2016年07月31日

真田丸解体新書(9)「豊臣秀次」という男(中編)

前編の続きになります。
ここからは「羽柴秀次」が「関白・豊臣秀次」になるまでを描いていきます。


1、近江・美濃43万石の大名へ
西暦1585年(天正十三年)8月、秀次は、四国征伐の論功行賞により、近江国内の蒲生・坂田・野洲・浅井・甲賀の5郡20万石の加増を受け、また秀吉より秀次の宿老として付けられた田中吉政、中村一氏、山内一豊、堀尾吉晴、一柳直末の所領23万石を加えた、合計43万石の大名へと出世しました。この時、秀次十七歳。秀次は秀吉の命令で近江国蒲生郡(滋賀県近江八幡市宮内町)に自らの居城・近江八幡山城を築城しています。

秀吉は秀次の宿老筆頭に、秀次が宮部家養子時代の家臣だった田中吉政を置いて、八幡山城内の執政一切を取り仕切るように命じ、残りの四宿老を領内の要所に配しました。

佐和山城主(滋賀県彦根市古沢町):堀尾吉晴
水口岡山城主(滋賀県甲賀市水口町):中村一氏
長浜城主(滋賀県長浜市公園町):山内一豊
美濃大垣城主(岐阜県大垣市郭町):一柳直末

堀尾、中村、山内の三氏は秀吉の古参武将、一柳は秀吉の黄母衣衆の一人です。
いかに秀吉が秀次に目をかけていたかがよくわかる計らいだと思います。
秀次は執政の田中吉政の助言をよく聞き、若いながらも領内の統治では善政を敷いたと伝わっています。


2、豊臣家のNo.3へ
西暦1585年(天正十三年)10月頃、秀次は従四位下・右近衛権少将に叙任され、翌西暦1586年(天正十四年)春、右近衛権中将に昇任。同年9月に秀吉が朝廷から「豊臣」の姓を賜ったことから、11月25日、秀次も豊臣姓を秀吉から下賜され、参議に補任。とんとん拍子に出世していきます。

西暦1587年(天正十五年)九州征伐にて京都留守居役を務め、11月22日に従三位に叙任。権中納言に任官。

西暦1588年(天正十六年)4月14日、聚楽第に後陽成天皇の行幸を迎えて、天皇に忠誠を誓う署判の序列では、秀次は、徳川家康(権大納言)、織田信雄(内大臣)、豊臣秀長(権大納言)についで四番目になっており、この時、名実ともに豊臣家のNo.3に位置していました。
その5日後の4月19日、秀次は従二位に昇叙しています。


3、豊臣家の後継者へ
西暦1590年(天正十八年)、秀吉に嫡男の鶴松が誕生。そして北条氏の惣無事令違反により、小田原征伐が開始。しかし秀長が病気であったために秀次が副将とされ、徳川家康の後見を受けることになります。秀次は山中城(静岡県三島市山中新田)を攻め、見事に落城させ、小田原城包囲戦でも荻窪口を守りきりました。

この戦功により、秀次は尾張ならびに伊勢北部5郡を加増され、近江・美濃の旧領と合わせて合計100万石の大大名となりました。

一方で、西暦1591年(天正十九年)1月22日、病気療養中であった大和大納言・豊臣秀長が死去。これにより、秀次は秀長が務めていた豊臣家の最高執行責任者(COO/No.2)の重責を担うことになります。秀長死去の翌月2月11日、秀次は正二位に叙任したことがその表れだと私は解釈しています

同年3月13日、陸奥国南部信直の家臣・九戸政実が謀反を起こすと、秀吉は秀次に奥州の諸将を率いて「総大将」として乱の鎮圧を命じます。秀次が総大将となったのは、小牧・長久手の戦い以来のことでした。秀次は、徳川家康、浅野長政、蒲生氏郷、伊達政宗ら6万の軍勢を率いて、九戸城を取り囲み、同年9月4日、見事、乱を鎮圧させました。

ところが、この乱の最中の8月5日、秀吉の嫡男・鶴松が死んでしまいます。

同年11月28日、秀次は権大納言に任官。これは秀長と鶴松の死去によって、豊臣家の権威が下がることを恐れた秀吉が取り計らった措置であり、これを以て、秀次が豊臣家のCOOとしてだけでなく、天下人である秀吉の後継者としてのポジションに位置付けられたと私は考えています。

秀次は、権大納言任官の6日後の12月4日、内大臣に転任しているのですが、これもその表れかと。

幾つかの史料によれば、12月20日付で秀吉は秀次に対し、5ヶ条の戒めを送っています。
現代文風に意訳すれば以下のとおりです。

一、武士たるもの、鎧、刀などの武備の心がけに努めなければならない。
一、政治は常に公平でなくてはならない、自分の仲良しだけを周りに置くな。
一、天皇に対し常に奉仕し、また諸大名や家臣に目をかけるのを忘れるな。
一、女性に惑わされるな、また遊びに興じるな。

ここまでは一般的な「おやくそく」ですが、最後の五条目で

「茶道や鷹狩り、女人への扱い方など、ワシの真似をするでない。ただし、茶道は世の慰みごとだから、人を招いて時々茶会を開くなどは構わん。鷹を適度にかわいがるもよし、女も五人でも十人でも屋敷内に囲おうともお前の好きにしろ。ただし、ワシのように家の外に女を囲ったり、鷹狩りや、大々的な茶の湯など、ワシの真似をして極められんなら、するでない」

と苦言を呈しています。これを「秀吉の訓戒」とするのが定説ですが、私は「やるなら達人になれ、ワシのように中途半端をするな」という意味に捉え「そうしないと恥を掻くぞ、精進しろ」という意味ではないかと思っています。

というのも、豊臣氏は朝廷から賜った新しい「氏」であるものの、所詮は新設であり、秀吉は豊臣氏の家格向上に努めていました。秀吉は直参家臣はもとより諸大名にも豊臣の姓を与えていますが、これはその表れだと思います。

秀吉は秀次を後継者として認めたからこそ「自分のような真似はするな」つまり「高貴たれ」と秀次に要求したのではないでしょうか。


4、関白宣下
西暦1591年(天正十九年)12月28日、秀次は関白宣下を受け、関白に就任。同時に豊氏長者(豊臣氏の筆頭)にも就きました。これで名目上、秀次は豊臣家の最高経営責任者(CEO)に就いたわけですが、天下人としての立場は、関白を辞して「太閤」となった秀吉にありました。

秀吉の思惑は、自分が存命のうちに、秀次を一人前の天下人として鍛えることであり、そのために「為政者としてのルール(今でいう帝王学?)」を厳しく教え込まれていました。それが秀次のためであり、豊臣家のためであると信じていたからです。

(つづく)
posted by さんたま at 12:47| Comment(0) | 真田丸解体新書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

真田丸解体新書(9)「豊臣秀次」という男(前編)

今月の「真田丸」では、時の関白・豊臣秀次が切腹して果て、その一族が全員殺害された、いわゆる「秀次事件」が取り上げられました。

もちろん、脚本家三谷幸喜の独特の歴史観・人物観と解釈によって構成されたフィクションではありますが、一見の価値があるように思いました。

この豊臣秀次という人物は、戦国期の大河ドラマでは必ずと言って良いほど登場し、そして貧弱、無能、好色などのイメージで形作られてきた、非常に可哀想な人物観を持たれておりますが、現在までに分かっている秀次像は決してそうとは言えない部分を持っています。

よって、今回は「豊臣秀次」にテーマに前後編でどういう人物だったのかを描いてみたいと思います。

1、豊臣秀次の歴史上の初見
豊臣秀次とは、西暦1568年(永禄十一年)豊臣秀吉の姉・「とも」と、その夫である「弥助」との間の長男として尾張国知多郡大高村(愛知県名古屋市緑区)で生まれました。名前は「治兵衛」。この時は百姓の子として生まれております。

西暦1572年(元亀三年)10月、この頃の秀吉は織田信長の命令で近江浅井氏(信長の義弟・浅井長政)の小谷城を攻めるため、近江国の国人を味方につけるべく動いていました。

その国人の一人、宮部城(滋賀県長浜市宮部町)の城主・宮部継潤を味方につけた際、継潤の身代の安全を保障するための人質となったのが、秀吉の甥である治兵衛でした。

治兵衛は、宮部継潤の養子とされ、通称を宮部次兵衛尉、諱を吉継と改め、「宮部吉継」となります。
しかし養子はあくまでも名目上のことでしたので、近江浅井氏が滅んだ西暦1573年(天正元年)9月以降は、宮部家との養子縁組を解消されていました。


2、三好家へ再度養子に。
当時、足利将軍家(室町幕府)を意のままに操っていた三好三人衆の一族で、阿波国(徳島県)に独自の勢力を持っていた三好康長という武将がいました。西暦1580年(天正八年)、織田家の同盟者で土佐(高知県)の長宗我部氏が阿波に侵攻すると、康長は秀吉に接近してその支援を得て、「四国は長宗我部の切り取り次第」という従来の織田家の外交方針を巧みに変更させました。

この時、康長は秀吉の力を相当当てにしていたようで、秀吉の甥である吉継(秀次)を自身の養子にし、連携を確固たるものにしました。これ以後、吉継は、通称を「孫七郎」諱を「信吉」と改め、「三好信吉」と名乗ります。

西暦1582年(天正十年)9月、康長は織田家の後継者としての地位についた秀吉に従い、根来・紀州攻めに従軍しますが、この後、三好家当主としての活動記録はなくなっているため、翌年西暦1583年(天正十一年)には家督が信吉に譲られたと解釈しています。この頃、河内国北山(大阪府東大阪市)2万石の大名となっているようですが、信吉はまだ十五歳でした。


3、三好から羽柴へ
西暦1583年(天正十一年)、織田家関東方面軍司令長官・滝川一益が越前北ノ庄の柴田勝家(北陸方面軍司令長官)に呼応して挙兵すると、信吉は秀吉の命令により、中村一氏(秀吉の旗本)らと共に2万を率いる大将として出陣して、滝川一族の滝川益重が守る峯城を落城させました。

この後、秀吉は本戦である「賤ヶ岳の戦い」で柴田勝家を破って、織田家の家中統一を成し遂げ、天下人の地位を確立させました。そうなると、信吉は秀吉の数少ない血縁者であり、秀吉が培った地盤を担っていく「次なる世代の筆頭」としてその存在を際立たせることになります。
ですが、信吉は庶家とはいえ三好家の家督継承者であるため、羽柴家を担うことはできず、それが秀吉の頭痛の種でした。

西暦1584年(天正十二年)、秀吉は独断で三好家との養子縁組を解消させ、信吉を秀吉の本姓である羽柴姓に復帰させ「羽柴 信吉」(通称は変わらず孫七郎)と名乗りを改めさせました。この時期、秀吉がほぼ畿内を制圧したため、三好の勢力は四国にわずかしかなく、三好氏と養子縁組をしてまで連携をとる意味合いが少なくなったことが理由と思われます。


4、「小牧・長久手の戦い」での失態
西暦1584年(天正十二年)3月、織田信雄・徳川家康連合軍は秀吉と合戦に及びました(「小牧・長久手の合戦」)。この合戦の最中の4月4日、池田恒興(信長の乳兄弟)森長可(蘭丸の兄/恒興の娘婿)が、本体とは切り離された別働隊として、家康の背後に回り、三河に攻め入って補給路を断つという作戦を秀吉に提案し、信吉はこの別働隊の総大将となりました。

しかし、この動きは近隣の農民から得た情報によって家康に見破られていました。
別働隊の本隊が第四軍の羽柴信吉ということまで把握していた家康は、4月9日、白山林(名古屋市守山区)で休息を取っていた信吉の本隊のみの一点集中で、水野忠重、丹羽氏次、榊原康政、大須賀康高らに奇襲攻撃を命令しました。迎撃体制の整わなかった信吉の第四軍は、徳川家の猛者の猛攻に瞬く間に壊滅してしまったのです。

この戦いは、第一軍を率いていた池田恒興、並びに嫡男の池田元助、第二軍の森長可がなどが戦死しており、秀吉は信長古参時代からの友を失ったこともあって、生き残った信吉への叱責は生半可なものではありませんでした。というのも、この別働隊の総大将は恒興、長可の両将から信吉が請われ、信吉が自分から「総大将にさせてくれ」と秀吉に頼んだものという事情もありました。

秀吉は生き残った信吉に対し「自分の家臣を見殺しにした大馬鹿者」と罵り、「ワシの甥としての覚悟と分別を持つのであれば望み通りどの国でも任せてやろう。だが、今のお前のような(自ら大将になりたいだの)自分勝手な振る舞いをこれからも続けるならば、羽柴一族の恥さらしとしてワシがお前を討つ」と激昂しています。これよりしばらくの間、信吉は冷遇され続けることになります。


5、汚名挽回
翌西暦1585年(天正十三年)2月、秀吉は紀州征伐(第二次)に出陣し、信吉は秀吉弟・秀長と共に副将を任されました。これは秀長による推挙によるものではないかと考えています。

3月21日、千石堀城(大阪府貝塚市橋本)の戦いで、主将としての軍の指揮をとった信吉は、四方から絶え間なく攻撃を仕掛け、多大な犠牲を出しながらも城の脆弱な部分を探し出し、そこに筒井定次率いる伊賀衆の隠密攻撃が大打撃となって見事に城を落城させました。この時、信吉は人はおろか動物に至るまで皆殺しを行っています。

同年6月に始まった四国征伐において、信吉は3万を率いて出陣し、黒田孝高(官兵衛)、宇喜多秀家らと合流した後に、阿波岩倉城(徳島県美馬市脇町田上)を攻めて落城させています。

紀州征伐、四国征伐で軍功を挙げた信吉は、小牧・長久手の戦いでの失点を完全に取り戻し、再び、羽柴家の後継者としてのポジションを固めつつありました。そして同年7月、秀吉より偏諱を受けて「秀次」と改名し、「羽柴 秀次」と名乗ることになるのです。

(つづく)


posted by さんたま at 20:11| Comment(0) | 真田丸解体新書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(41)-源氏、東国に拠点を築く-

西暦1180年(治承4年)8月21日 富士川の戦いの後、賀島(静岡県富士市)から黄瀬川(静岡県沼津市)付近に陣を戻した源頼朝の元に、奥州から「源九郎」なるものが頼朝に面会を求めてるという話を土肥実平が持ってきました。

実平によれば、この者はかつて全成(頼朝の異母弟であり、義経の実兄)が話をしていた「牛若」である可能性が高いといい、それを聞いた頼朝はすぐに連れてくるように命じます。

実平は広間の外に聞こえるように「小四郎殿(義時)!、お連れいたせ!」と声高に叫ぶと、佐々木定綱、北条義時に連れられて、義経がやってきました。
頼朝の居室に入ると、定綱、義時はサッと両脇に控えてそこに座り

「さ、佐殿(頼朝)のお近くへ参られませ」

と義経に頼朝の面前に行くように促しました。
義経は生唾を飲み込むと、一歩一歩ゆっくりと頼朝の面前に近づいていくと

「九郎殿(義経)」

と実平が声をかけたので、その場で座り、頼朝に深々と頭を下げました。

「源九郎にございます。兄上様の挙兵を遠い奥州にて聞き、いてもたってもいられず、罷り越した次第にございまする」

と顔を伏したまま言上した義経に対し、頼朝は「面を上げよ」と命じ、義経は顔上げ、兄弟はまじまじと顔を合わせました。

「そなたが牛若か。全成より話は聞いておる」

「全成.....殿ですか.......?」

義経はキョトンとした顔をすると、実平が「はっはっは」と笑うと

「九郎殿の兄君にござる。そなたはまだ赤子故に覚えてはおられまい。知らぬは当然でござる」

と言葉を続けました。それを聞いていた頼朝も

「ああ、そうであったの。すまんすまん。」
と全成の名前を出したことを後悔するように詫びました。

「この頼朝、そちの合力を嬉しく思うぞ。このことは平泉の御館(奥州藤原氏当主 鎮守府将軍・藤原秀衡)も承知の上のことか?」

「いえ、御館は私の出兵に反対されました。私は己の独断で馳せ参じた次第でございます」

「それではこれまでそなたを養育してくれた御館の恩を仇で返したことになりはしないか?」

「ご心配には及びません。確かに私は平泉を出奔しましたが、御館は兵を与えられぬ代わりに直臣を二人、私につけてくれました。これが御館の私への餞であると思うております」

「なるほど。それがそなたの郎党か。」

「はい。兄上のご命令とあれば、一騎当千の働きをする者どもでござりまする」

義経はそう言いながらまた頭を下げました。
頼朝はなんども頷きながら、座を立って立ち上がると義経の側まで自ら歩み寄り、地につけている義経の手を取って、こう言いました。

「今から100年以上前の話じゃ。我らの先祖に新羅三郎殿(義光)と呼ばれる方がおられてな。この方の兄である八幡太郎殿(義家)が奥州の戦いで苦戦され、京の都に増援を求められたことがあった。しかし都の公家たちはその戦いを私闘(お家騒動)と見做し、八幡太郎殿の増援願いを却下された。」

義経は黙って頷きました。

「その時、新羅三郎殿は都で勤めていた官職を捨て、自分の郎党を引き連れて単身、兄の求めに応じて、八幡太郎殿のいる奥州に駆けつけたのじゃ」

そう言いながら、頼朝は義経の手を握りしめました。

「今、ここにそなたが我が陣に駆けつけてくれたということは、我らが先祖・新羅三郎殿のお導きに相違あるまい!」

「いかにも!」
舅である時政が真っ先にそれに応じました。

「嬉しゅうございまする」
義経はそう言ってまた頭を下げました。

「今はまだ陣中ゆえ何も構いができぬが、我らは明日以降、鎌倉に向けて出立する。そちは我らに同行し共に鎌倉に入れ」

「ありがたきお言葉、忝なく存じまする」

義経は再び手を地に着けて、深々と御礼を申し上げると

「今日は疲れたであろう。下がって休め。」

と頼朝は義経を労わりました。

「小四郎!」
「はっ、ここに」
頼朝の居室の脇に控えていた義時が、頼朝に向き直って一礼しました。

「その方、九郎を陣屋に案内いたせ」

「はっ、承知いたしました。」

義時はまた一礼して

「では九郎殿、こちらに」

と義経を促して退出しました。
義経は改めて頼朝に一礼して座を立っていきました。

「なかなかに頼もしそうな若者にございますな」

時政も満足げに言うと

「舅殿(時政)も知っての通り、ワシは20年前の平治の戦(平治の乱)で多くの兄弟を亡くしました。だからかのう、同じ源氏の一門の参陣はなんとも嬉しく思いましてな」

「九郎殿が我らに参陣したことを諸国に眠っていた源氏が聞けば、次々と佐殿の元に集結するかもしれませぬ。それは後々平氏に対する大きな力になりまする」

「そうあってほしいものじゃ......」

頼朝は満足に頷き、これからの自分の未来に思いを馳せました。

翌朝22日、頼朝は黄瀬川を陣払いし、一路鎌倉に向かいました。その途中、相模国の国府(現在に至るまで場所不明)にて、挙兵後初の論功行賞(賞罰)を行いました。

山木邸襲撃の頃より付き従った、北条時政・義時、岡崎義実、土肥実平、佐々木定綱・経高・盛綱ら佐々木兄弟、加藤光員・景廉、天野遠景らはそれぞれ本領を安堵され、また頼朝再起の力となった上総広常、千葉常胤、三浦義澄、和田義盛、安西景益らも従来通りの領土を安堵しました。

また、このタイミングで佐々木兄弟の義理の祖父である渋谷重国が頼朝に臣従しました。

渋谷重国は、かつて平治の乱(西暦1160年)で敗れて東国に落ち延びようとしてた佐々木秀義(佐々木兄弟の父)を匿った、佐々木兄弟にとっては大恩人でした。

頼朝の挙兵に従った秀義や定綱らは、重国にも自分たちに同心するように伝えますが、重国は平氏の受けた恩を忘れるわけにはいかない大庭景親に従いました。

但し従軍はしても積極的に戦闘には参加していないようで、石橋山の合戦の後、景親から「佐々木兄弟の妻子を捕らえろ」という命令を「お前に言われる筋合いはない」と一喝して拒否したと言われます。

石橋山の合戦で敗れて逃げていた佐々木兄弟は、その途中で京を出奔していた全成と出会い、その全成の身を保護したのも重国でありました。故に重国は全成の命の恩人でもありました。

重国は全成を下野国にて頼朝に対面させるように取りはからった後、孫(佐々木兄弟の異母弟)に当たる佐々木義清を佐々木兄弟の末弟・盛綱の与力として遣わし、自身は鎌倉にて謹慎をしておりました。

重国は石橋山の戦いで大庭景親に味方した平家方の武将ですが、全成の命を助けたこと、また、石橋山の合戦で頼朝の命を救うキッカケとなった飯田家清が重国の息子であったことから、頼朝はその命を助け、重国並びに孫である佐々木義清を自分の麾下に加えたのです。

一方で、相模国の平家方武将の大将であった大庭景親は、すでに捕縛されて上総広常に。そして伊豆国の平家方武将の大将であった伊東祐親も捕らえられて三浦義澄にそれぞれ預けおかれました。

大庭景親の兄である大庭景義は早くから頼朝に仕えており、石橋山の合戦の際に弟とは絶縁しておりました。頼朝が景親は広常に預けたのは、景義に弟を助命する考えがあれば、それを聞き入れようという考えがありました。

しかし景義は
「私は石橋山の戦いの時、三郎(景親)とは縁を切り申した。佐殿の存分になされませ」
とのことでしたので、数日後、相模国固瀬川(神奈川県藤沢市片瀬)で処刑され、晒し首にされました。

一方、伊東祐親とは、頼朝が政子と結婚する前、祐親の娘と恋仲になり男児を儲けたのですが、祐親は平家の目につくことを恐れその男児を殺してしまうという因縁がありました。また舅・北条時政にとっては亡き嫡男・宗時の仇でありました。

頼朝は世情が収まったらいずれ処刑しようと思い、前述の通り三浦義澄に預けましたが、義澄は祐親の娘を嫁にしていたため、なんとかして祐親の命を助けようと試みることになりますが、それはもう暫く後の話です。

これらの仕置により、上総、下総、武蔵、相模、伊豆(千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県、静岡県の一部)から平家方の勢力がほぼ駆逐されました。

その結果、前述の渋谷重国だけでなく、かつて敵だった畠山重忠、河越重頼、江戸重長などを含めた秩父平氏が皆、頼朝の麾下に加わり、さらには石橋山の戦いで頼朝の命を実質的に救った梶原景時も頼朝に仕えることになります。

ここに源氏は、頼朝の上記5か国と、甲斐源氏棟梁・武田信義の信濃、甲斐、駿河、遠江の4か国合わせて、東国9か国を基盤とすることに成功しました。のちに初の東国政権である鎌倉幕府の最初の拠点がここにできたのです。

(つづく)
posted by さんたま at 15:03| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする