2015年07月12日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(3)-後白河法皇の反撃-

西暦 1179年(治承三年)6月17日、先の関白・近衛(藤原)基実の未亡人で、夫の死後、近衛家の家長を務めていた平盛子(清盛の娘)が病で亡くなりました。

当時の藤原摂関家は、西暦1156年(保元元年)7月に起きた後白河天皇(当時)とその兄である崇徳上皇(当時)の戦い(保元の乱)により、その勢力を激減させていました。この時、平家の棟梁である平清盛は摂関家を自分の味方にすべく、西暦 1164年(長寛二年)4月、自分の娘でわずか九歳の盛子を、時の関白であり、摂関家の筆頭である近衛家当主・近衛基実(二十二歳)に輿入れさせました。

これは摂関家の武力を平家がバックアップするという証と共に、平家が摂関家を取り込む計画でした。

しかし、基実はその二年後の西暦1166年(永万二年)に死去。盛子はたった十一歳で未亡人となってしまいます。基実の跡取りである近衛基通はまだ元服もしていない七歳の子供で官位も持たず、とても摂関家の家督を継げる状態ではありませんでした。

一方で、清盛としてもここで摂関家の縁を断たれると、摂関家を取り込む自らの野望が水の泡になってしまいます。清盛はこの時、自らの野望を継続させるべく、摂関家の家人と連携し、基通が成人するまでの間、弟である松殿基房を中継ぎとし、遺領は未亡人である盛子が継ぐように調整したのです。

その盛子が亡くなって、またしても清盛は計画を変更せざるえなくなりました。清盛は亡き基実の息子である基通に摂関家の家督を継がせ、広大なる近衛家の領地の管理を引き続き平家が独占することで、権勢の保持を企んでいました。

しかし、この時点での基通の官位は「正三位 右近衛中将」(内裏東側の警備副隊長)。参議でもない基通が、「従一位 関白」で藤原氏の氏長者(一族筆頭)に君臨する松殿基房に対抗できるはずもなく、このままでは盛子の遺領はすべて基房のものになってしまうのは必定でした。

考えに考えた清盛は、亡き盛子が高倉天皇の准母(母親のようなもの)であったことに目を付け、後白河院の院庁別当(後白河院の最高執行責任者)である中山忠能あてに、

「盛子亡き後の近衛家の領地は、ぜーんぶは天皇の領地とするように、法皇様にお願いしてね♪」

と願い出ました。
近衛家の領地を天皇家の領地にすることで誰も手出しができぬようにし、基通が関白・藤氏長者になるまでの時間稼ぎ的な対応でした。

この時代、天皇家の所領の管理はすべて院庁が行っておりました。それは院が天皇家の後見役として存在意義を持ち、かつ院こそが天皇家の家長であったからです。よって、清盛が中山忠能宛にこのような願いをするのは当然の成り行きでした。

法皇は、かつて先の関白・近衛基実が亡くなった際、夫の遺領を盛子に継がせることを承認したことから、清盛からの申し出も別段問題はないかと思って「良きに計らえ」とするところ、中継ぎの関白となっていた松殿基房(近衛基実の弟、盛子の義弟)「藤原家の氏長者である自分こそが、近衛家の領地相続権を持っている」と法皇に訴えてきました。

「そない言うたかて……」

法皇は、盛子が高倉天皇の准母であったという清盛の言い分には道理が通っていると思いました。一方で基房は基通が成人するまでの中継ぎで今の関白の地位にあるので、基房の訴えを退けようと思いましたが、基房が藤氏長者(藤原摂関家のトップ)の地位にあるのもまた事実であり、正直、困惑してしまいました。

「待てよ......」

法皇はここで気づきました。天皇家の領地は法皇である自分(院庁)が差配できることを。ということは......

「ここで一矢、報いてみるか……清盛がどうでるか」

と法皇はほくそ笑みました。

法皇は、盛子の遺領(近衛家の領地)を清盛の言う通り天皇家のものに組み込むと、後白河院の近臣に命じて、これを後白河院の管理下に起きました。一旦天皇家の領地としたからには、これをどう差配するのかは、天皇家の家長としての院に権限があり、その結果、近衛家の領地の管理を後白河院が行うと宣言したのです。

これは「鹿ヶ谷の陰謀」「言仁親王立太子」などで清盛に煮湯を飲まされた法皇の意趣返しでした。

「これでどう出る、清盛?」

しかし、法皇の思惑は外れました。
この件に関して、清盛は特に何の行動も起こしませんでした。ただ、じっと静観を決め込んでいたわけではなりません。清盛も法皇の真意を、その肚を探っていたのです。

(つづく)
ラベル:京都 鎌倉 源平
posted by さんたま at 23:11| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。