangoku-nyuto.blog.so-net.ne.jp/archive/c2306094100-1
posted by さんたま at 15:50| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

本当はこうだった「大坂の陣」(6)-戦火再び-

「大坂冬の陣」の和議成立後、徳川家康

松平忠明(侍従・下野守/奥平松平家/伊勢亀山5万石)
本多忠政(美濃守/本多忠勝嫡男/伊勢桑名10万石)
本多康紀(伊勢守/三河岡崎5万石)


上記3名に、大坂城の二の丸・三の丸破却と堀の埋め立てを命じて、居城である駿府城(静岡)に向かいました。
同じ頃、秀忠も江戸(東京)に向かって出発しています。

この時の堀の埋め立ては「惣構」ですので、いわゆる城の外堀(真田丸の北側)が対象になっています。

歴史漫画や他のドラマなどで、「徳川が豊臣を騙して内堀も埋めた」と言われていますが、これについては一次史料が見当たらず、現在では後世の創作の可能性が高いとされています。

したがって、二の丸、三の丸破却と惣構えの堀の埋め立ては、豊臣方も納得の上で行われた可能性が高いです。ただし、浪人衆がどのように思われたかは定かではありません。ですが、徳川に一泡ふかせるために集まった浪人たちにとって、自分たちの拠り所である大坂城の防御力が下がる工事が行われることは、愉快ではなかったでしょう。

その鬱憤は、大坂並びに京で発散されることになります。

西暦1615年(慶長二十年)3月15日、京都所司代(現在の京都府警本部長)・板倉勝重(伊賀守/近江山城1万6000石)より駿府城の家康に手紙が届きます。

内容は、大坂市中での浪人の乱暴狼藉から始まり、京には「大坂の浪人たちが御所や伏見、二条などへ放火する」などの風聞が絶えず、治安維持が困難な状態になっていること。また大坂城の浪人たちは堀の掘り返しを行っていることなどが書かれてありました。

豊臣家譜代衆らは、浪人たちが和議に納得していないのは承知していました。そのため、浪人たちの戦意を消失させる必要があり、二の丸、三の丸の破却、惣構の堀の埋め立てを申し出ました。

浪人たちは大坂城が難攻不落の城だからこそ夢見るのであり、その防御力が格段に落ちれば、おとなしくなると思ったのでしょう。

ところが、効果は裏目に出てしまいました。
京都市中の治安維持は京都所司代の責任であり、それは幕府の責任であります。大阪市中の話ならまだしも、事が京にまで及ぶとなると、家康も無視できなくなりました。

ついに家康は、将軍秀忠の名前で豊臣家に浪人の解雇と所替え(領地を別の場所に振り返ること)を命じました。

これは家康の豊臣家に対する温情だと思います。
単に豊臣家を潰すだけなら、この一件を以って、すぐに出陣して殲滅するでしょう。

でも家康は「先の戦いの根源である浪人たちを解雇すれば、豊臣家の罪は問わない」と言っています。
そして浪人たちが夢見ているのは「大阪城」という存在があるからで、そこから移してしまえば観念するだろうと考えたのだと思います。

しかし、万が一(放火)のことを考え、4月1日、小笠原秀政(兵部大輔/信濃松本8万石)に兵を率いて伏見城代として入城するように命じています。

4月4日、家康は、自身の九男・徳川義直(左近衛権中将/尾張名古屋53万石)と、故・浅野幸長(紀伊守/紀州和歌山37万6000石)の娘・春姫との結婚式に出席するため、駿府を出発しました。

ところが、その道中において、豊臣家の使者(大野治長家臣)が面会を求め「浪人の解雇はすでに始めておりますが時間がかかります。それまでは所替えは勘弁してください」と申し出てきたのです。

家康はその申し出を聞き「追って沙汰する」として使者をその場から大坂に返しました。

豊臣家に巣食う病巣の根本は浪人と大坂城。
浪人の解雇は後からでもなんとでもなりますが、秀頼が大坂城に居続けるか限り、浪人の戦意は決して落ちません。そして浪人の解雇が済むまで秀頼は大坂城を出る気はないというのは、時間稼ぎに他なりませんでした。

京・大坂の治安が乱れており、朝廷も不安視している今、家康が取るべき策はもう1つしかありませんでした。

武力による浪人衆と大坂城の駆除です。

「是非もなし(やむえない)」

家康は、江戸の将軍秀忠に早馬を出し、再度の大阪攻めを伝え、諸大名に京に集結するように命令を下しました。

一方、大坂城では、大野治長が家康に使いを送って戦争を回避しようとする行動に城内の不満が高まり、4月9日、治長が城内で襲撃されています。しかし4月12日になると、家康が諸大名に出陣を命じたことを豊臣方も知ることとなり、武具の購入、堀の掘り返しなどが急ぎ行われました。

ところが浪人の解雇も進めており、10万近くいた大坂城中の浪人は、すでに8万弱まで減っていたのです。
兵力も下がり、本丸と内堀だけでは数十万の軍勢相手に籠城戦は不利です。そこで浪人衆は城から討て出て野戦に持ち込む作戦を立てました。

4月12日、義直の結婚式を終えた家康はそのまま京へ向かい、18日、二条城(京都)に入ります。
将軍秀忠も4月21日に二条城に到着。翌22日、家康、秀忠らと軍議を行っています。

この軍議の場で、家康は徳川方の軍を3つに分け、河内路(現在の国道25号線、桑津付近)、大和路(現在の大阪府道30号大阪和泉泉南線、阿倍野付近)、紀州路(現在の国道26号線、天下茶屋付近)の三方向から大坂城に攻め入る方策を立てました。

前回とは変わって、家康の攻撃に積極性がみられます。
もう彼に迷いはありませんでした。

そして、この頃、織田長益(有楽斎/織田信長弟)が嫡男頼長を連れ、大坂城を離れて家康の陣所を訪ねています。

長益の離反ははっきりしたことはわかりませんが、彼が大阪冬の陣の和議の仲介役であること、その和議が決裂して再び戦いになったことに対する責任と、人質に出してる五男・尚長の命を助けるためではなかったかと私は思っています。

もし、あのまま長益が大坂城にいたまま戦いが始まったら、尚長は殺されていたかもしれません。長益は豊臣家の繁栄のために死ぬならともかく、勝ちが見えない戦いで殺されたら無駄死にでしかないとわかっていたのではないかでしょうか。

風雲急を告げる大坂城。いよいよ豊臣家最後の戦い・大坂夏の陣が始まろうとしています。

(つづく)
posted by さんたま at 22:24| Comment(0) | 本当はこうだった「大坂の陣」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする