2016年12月18日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(53)-義絶-

西暦1181年(治承五年)4月25日、美濃国墨俣川(現在の長良川/岐阜県大垣市墨俣付近)において、源行家軍6,000騎は、平重衡率いる頼朝追討軍30,000騎が川を挟んで向かい合っていました。

兵力で圧倒的に不利である行家は、兵力を3分割して夜間奇襲を敢行しますが、源頼朝の援軍として行家につけられた源義円が、行家の指揮を無視して独断専行したため、義円は討死。

行家の作戦も全て無駄となり、行家は自軍の頼みとしていた源頼元、頼康、重光の3将を討死させてしまいました。

行家自身は頼元、頼康の決死の働きにより、墨俣川を渡河して熱田(愛知県名古屋市熱田区)まで撤退することに成功。その後、体制を立て直して矢矧川(現:矢作川)で再び平重衡軍と対峙しますが、行家はここでも重衡に大敗し、自勢力を維持することすら困難になってしまいます。

行家相手に勝利を続け、勢い盛んな平家はこの勢いで東国まで進出し、頼朝の首をあげようと気炎をあげます。

しかし、東国より頼朝の本体として和田義盛(三浦氏庶流・侍所長官)が遠江(静岡県西部)進軍中するという動きが伝えられると、平家側も戦力を消耗した状態で義盛の本体と戦うのはリスクになることから、近江、美濃、三河国中部までの支配を固めて、京へ撤退しました。

この頃の頼朝は、すでに鎌倉の地に「大倉御所」(神奈川県鎌倉市二階堂付近)と呼ばれる政務所兼邸宅を建設し、頼朝に馳せ参じた武士たちを家人として抱え、また家人の軍事・統率期間として「侍所(さむらいどころ)」を設置し、その長官(別当)職に和田義盛が任じられていました。

この時点で後の「鎌倉幕府」の原型が整いつつありました。

さて、近江源氏、美濃源氏、尾張源氏を結集し、討伐軍として東国に派遣された平重衡を撃退して、頼朝に己の存在を認めさせ、源氏諸勢力の仲間入りをしようと企んだ行家でしたが、墨俣川、熱田、矢矧川などの一連の戦いで自分の勢力の殆どを失ってしまいました。


そんな行家が頼る先は、甥・頼朝しかありませんでした。
行家が自分の野望のための戦いに、頼朝は異母弟・義円に2000騎をつけて援軍として派遣してくれたのも頼朝のでした。頼朝としては、源氏内部における行家の発言力を牽制する目的がありましたが、行家は知る由もありません。

しかし、その義円も討死した今、頼朝からすれば

「よくも俺の弟を殺しやがったな」

と、逆に行家が抹殺されるかもしれない相手になっています。

ですが、そんな状況であっても助力を頼むあたりが、行家が行家たるところです。
行家の思考回路を一言で説明すれば「目的のためには手段も選ばん」自己中心万歳な思考と言えるでしょう。

頼朝から見れば、行家は叔父(頼朝の父・義朝の異母弟)にあたることもあり、朝廷とは別の「東国の武士政権」を目指す頼朝にとって、同じ源氏一族としては無下にはできません。なので、頼朝は当分の食い扶持として、相模国松田(神奈川県足柄上郡松田町)に住まわせ、衣食住には困らないように面倒を見ました。

これに不満だったのが行家です。

「おれは甥に厄介になりにきたのではない」
「自分の勢力を作れる最初の手助けだけしてくれれば良いのだ(叔父・甥の関係なら当然だろう)」
「おれは京の公家衆ともつながりがある。頼朝が東国に独立政権を作りたいなら俺は利用価値があるはずだ」


という感じに、自らの目的を達成するために、自分勝手な思考をするようになります。

当時の頼朝は、父の仇である平家討伐を一旦押しとどめ、上総氏、千葉氏、三浦氏などの要請で自分を中心とした中央集権的な東国武士政権を打ち立てたいと考えていました。それを理想とする鎌倉武士にとって、頼朝は主上であり、頼朝より上位に位置する行家の存在は、この政権構想上、邪魔でしかなかったのです。

ただ、黙って松田に住んでいれば頼朝も鎌倉武士らに対し、申し訳が立っていたのですが、そうはいかない事件が起きてしまいます。

行家が頼朝に対し「鎌倉武士の一人として相応の所領を賜りたい」という申し出てきたのです。

行家は、東国には頼朝、甲信越・東海には武田信義(甲斐源氏棟梁)がおり、そして北陸には源義仲(木曽義仲)がいる中、これら源氏の力を結集し、頼朝を頂点とする仕組みを早急に作らねばならないと平家は倒せない、と主張していました。

そしてそのために、近江・美濃あたりに自分が勢力を築くことで、琵琶湖より東の源氏の支配下を磐石にできると。

しかし、今は松田に隠棲している身であるため、兵馬を整える財力もない。そのため、一定の収入が見込める領地が欲しいと書かれてありました。

なんという厚かましい考えでしょう。
これに激怒したのが他ならぬ頼朝でした。

「自分勝手に平家と戦をし、俺の弟を死なせて自勢力も失い、食客に落ちぶれているのを叔父・甥の関係で面倒見てやってるのに、今度は兵馬の無心かよ.....」

頼朝の心中はこんな感じだったと思います。

また、行家が何らかの功績を挙げているなら、所領を与えるということも考えられたでしょうが、墨俣川の戦いで勢力が衰微していた近江源氏と美濃源氏、尾張源氏を完全に滅亡に追いやっており、むしろ兵馬の損失を増やしてしまっていました。

頼朝は行家の申し出に対し、御所へ出頭せよという書状を送りました。
行家は自分の申し出が受け入れられたと早合点して揚々と御所に向かいましたが、頼朝の返答は

「叔父上が鎌倉武士の一人として、甥の私の力になりたいと仰せられるなら、それなりの武功を立てていただけないか」

というものでした。
これに驚いた行家でしたが

「今のわしには兵も馬もない。この状態でどうしろと言われるか」

と反論しました。
頼朝もさらに畳み掛けるように

「それは叔父上の勝手でござる。そもそも叔父上は何もないところから、近江源氏や美濃源氏、尾張源氏の勢力を次々と吸収して自分の軍勢とされた。兵も馬もないということであれば、元に戻っただけではございませぬか」

と動じることなくピシャリと言い渡しました。
行家は

「お主は、叔父であるこのわしに援助する気はないというのか」

と敵意をむき出しにした声で言い放つと

「十郎様、お控えなされませ」

と頼朝の脇に控えていた安達景長が口をはさみましたが「藤九郎、良い」と頼朝がそれを制止しました。
頼朝は威儀を正して、行家に対し、両手を床につけながら言いました。

「私は今やこの相模、武蔵、上総、下総(現在の神奈川県、東京都、千葉県)を統率する武士団の棟梁にござる。叔父上は他ならぬ源氏の縁者ではございますが、血縁だけを以て叔父上に支援することは、家人(武士)たちが納得致しませぬ。それゆえ、武功を立ててくだされと申しております。どうかこの頼朝の胸中、お察しくださりませ」

と、行家に対し頭を下げました。
頼朝の言には理が通っていました。それゆえ、行家は二の句が継げませんでした。
頼朝は言いました。

「さりながら、もし、このまま、おとなしく松田に住まわれるなら、生活の面倒は私が見させていただきます。叔父上は私の挙兵のキッカケを作って頂いた大恩あるお方。これぐらいはさせていただかないと......」

「黙れ!ワシはそなたの厄介になりにきたのではない!」

単なる食客扱いされてはさすがの行家も声をあげざるえませんでした。

「頼む、佐殿。わしに2000、いや1000騎で良い。軍勢を与えて美濃に派遣してくれ。必ずや勢力を盛り返し、東国のそなたを守る壁となろう」

「私が叔父上に弟・義円と共に2000騎をつけたのをお忘れですか?」

「うぐ......」

さすがに義円のことを持ち出されては行家も強くは出れませんでした。
頼朝は再び平伏してここぞとばかり言葉を重ねました。

「私の取り計らいがお気にめさぬとあらば、どこへでもお行きくだされ。頼朝、少しもお恨み申しませぬ。もちろん後ろから弓矢を放つようなことも致しませぬ」

とそのまま言上すると、行家はすっと立ち上がって

「佐殿。後悔されるでないぞ」

と言い捨てると御所を後にしました。

行家の足音が遠ざかると、頼朝は下げていた頭を元に戻し

「はてさて、困った叔父御よ」

と苦笑しました。

「しかし、あれで本当に良かったのですか?」

盛長が頼朝を心配して尋ねますが、頼朝は

「ああ。あれで良い。あの叔父御は自分を高く売り込むことに長けておる。あの話術があれば、大概の武士は一口乗ってみようかという野心がもたげてくるわ。ただ、弟を失ったわしにはそれが通じなんだということじゃ」

と吐き捨てるように言いました。

こうして源頼朝と源行家は叔父・甥の関係でありながら、義絶しました。
両者がこの後交わることは、生涯ありませんでした。

行家の次なる狙いは、信濃・北陸方面に勢力を張っている源義仲(木曽義仲)でした。
「目的のためなら一切の手段を選ばない」節操のない行家は、義仲と共同で平家を駆逐し、京を一時的に支配することになるのですが、それはまた後のお話です。

(つづく)
posted by さんたま at 21:23| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(52)-墨俣川の戦い-

西暦1181年(治承五年)4月25日、源行家軍6,000騎は、平重衡率いる頼朝追討軍30,000騎を相手に、墨俣川(現在の長良川/岐阜県大垣市墨俣付近)を挟んで対峙しました。

行家は兵を三隊に分け、闇夜に紛れて渡河を行い、夜間奇襲の作戦を立てますが、第1軍の源義円(頼朝異母弟/義経実兄)が行家の作戦を無視し、勝手に自分の軍を動かして一足先に渡河を行い、平家の陣に上陸してしまいます。

結果、見張りを行っていた平盛綱(清盛の側近・平盛国の次男/左衛門大尉)の隊に見つかり、盛綱によって討たれてしまいました。

一方、行家は第1軍の軍監として付けていた源義康の報告から義円の独断行動に気づき、独断先行をなんとか止めようととペースを速めて義円のいる川の北側に向けて渡河を敢行中でした。

また、第2軍の源重光(尾張源氏)は何も知らずに川の南から渡河を行っていました。

ようやく対岸の丘に上陸した行家は、義円が上陸したであろう川の北側になだれ込もうとしましたが、上陸側の周りの丘の上にはすでに平家の弓兵が立ち並んでおり、こちらに向けて弓矢を構えていました。

「こ、これはどうしたことだ」

闇夜に紛れて渡河を行い、平家に気付かれることはなかったはずと行家は思いました。
しかし周りの弓兵は矢を放ってくる気配はありません。
そこに馬上に乗った一人の武将が現れました。武将は行家を確認すると

「そこにおられるは、源十郎(行家)殿か?」

と尋ねました。行家がそれに答えます。

「いかにも某(それがし)は源十郎でござるが、そなたは何者にござるか?人に物を尋ねる前に御身こそ名乗られよ」

「これは失礼仕った。某(それがし)は、平左衛門尉(盛綱)と申す。この川の物見(見張り)の大将を務める者でござる。訳あって、この川の北側に攻め寄せた前右兵衛佐が弟・源義円殿を討ち取らせて頂いた」

と言いながら、盛綱は討ち取った義円の首の頭髪を掴み、高々と掲げました。

「なんと......」

行家は愕然としました。
頼朝の援軍として遣わされた義円は、頼朝の名代の意味も込められていました。その義円が討ち死にとなれば、頼朝に対して自分の勢力を認めさせるというこの戦いの本来の意味がなくなってしまったのです。

「十郎殿に物申す。まださほど戦の仕方も知らん年若き武者に、戦手練れの大人も付けず、単身で先陣を努めさせるはどういうおつもりか?」

「何?」

「平治の戦(平治の乱)を始め、数々の戦線にて功名を上げし新宮十郎殿にしては、なんともお粗末な作戦じゃのう。これでは討たれた義円殿も冥土で浮かばれまいて」

と盛綱が嘲ると、それに合わせて平家の兵たちが大声で笑い声を上げました。

「おのれ......左衛門尉、無礼なり!」

行家は怒りに任せて太刀を抜き、攻撃開始の命令を下そうとしましたが

「お待ちくだされ!焦ってはなりませぬ」

と源頼元(頼康の従兄弟)が止めました。

「そうじゃ。左衛門尉は我らを挑発しておるに過ぎませぬ」

源頼康もこれに同調します。

「じゃからと言うて、あのような嘲り、我慢ならんわ!」

丘の上の盛綱には、行家、頼元、頼康が諍いを始めたように見えていました。
盛綱はニヤリと笑い

(もう一押しだな......)

と察すると

「やはり熊野の坊主上がりでは、戦働きはできても、一軍の大将は務まらんと見える。これが源氏の器量よな。我らが平家とは格が違うわ!」

と叫ぶと、また平家の軍の中にドッと笑いが出ました。
自分の軍歴だけではなく、自分の出自の侮辱は行家には耐え難い屈辱に他なりませんでした。
体をプルプルと震わせ、頭は脳の血管が切れるかと思うほど紅潮していました。しかし、腕を頼元、頼康に掴まれて下知ができませんが

「ええい、放せ!」

と振りほどき

「かかれ、かかれぃ!こやつらを蹴散らせー!」

と全軍に総攻撃の合図を行いました。行家の本隊3000騎が喚声を上げながら盛綱の陣に突撃してきます。
そして行家も馬の腹を蹴って、敵陣の中に突っ込んでいきます。

「十郎殿!」

頼元と頼康が止めようとしますが、行家は全く聞こうとしません。

「頼康殿!このままでは形勢不利じゃ。元々兵力で差のある戦い、まともにぶつかっては勝ち目はないぞ!」

「全くじゃ!義円殿が討たれた今、ここで十郎殿まで討たれては元も子もないぞ!」

頼元の声に義康も答えます。

「しからば、最悪、十郎殿だけでもこの場から逃さねばならぬ。死なせてはならぬぞ!」
「承知!」

頼元、頼康の二人も行家の後を追って敵陣に向かって駆け入って行きました。

一方で、これを迎え討つ盛綱は

(してやったり......)

とほくそ笑むと、掴んでいた義円の首を自分の兵に渡し、自ら太刀を抜いて頭上に掲げました。

「良いか!敵の武将ではなく、馬を狙え。馬から降ろせばあとはなんとでもなる。放てー!」

と号令をかけました。
平家の弓兵が構えていた矢が無数の針のように行家の3000騎に向かっていきます。

矢は行家軍の馬に次々と命中し、馬から落馬する将兵が次々と出ました。
盛綱は頃合いを見て、弓兵に「撃ち方止め」を合図すると、太刀を右からひだりに持ち替えて

「かかれー!」

と命令を下しました。
それを受けて、見張りの砦でスタンバイしていた盛綱の騎兵が、喚声を上げながら、馬と共に一斉に行家の軍に攻めかかっていきます。

すでに馬をやられた武士は攻めかかってくる平家の騎兵に抗うすべはなく、馬に踏み潰される者、突き飛ばされる者、馬上の武士の刀に斬られる者、形勢は圧倒的に行家に不利でした。
行家軍の武士は統率を欠き、我先に渡河してきた川を再び戻ろうとしていました。

「ええい、何をしておるか!退いてはならぬ、押し出せ!押し出せ!」

行家は平家の騎兵を刀を交えながら、逃げようとしている武士たちを鼓舞しようとしますが、討たれていくのは行家軍の武士ばかり、もうパニック状態になっていました。

(こうなっては......)

行家は平家の騎兵の攻撃を刀で受け止め、またやり過ごしながら、騎兵の中を掻き分け掻き分け、盛綱のところまで一気に駆け上がろうとしました。ここの見張りの大将である盛綱の首を取れば、ここでの形勢を持ち直すことができると考えたのです。

しかし、そうはさせまいと、源頼元、頼康の2人が行家の進路に塞がります。

「何をしてるのだ。そこをどけ!」

「どきませぬ!」
頼元が言いました。

「お前ら、裏切るつもりか?」

「まさか......」
頼康が苦笑します。

「ならば、そこをどけ!」
行家は刀を頼康の首に当てていました。頼康は動じることなく、冷静に言いました。

「恐れながら御大将に申し上げる。退けの合図を」

「何?」

「周りをご覧なされ。十郎殿。もはや我が軍は1000騎と残っておりませぬ」

行家は冷静になって周りを見ました。当初3000あった騎兵は見た感じ半分以下になっているし、馬から降りた武士たちも多くが再開された平家の弓矢に貫かれていました。

「一旦、この場は退かれよ。再び勢力を立て直し、佐殿や武田殿と共に再び戦う日も来よう」

「いやじゃ!ワシはこの戦いに勝利し、自分の手勢を源氏の有力勢力として頼朝に認めてもらうのじゃ。どのみち義円殿を討たれてしもうた以上、わしに未来はないわ!」

「しかし、このままでは御大将の命すら危のうござる。こんな夜襲で命取られて、亡き播磨守(義朝/行家の兄)様がそれでお喜びになるとお思いか?」

「う......」

その時、頼元の首と肩に平家の弓兵からの複数の矢が飛んできて、首と付け根、肩、そして脇腹の3本の矢が突き刺さってしまいました。

「うぐっ!」

頼元は目を見開いて「しまった......」とかすれるような声を出しました。

「頼元殿!」
頼康が駆け寄りますが、頼元は全身を震わせて

「頼康殿、御大将のことは頼んだ...」

と言いながら、平家の弓兵らが構える丘の上に向けて馬を返し、突撃していきました。
平家の弓兵は、自分たちに向かってくる瀕死の頼元に向けて矢を次々と放ったため、行家への攻撃が一瞬、手薄になりました。

この隙に頼康は刀を抜いて、行家の馬の尻に刀を突き刺しました。
途端に行家の馬は前足をあげて驚き嘶き、川の方に駆け出して行きました。

「こ、こら、頼康、何をするか!」

「いいからそのまま川の向こうに逃げなされ!」

義康は行家を川の方に追いやると、再び行家に飛びかかってくる矢を刀でなぎ払いました。
しかしそんなことで平家の弓兵の矢を防ぎきれるわけもなく、やがて頼康も頼元同様に弓矢に倒れます。

義円の第1軍、そして行家の本隊を失った以上、第2軍で墨俣川の南で渡河を行っていた源重光隊単体ではどうにも戦いようもなく、あえなく全滅となりました。

これが「墨俣川の戦い」と呼ばれる戦闘です。
源氏と平家の戦いはまとめて「治承・寿永の乱」と呼ばれており、全体的に源氏が優勢に戦いを進めますが、平家軍が源氏に勝利した数少ない戦いの1つがこれになります。

行家はこれで自勢力の殆どを壊滅させてしまいましたが、そう簡単に滅びるような人間ではありませんでした。

(つづく)
posted by さんたま at 23:53| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする