2015年08月22日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(9)-右兵衛佐頼朝-

西暦1180年(治承四年)4月27日、諸国巡礼の山伏の格好をした男が、伊豆国蛭ヶ小島のとある屋敷を訪れました。

この屋敷は、21年前の西暦1159年(平治元年)12月に起きた、後白河院(当時)と二条天皇(当時)の戦い(歴平治の乱)の中で賊軍とされた源氏の大将・源義朝の遺児、右兵衛佐頼朝(うひょうのすけ よりとも)が流人として生活していた屋敷でした。

山伏は屋敷の門前において
「某は八条院様に仕え蔵人の仕事をしております源行家と申す者にござる。訳あって前の右兵衛佐殿(頼朝)にお取り次ぎ頂きたい」
と来訪の主旨を家人に伝えました。

家人はその主旨を頼朝の妻である政子(伊豆国の豪族、北条時政の娘)に伝えると、政子は粗相のないように奥へお通しするように家人に命じ、自らは頼朝のいる書院に向かいました。

「八条院の蔵人?」
書院で書き物をしていた頼朝が、側近・安達盛長から話を聞かされた第一声はそれでした。

この安達盛長は、通称、藤九郎といい、頼朝の乳母であった比企尼(ひきのあま)の長女・丹後内侍(たんごのないじ)を妻としている関係から、頼朝が伊豆へ配流になった際に、比企尼の命令で付き人として共に伊豆国に下った第一の側近です。妻・丹後内侍が宮中に務めていた為、京都政界における情報は、盛長のラインで頼朝に伝わっていました。

「御方様(政子)によれば源の姓を名乗っておられたとのこと。八条院のお名前を出された以上、追い返すわけにもいかず、奥へお通しになられております」
と、盛長がかしこまって申し上げつつ、

「佐殿(すけどの)のご一門ではございませんのか?」
と尋ねると、頼朝は「いやいや」と笑顔を作りながら
「その可能性がないわけではない。我が祖父・為義はもちろん、父義朝もあっちこっちに子を成しておられたからな」
頼朝は苦笑しながら答えました。

「ただ、朝敵となった源氏一門の者がだよ。御上(天皇家)に近い八条院様に仕えられるとは思えんのだ」
頼朝は会うべきか会わないべきか、しばし考え込んでいました。

「であれば、念のため、舅殿(政子の父、北条時政)にご一報差し上げておきましょうか。」
と盛長が言上すると

「藤九郎、それはどういう意味だ?」
と頼朝が盛長に尋ねました。

「我らに隠し事はないという意味です。後々、痛くもない腹を探られてはたまりませんからな。」
今度は盛長が苦笑しながら答えました。

北条氏は桓武平氏を祖先に持ち、伊豆国田方郡北条荘(現在の静岡県伊豆の国市)を拠点とする平家とは昵懇の豪族です。同じく伊豆国田方郡伊東荘(現在の静岡県伊東市)を領する伊東氏と共に、平家から頼朝の監視を命じられていました。

伊東氏当主・伊東祐親は、娘八重姫と頼朝との間に出来た子供を、平家の追究を恐れて殺しました。北条氏当主・北条時政も頼朝と政子との恋愛関係を断じて認めませんでしたが、最終的に根負けして、平家追究のリスクを背負った上で結婚を認めたという経緯があります。

「お主、まだ舅殿が我らの監視役だと思うているのか」
盛長の懸念を笑いながら吹き飛ばした頼朝ではありましたが、
「しかし、それが流人としてのこの地の生き方であったな......」
と盛長の気遣いに礼を言うと「お主に任せる」と言い残し、着替えをするため自室に向かいました。


「お待たせ致しました」
行家が通された奥の間に頼朝と盛長が姿を現したのは、行家が屋敷を訪れてから四半刻後でした。
行家は下座に座して平伏して頼朝を迎えていましたが

「恐れながら、八条院蔵人の職にある御方を下座にはおけませぬ。どうぞ上座にお移りあらんことを」

と頼朝が控えて、行家を上座に座るように促すと、行家はさらに一礼して上座に移りました。
行家が上座に座ったのを見届けると、下座に頼朝が座り

「前の右兵衛佐、源頼朝にございまする」
と平伏しました。

「八条院の蔵人、源行家にござる」
と行家も平伏し、
「某は源為義の子にして、佐殿の御父上義朝殿は腹違いの兄にあたります。従いまして某は、佐殿の叔父に当たり申す」
と言葉を続けると、頼朝も思うところがあったのか、

「もしや、鳥居禅尼様の弟御にあたる新宮十郎殿では......」
と恐る恐る尋ねると、

「おお!禅尼をご存知でおられたか。禅尼は某の姉になり申す」
と行家も満面の笑みで答えました。

「なるほど....... そうでございましたか。私の側に控えておりますこの安達藤九郎の縁者が都におりまして、父義朝の血族の情報を集めさせていたところ、鳥居禅尼様の存在を知った次第でした。」
と頼朝も納得がいった風で頷きながらも、目は決して笑ってはいませんでした。

「それで」
と話の流れを遮り

「わざわざ流人の某に、八条院の蔵人職の方が、こんな伊豆まで何用にございましょうか?」
と話の核心に切り出しました。行家もそれまでの笑みを一瞬にして消し、険しい顔になりました。

「お伺いしたのは、八条院の儀にあらず」
行家は懐より、一通の書状を取り出して表を頼朝に見せ、
「これは令旨にござる」
と宣言しました。

頼朝は床に手をつき、深く平伏一礼しました。
行家は令旨の表紙を外し、その内容を読み上げます。

それは、東海、東山、北陸三道、つまり東国の源氏およびその他の武門に連なる者に宛てたもので、最勝親王の勅命をもって、前の伊豆守である源仲綱(源頼政)がその内容を広く伝えるという形式を取っていました。

内容は、
@治承三年の清盛によるクーデター(治承三年の政変)が朝廷を無視した武力による軍事制圧であったこと。
Aその影響は寺社にもおよび、平家によってこの国の政治全般が奪われていること。
Bそして臣民がこれを嘆いていること。


これを挙げた上で、最勝親王は天武天皇の例(壬申の乱)にならい、皇室を私物化している平家を追討し、聖徳太子の例に学んで、仏法を破滅する奴らを討滅することを決心したというものでした。

よって、すべての源氏、藤原氏をはじめ、勇者と思う者すべては、力を集めて最勝王の平家追討に力を貸せというもので、もし追討に同意しない者は、平家の同類とみなし逆賊とすること。一方で勲功をあげた者は、最勝王が即位後、後日必ず望みどおりの賞を取らせると述べられていました。


行家は令旨を一通り読み上げると、再び表紙に包み直して、頼朝に差し出しました。
頼朝はさらに頭を垂れて深く一礼するも、令旨には一切手をつけようとしませんでした。

「佐殿?」

行家が訝しんで声をかけると、頼朝は頭を垂れたまま、肩を震わせ、目から大粒の涙をダラダラと流していたのです。さすがの行家もその姿にギョッとなってしまいました。

(つづく)
posted by さんたま at 15:21| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(8)-以仁王の令旨-

後白河法皇の第三皇子である以仁王(もちひとおう)は、源頼政との会談で大きなヒントを得ました。都の武家はほぼ平家で占められていましたが、武家は都の外にもいること、そして都の外にいる武家は平家以外のものが多いことを知り、王の中の反平家の野望は沸々と湧き上がっていきました。

しかし、王には、全国に散らばる武家へその思いを伝える術がありませんでした。そこで、自身の養母である八条院ワ子内親王に相談することにしました。八条院ワ子は、日本全国に二百か所以上の広大な荘園を支配し、その財力と権力は天皇家も無視できないほど強大な存在となっており、その権力をもって良いアイデアがないかを頼ったのです。

ただし、王の考えをそのままワ子に伝えたところで、諌められてるか、下手すると平家に密告されて終わりの可能性もなくはありません。そこで、王は「日本国内に散らばっている諸国の武士に、御上(天皇家)の意向をすみずみまで行き渡らせるため、某の思いを託せる家人を一人お借りできないか」という神妙な願いの切り出し方をしました。

ワ子は「なにゆえそのような」と訝しみましたが、以仁王の弟(高倉上皇)が「治天の君」であることから、御上を思う気持ちの発露は殊勝なことでもあり、特に反対する理由がありませんでした。ただ、ワ子も万が一のことも考え、自らの家人を使うことはせず、八条院に馴染みのある熊野新宮別当に相談をし、熊野の食客の中から、武術の心得のある者を一人選び出させました。

その選び出された男が、新宮十郎義盛(しんぐうじゅうろうよしもり)という男でした。
父親はかつて保元の乱で敗れた源為義(清和源氏の棟梁で源義朝の父)の子で、平家の追っ手を逃れるため、名を変えて熊野新宮の食客(居候)となっていた男でした。

ワ子は、この新宮十郎という男に八条院領の蔵人の官職と巡察使の権限を与えると、新宮姓を本姓の源氏に戻させて「源行家(みなもとのゆきいえ)」と改名させました。八条院領は天皇家の領地であり、その蔵人の職は誰に憚られることなく、自由に諸国を巡ることができたからです。

また、新宮の姓は熊野新宮別当職に連なるため、その名をもって諸国を歩かせるのは危険であることと、万が一面倒なことになった場合、源氏の一族であれば、自身に火の粉が降りかかることはないはずというワ子ならではの計算でした。

ワ子は行家を紹介して以仁王に引きあわせると「あとはよしなに」とだけ伝えて、すぐに座を立っていきました。
行家は王の目前でただ平伏しているだけでしたが、王が座を立って行家の目の前で座り直すと。

「聞くところによると、そなたは去る保元の戦で父を亡くしたしたそうじゃな」
と語りかけました。

「仰せの通りにござる」

「それ以来、熊野におったのか」

「平治の戦の後、平家の手による源氏の残党狩りが続きましたゆえ、姓を変えてこれまで熊野別当殿のお慈悲で生かされておりました」

行家は平伏したまま、王の質問に答えていました。
王は座を立って、自らが座るべき場所に戻ると「面をあげよ」と行家に言いました。
行家はおそるおそる顔を上げました。

「その方、平治の戦の後、同族の者がどこに散ったのかおよその検討はついておるか?」
以仁王が質問を続けます。

「はっ。まずは信濃の木曽冠者殿。駿河の蒲冠者殿。そして伊豆の右兵衞佐殿.......」
行家はやや目を伏せがちに遠慮しながら答えました。

「なるほどのう。他に勢力を張っている武家はどれほどおるか?」

「私が存じ上げるのは、奥州平泉の藤原、下総の千葉、相模の伊東、あたりかと」

「ほう。そんなにいるのか.......」
以仁王はやや驚いた感じで感嘆の声を上げました。

「おそれながら」
行家は床に手をついて、目を伏せながら言いました。

「王はそれがしに何をせよと仰せられますのでしょうか?」
これを聞いた王は「あっはっはっは!」と大声で笑いながら、

「これはすまぬ。まだ用向きを話しておらなんだな。許せ」
と笑いながら言いました。
王はひとしきり笑った後、真顔に戻り、行家の顔をじっと見つめました。
行家もごくりと生唾を飲み込みました。

「良いか蔵人。そなたはこれより我が書状を携え、全国に散ったそなたの同族の源氏と、有力な武家勢力に我が思いを届けてもらいたい」

「ははっ」

「これは御上の御心を安んじるがための大事な役割である。決して軽輩者にはできぬことと心得よ!」

「ははっ!」
行家はまた頭を地につけて平伏しました。
以仁王はそれを見て満足げにうなづいていました。そして

「これがその書状の写しである」

と行家に渡しました。
行家はその書状を仰々しく受け取り、中身を拝読すると怪訝な顔をしました。
そのサインを見逃す以仁王でもありませんでした。

「いかがした?」
以仁王は行家に遠慮はいらぬから、思う所をありていに申せと促しました。

「おそれながら」
行家は書状を元に戻しながら、居住まいを正して言上しました。

「かような書状を日本各地の武家にお届けしたところで、全くの無駄にございまする」

「なにぃ!」
以仁王はスッと立ち上がって、行家の目の前まで歩き、ドカッと座りました。

「私の思いが通ずることはないと申すのか?」

「滅相もない。王のお考えはよくわかります」
要領を得ない行家の回答に、以仁王の方がイライラし始めました。

「では、何故じゃ?」

返答次第ではただでは済まさぬ、と言わんばかりの眼力で行家を射抜いているかのようでした。
行家はそれに動じることなく

「これは王が地方武士に宛てた、ただのご機嫌うかがいのお手紙にすぎませぬ」
とだけ答えました。

「へ?」
拍子抜けしたのは王でした。
ぶっちゃけ、行家の言ってることがよくわからなかったのです。

「王は畏れ多くも御上に連なる天皇家の一族であらせられます。その王が、地方の武家程度に『何かあったら味方してね(はあと♪)』的な単なるお手紙をお出しになるとは、情けない限りに存じます!」

行家の言っていることはあながち間違いではありませんでした。この書状は以仁王が現在の院や天皇家を憂う内容で、都に一度変事あれば、上洛して助力を賜りたいという控えめなもので、まさに「ご機嫌伺い」というレベルのものだったのです。

「ではどうしろというのじゃ」
以仁王が吐き捨てるようにいうと

「勅命としてお出しすべきです」
と行家は即座に答えました。
行家は院宣や宣旨のように、院や天皇家の名において、地方武士に命令を下す書状をだすべきだと言ってるのです。

「あのなぁ、蔵人よ。私は王であって親王ではない。従ってミカドのように、宣旨等の文書を出せる立場にないのだ」
王が吐き捨てるようにつぶやくと、

「そんな中途半端な気持ちで何ができますでしょうか?」
と行家が答えます。

「王の心底に沸き起こる思い、この行家、先ほどの書状を一読して、わかった上で申しております。その思いがゆるぎなきものであれば、自らの書状にできる限りの正当性を高めて、全国の地方武士の旗印となられるべきかと存じます!」

行家はまたしても手と頭を地につけた状態で平伏しました。

「ゆるぎなき信念か。。。なるほどのう」

王はため息をつきながら、振り返って行家に背を向けました。
王は、ここに至るまで、日本各地の武士の心を一つにし、いざ変事あればその心の力をもって、御上を守ることを第一に考えていました。しかし、自らが親王ですらない、皇族としての身分は下位に甘んじている現状、自身の書状で武家がどれだけ動くのか、動かせる力があるのか、それを行家に直球でぶつけられたのでした。

(私の信念がゆるぎないものかそうでないかは、結果が証明するだろう)

そう思った王は、再び行家に向き直り、
「蔵人よ。そなたの言い分、もっともである。しからば、今一度、お主のその知恵を貸せ」
「この蔵人の知恵でよろしければ、喜んでお貸し致しまする!」

こうして、世に言う「以仁王の令旨」が生まれることになるのです。

(つづく)
ラベル:鎌倉 源平 京都
posted by さんたま at 00:52| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(7)-頼政の策略-

後白河法皇の第三皇子である以仁王(もちひとおう)は、ある日、養母である八条院ワ子(後白河法皇の異母妹)の伝手を借り、源頼政(みなもとのよりまさ)を自らの屋敷に呼び寄せました。人づてに頼政の出家を聞いた王は、長年にわたる大内守護の労をねぎらうと共に、頼政の出家になんらかの意趣が含まれているのではないかと考えたのです。

しかし冷静な頼政は「某も齢七十を越え、諸処、思うところありまして…」としか答えません。
王はアテが外れたとばかりに気落ちして

「なんぞ入道相国(清盛)への意趣返しかと思ったが…」

とポロッとこぼしてしまい、「しまった」と狼狽しました。
そして、頼政はそれを聞き逃しませんでした。

頼政自身、以仁王の不遇な境遇は知っているものの、自ら平家に近い身であるが故に一定の距離感を取っていました。しかし、今の頼政は家督を嫡男仲綱に譲った隠居出家の身であり、平氏政権から距離を置くに連れて、自らの一門と源氏一族の将来を憂い、さらには朝廷全体において平家一門の一人勝ち勢力は極めて不条理であると考えるようになっていました。
ゆえに、今の以仁王の一言は、王が反平家への意思を持っていることを頼政が窺い知るのに十分でした。

(これは、利用できるかもしれん......)

頼政の頭の中に黒き野望が沸々と滾り始めていました。
一方で以仁王は「わざわざ呼びつけて悪かったな。長年の御苦労大義であった」とだけ上の空で言うと、座を立とうとしました。その時、頼政は意を決して「恐れながら」と言葉を発します。

「んー?」
以仁王は「まだ何かあるのか」と言わんばかりの怪訝な目を頼政に向けました。頼政は手を床に着けて平伏したまま、言葉を続けます。

「恐れながら、王は何やらご心痛のご様子。しかもその原因は入道殿にあるとお見受けしましたが」
と申し上げると

「そういうわけではないがの。上皇の兄にあたる我が身が未だに親王宣下も賜われぬ状況は、平家の覚えがよろしくないからに相違あるまい。我が母は平家の出ではないからな」
と王が吐き捨てるように答え、そのまま歩き出そうとしますが、頼政が言葉を続けます。

「それであれば、平家一門の娘を女御にお迎えなされませ。そうですな、入道殿の御嫡男、内府(宗盛)殿のご息女とかいかがでございましょう。なんならこの三位が宜しく取り計らっても......」
と頼政が言上しようとすると

「黙れ!源三位!」
と王が遮りました。

「今更平家に取り入ってなんとする......そのようなことができるなら当の昔にやっておるわ!」
王は右手に持つ笏をブルブル震わせながら、頼政を怒鳴りつけました。

(これは......やはり)

頼政は以仁王の中にある反平家の思いをしっかり確認しました。
「これは......申し訳ございません」
と平伏して暴言を詫びる頼政ですが、「さりながら」と言葉を続けます。

「今の世の中、確かに平家の振る舞いは意気盛んであります。しかし気落ちなさることはありません。世の中の武士のすべてが平家ではありません。日本各地にはまだまだ力を持っている武士団がたくさんございます。平家がもし天に唾する行いをすれば、その者たちが平家に対し対抗する勢力となるやもしれません」


頼政は平伏しながら一通り言うだけ言うと、以仁王が頼政の真ん前に座り込み、「その勢力とは?」と尋ねました。

頼政は
「まずは園城寺や興福寺と言った寺社勢力でしょうな。彼らは法皇様の院政停止を快く思っておりません。また、我が源氏の一族は、去る平治の戦で諸国に散っており、力を蓄えております。さらに先の清盛殿の独裁政治で領主としての地位を失ったものが数多くおり、これも束になれば平家に対する勢力になりましょう」

以仁王の目にキラッと一筋の光が宿りました。
それを見た頼政は「よし」と思いましたが

「私めがこれを王に申し上げたのは、平家だけが武士ではないということでございます。武士の力は日本全国に散っております。王が本当に御上(天皇家)の御為のことをお考えあるのであれば、王の激に呼応する者は都の中ではなく、都の外におりましょう。決して都の武力だけでお考えになりませぬよう…かつ、お力をお落としになりませぬよう。」

とあくまでも王を慰めるための言葉であることに含みを持たせつつ、深く頭を下げました。

頼政が屋敷を辞した後、以仁王は自室に籠ってある思索に耽りました。
王は、平家の力の及ばない武士の勢力が都の外にあったことに初めて気づいたのです。問題はその力をいかにして結集するか。そのヒントも王は先の頼政の言葉の中に見つけていました。

「あとは、私の思いをいかにして諸国の武士に届けるか......」

ついに以仁王はある決断を下します。

(つづく)
ラベル:鎌倉 源平 京都
posted by さんたま at 18:47| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。