2018年01月23日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(84)-後白河院政・三度目の復活-

西暦1184年(寿永三年)1月20日、朝廷・院を制圧し、京都を実効支配していた源義仲は、鎌倉より派遣された源範頼・義経軍約五万五千兵と宇治川付近で戦闘になり、大敗しました。

義仲自身は京都を脱出し、北陸に向かう途中、近江国粟津(滋賀県大津市)で腹心の今井兼平と合流しましたが、甲斐源氏・一条忠頼の手の者に見つかり、あえなく討ち死となりました。

今井兼平は義仲の死を見届けると自害して果て、そしてその翌日、河内国に別部隊を率いていた樋口兼光が京都に戻ってきて、京都市内で戦闘になり、捕縛されています。
これにて義仲の勢力は京都から完全に一掃されました。

義仲に幽閉されて院政を停止されていた後白河法皇は、範頼・義経軍によって救出され、義仲が討たれたことを知るや、即座に院政の復活を宣言し、21日には公卿義定(会議)を開催しています。

この義定での議題は大きく3つあったようで

1、平氏の手にある三種の神器は今後どうするのか、
また、追討を送るだけでなく公家の者を副使としてつけるべきか

2、今回の頼朝の行賞をどう考えるのか

3、頼朝の上洛を求めるのかどうか


まず三種の神器の件については「宝剣・神鏡の安全を考えると武力追討はせず、使者を送って説き伏せる方策が良い」という意見がありましたが、後白河院の近臣である藤原親信(参議)、そして義仲のクーデターによって解官された元・院近臣である藤原朝方平親宗(平時忠の異母弟)らが強い平家討伐を主張し、これを「法皇の本心」と会議で述べたため、対平家への本格的な武力討伐に向けて舵が切られ始めました。

これについて、右大臣・九条兼実は「玉葉」で

「小者が法皇様に近づき、ロクでもなことを吹き込むから国家が乱れる。本当に国を思って言ってるのか、あいつらは」

と散々にこき下ろしています。

しかし、この時期の平家は西国で兵の募集に成功し、また水島の戦いで義仲を、室山の戦いで源行家を敗ったことから、士気も勢いも盛んで、その勢力は京都近くの播磨国(兵庫県)にまで迫っていました。

院や朝廷は、このまま平家が京都に乗り込まれることは何としても避けねばならない上、平家が京都に入れば再び院政が停止されるのは間違いなく「武力征伐あるべし」という意見は、決して間違ったものではないと考えられます。

また、法皇は義仲の意向によって後鳥羽天皇の摂政に就任していた松殿師家(元関白・松殿基房の嫡男)を22日に解任し、同日付けで近衛家当主・近衛基通が摂政に復帰。同時に藤氏長者の宣下を受けています。

これ以降、松殿師家が歴史の表舞台に出てくることはありません。

また松殿家もこれ以後、五摂家に準じる家格でありながら、歴史の表舞台に登場することはありませんでした。
なんとも悲しい話です。

同月26日、源義仲、今井兼平、根井行親、楯親忠の首と、捕らえられた樋口兼光の身柄が鎌倉軍の源義経から京都の検非違使(京都県警本部長)である藤原光雅に引き渡され、七条河原に晒されました。

同月27日、源範頼、源義経、安田義定(甲斐源氏)、一条忠頼等の飛脚が鎌倉に届きました。その内容は義仲との戦いの内容を報告する書状でした。京都を発した日数から逆算すると、この時代の飛脚は京都から鎌倉まで約六日かかってたわけですね。

頼朝は大倉御所の書院でその書状に目を通すと

「範頼と義経は見事、役目を果たしたようじゃ」

と言いながら書状を側近の安達盛長に手渡しました。

「それは祝着。では、木曽殿は」

言いながら書状に目を通そうとする盛長ですが

「うむ。近江国粟津の松原の近くで討ち死にとある」

と答え、頼朝は別の書状を開きました。

「一時は院も朝廷も支配した御方が、なんとも寂しい死に方でございますな」

「支配した者だからかもしれん」

「は?」

「わしは思うのじゃ。この世には侵して良い領域と侵してならぬ領域がある。その侵してはならぬ領域に踏み込んだ時、天はその者を罰するのじゃと。朝廷を手中に収めるのはともかく、院を武力で制圧することなど狂気の沙汰よ。かの相国入道(清盛)と同じではないか。それゆえ、平家は京都を追われた。」

と言いながら、頼朝はまた別の書状を開きました。

「では、殿は木曽殿の死は天罰とお考えで」

「木曾冠者が京都から平家を追い払った時は数万騎の味方がいた。それはその時の情勢が木曾冠者を求めたからじゃ。しかし、届いた飛脚の書状を見る限り、此度の戦で木曾勢力は千にも満たない勢力だったという。多少誇張はあるとしても万ではなかったろう。それは与力をしていた武士どもが木曾冠者を見限ったからじゃ。これぞ天の配剤ではなかろうか」

「なるほど」
盛長は頼朝の分析にうなづきながら、頼朝が読み終えた書状を片付けていました

「それにしても.....どいつもこいつも端的な報告しかよこして来ぬ。わしが知りたいのは勝ち負けの結果だけではないのだ」

頼朝は最後の書状を呆れたように放り投げると、深いため息をつきました。

「御免」

その時、侍所別当(長官)・和田義盛が御所に入ってきて、一通の書状を頼朝に差し出しました。

「先ほど新たな飛脚が到着しました。梶原平三(景時)の書状にござります」

侍所所司・梶原景時はこの時、範頼軍の軍監として従軍しておりました。なお、嫡男・景季は義経軍に加わり、御所の法皇をお助けするのに功をあげております。

「何、平三の?」

頼朝は義盛に手を向けると、義盛は膝まづいて、書状を頼朝に掲げました。

そこで頼朝は、目を見張らんばかりの文章を目にしたのでした。

範頼、義経、忠頼の書状は、端的に戦の勝ち負けや自分がどれだけの功績があったのかなど、手柄の自己自慢に近いものがありました。

しかし、この時の景時の書状は、戦前の軍議の内容、本体、別働隊の兵力とそれぞれの主な武将の配置、そしてそれぞれの軍功などが非常に細やかに記されており、義仲最期の状況や、一条忠頼の郎党が義仲を仕留めたなどが克明に記されていたのです。

「これは......」

そう言ったまま頼朝は二の句が告げませんでした。
それぐらい見事な詳細な報告書だったのです。

「殿、いかがされました」

義盛が頼朝の様子を訝しむと、頼朝はニヤリと笑い

「小太郎(義盛)。あの者を侍所の所司にしたのは間違いではなかったな。」

と言って書状を義盛に返し、座所に戻って行きました。

「これほど細やかな書状をわしは見たことがない。ようやくわしの知りたい内容の報告書が届いたぞ。それにしても我が一族の報告能力の乏しさときたら、なんとも悲しいことじゃ」

と、また深いため息をつきました。

それから数日後の、西暦1184年(寿永四年)1月29日、後白河法皇は鎌倉殿名代である範頼、義経両名に平家追討の院宣を下します。ついに鎌倉軍が西国に向けて動き出すことになるのです。

(つづく)
posted by さんたま at 17:06| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(83)-義仲最期の戦い-

西暦1184年(寿永三年)1月20日、鎌倉軍は総大将・源範頼率いる本体三万五千騎が、勢多の唐橋(滋賀県大津市)今井兼平率いる五百騎と戦闘に入り、その間に源義経率いる別働隊二万五千騎が宇治に周り、源義広(志田三郎先生)・根井行親・楯親忠率いる300騎と戦闘に入りました。

しかし、根井行親・楯親忠の二人は義経軍に討ち取られ、源義広は逃走して行方知れずとなっていました。
また、今井兼平の軍勢も範頼の軍勢を押しとどめることはできず、陣を破られて散り散りになっていました。

京都に入った範頼・義経軍は、六条の仙洞御所に幽閉されていた後白河法皇を救出し、院庁を義仲の手から奪い返しました。

この後、範頼は自身の率いていた約三万騎は京都市外に駐屯させたため、義経軍が主体となって御所の警護に当たりました。これは、一度に五万を超える兵が京都市中に入れば、京都の食糧事情を一変させかねない恐れがあったためと言われています。

一方、義仲勢は山科(京都市山科区)から大津(滋賀県大津市)を抜けて瀬田を目指していました。瀬田を越えれば一路北陸への道が開けます。しかし、京都の六条を出てから、休まず駆け続けていたこともあり、粟津で一時の休息をとります。

兵馬を休め、休息をとりながら、この状況の変化について、義仲は考えていました。

義仲は、西暦1180年(治承四年)に信濃で兵を上げ、平家の代官を討ち、越後の国司である城氏も滅ぼして信濃・越後の二国を手中に収めました。

しかし、叔父である源行家源義広を保護したため、鎌倉の頼朝と対立してしまい、嫡男・清水冠者義高を人質に出して和睦をし、西に兵を進め、北陸の平家勢力を駆逐することに専念します。

西暦1183年(寿永二年)5月、平家がその持てる力全てを平維盛に託して戦った倶利伽羅峠の戦いで維盛を駆逐し、信濃、加賀、能登、越前、越中、越後を支配し、その勢いで近江に進軍。7月、比叡山を味方にし、数万騎の戦力で京都に入り、7月、ついに平家を京都から駆逐させました。

ここまでが義仲の最盛期だと思われます。

しかし義仲はその後、自軍の統率に失敗し、兵士の乱暴狼藉を取り締まることができず、京都の治安を著しく悪化させました。たまりかねた法皇は義仲に平家追討の院宣を与え、義仲を西国に追いやると、鎌倉の頼朝と連絡をとるようになります。

西国での義仲の戦績は決して良くはなく、水島の戦いで敗北し、瀬尾兼康の謀反等もあって兵力を著しく減らしてしまいます。そして法皇の暗躍をした義仲は急ぎ京都に戻り、ついには武力で院庁を制圧。後白河院政を停止に追い込みました。

ここを院と朝廷を手中に収めた義仲の絶頂期とする人は多いですが、この時点で義仲はこれまで味方にしていた諸氏の離反を招いており、五、六千騎あった義仲の兵力は千騎足らずまで減っていました。ゆえにこの時を境に勢力は縮小していたと考えます。

(ワシは京都から平家を追い出し、院や朝廷を安定させ、天下の権利を握った。しかし、清盛のように院や朝廷を意のままに操ることはできなかった。その知恵と策略がなかった。しかし、法皇様のなさりように我慢がならず、武力で院を制圧した。あれからだ、味方がどんどん減っていったのは。あれが全ての間違いであったか......)

義仲は自らの不器用さと知恵のなさを悔いるしかなかった。
そんな時に、周辺の茂みがガサガサッと音がしたため、義仲軍はすぐに臨戦体制をとりました。しかし、そこに見えたのは

「そなた......四郎。今井四郎ではないか!」
「殿。ご無事でございましたか」

茂みから見えた顔は、勢多の唐橋を守っていた今井兼平でした。
義仲は嬉しさのあまり駆け寄って、兼平の体をなんどもバンバンと叩きました。

「お主こそ、よく無事だったな」

「申し訳ございませぬ。相手が万を超える大軍ではいかにしても防ぐことができず、唐橋を突破され、残存兵力をまとめて京都に戻ろうとしたところ、ここに休息中の軍勢があると聞き、もし鎌倉勢なら行きがけの駄賃代わりに刺し違えようかと思った次第で」

「そうだったか」

「殿がご無事なら、このまま北陸へ退き、信濃の兵を募って再度京都へ攻め登れます」

「ワシもそう考えた。しかし先ほどから鎧が重くてかならん。どうやら気力も萎えてしまったようだ。苦楽を共にした根井四郎(行親)も楯六郎(親忠)を失ったこともある。」

義仲はそう言いながらため息をつきました。
行親と親忠の討ち死に知った兼平は瞑目しながら

「そうですか......。殿が鎧を重く感じられるのは、たった一人で落ち延びようとなされているからでしょう。これより先は四郎がお側についてございます。まだ矢も幾つかございますので、敵が現れたら四郎が楯となって殿をお守りします。この先は粟津の松原と呼ばれている場所がございます。そこでお覚悟なされませ」

と義仲に自害を諭しました。
しかし

「わし一人おいてそなたまで行くのか。たった今、側にいると申したではないか」

と義仲は一緒に死ぬことを兼平に望みますが、兼平は地に膝を着いて平伏すると

「どれだけ名誉を得たとしても最後の死に様が無様では、後世に汚名を残します。また、天下無双の木曾義仲が名もない雑魚に首を取られては、信濃源氏の名折れにございます。ゆえに、誰の手にもかからないようにこの四郎が敵を防ぎますので、殿は早く松原へ落ち延びを。そしてそこで御最期を」

と平伏して義仲を諭します。

「わかった。敵が来たらそのようにとりはかろう。今はこの再会を喜びたいのじゃ」

と義仲が兼平に立ち上がらせようとした時、
また茂みの中がガサガサという音がしました。
兼平が「まだ味方がいたのか」と思ったところ、そこに現れたのは白旗を掲げた源氏の兵だったのでした。

源氏方馬上の武将が

「そこにいるのは木曾冠者殿とお見受けするが」

と声をかけたのに対し、

「そういうそこもとは?」

と返す義仲。

「甲斐源氏・武田信義が一子・一条次郎(忠頼)」

その名乗りを聞いた瞬間、兼平は馬に跨り、

「殿!ここは私任せて先を急がれよ!」

と声をあげると、兼平に付き従っていた兵が即座に迎撃態勢をとりました。

忠頼は

「やはり木曾殿だったか。者共かかれっ!絶対に逃すな!」

と兵に下知をし、騎馬兵が兼平の手勢に攻めかかっていきました。

「殿を絶対に敵の手にかけるな!」

兼平も刀を抜いて指揮をとりながら自らも馬上で応戦します。
その姿を見ていた義仲は、馬に乗り、松原に向かって駆け始めたところ、なんと馬が沼のぬかるみにはまって身動きが取れなくなりました。

「うわ!これはしまった.....」

義仲は沼から脱出を図ろうと、左右に馬を振り向けますが、馬は完全に沼に足を取られていました。

忠頼は義仲の馬が動けなくなっていることを見て取ると

「騎馬隊は今井四郎の軍勢を左に押せ」

と指示をした後、

「弓隊!我に続け!」

と声をあげて自らの馬に檄を与え、義仲の沼の方に向かわせました。
沼の中でもがく義仲を発見すると

「弓隊、構え!」

と十人の弓使いが弓に矢をつがえて構えさせました。
そして

「木曾殿......お覚悟!」

と声を上げた瞬間、義仲は振り返り、顔を忠頼に向けました。
忠頼はその瞬間を逃しませんでした。

「放て!!」

と号令が下った瞬間、十本の矢が義仲めがけて飛んで行きました。
十本のうち、一本が義仲の背中、一本が右の太もも、そしてもう一本が義仲の眉間に命中します。

義仲はそのまま両手がだらんと下がり、上体のバランスを崩すとそのまま、頭から沼に向けて落馬しました。

その物音を聞いた兼平は振り返り、義仲が討たれたことを見届けると

「もはや是非もなし、源氏の者共よく見よ!これが日本一の武士の自害の様よ!」

と刀を口の中に入れ、そのまま飛び上がって落下、地面に叩きつけられた瞬間、口に入れた刀は兼平の脳天を直撃し、絶命しました。


河内源氏棟梁・源義朝の弟・義賢の子として生まれ、信濃源氏を束ねて挙兵し、越州、加賀、信濃を勢力下に収めて京都を目指し、京都から平家を追い出した麒麟児・源義仲。一条忠頼の郎党により討死。享年三十一。

そして義仲四天王の一人で常に義仲を支えた第一の腹心・今井兼平、自害。享年三十三。

義仲討死の報は翌日21日、範頼、義経、それぞれの陣に伝えられました。
そして同日、義仲四天王の一人で河内国の源行家を攻めていた樋口兼光が、京都の異変を聞いて急ぎ戻ってきたところ、義経軍と戦闘になっています。しかし、この時の兼光の手勢はすでに二十騎足らずであり、もちろん義経軍の敵ではありません、あっさりと捕虜として捕らえられました。

ここに義仲の勢力はほぼ潰えたのです。

(つづく)
posted by さんたま at 23:40| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

鎌倉幕府が出来るまでの黒歴史(82)-義仲落ちる-

西暦1183年(寿永二年)12月20日、房総平氏棟梁・上総広常が、謀反の疑いにより、梶原景時によって殺害されました。また、この直後、嫡男である上総能常が自害して果てたため、上総氏は断絶となりました。

広常には数人の弟たちがいましたが、頼朝は広常の弟たちは罪なきものとして従兄弟である千葉常胤(千葉介)に預け、広常の所領も預けおきました。これにより、房総平氏棟梁の座は千葉氏が担うことになります。

広常亡き後、頼朝は弟・蒲冠者範頼に総兵五万五千の大軍を預け、近江に向かうように命じました。これは後白河法皇の求めに応じての軍勢派遣でしたが、京都では義仲の意向で「頼朝追討」の院庁下文が発給されており、このあたりの大義名分は相当いい加減なものがあります。

一方の京都では、義仲が西国の平家を討つ、いや、平家と和睦する、平家がすぐにも京都を奪還する、義仲ら法皇を連れて北国に一時避難する、などの様々な噂が錯綜しており、何が正しい情報なのか誰も正確なところがわかっていませんでした。

「玉葉」「吾妻鏡」などの歴史書をみると、義仲の北陸移動については、義仲が本気で考えていた節が見受けられます。しかし、近江に駐屯している義経の軍勢が千騎に満たない(実際は五百騎)ことを知ると

「鎌倉軍など恐るるに足らず!」

と考え、鎌倉軍と正面切って戦うことを決意します。

その影響か、西暦1184年(寿永三年)1月10日、木曽義仲が征夷大将軍を兼ねたという記録が「吾妻鏡」(鎌倉時代の歴史書)に見えます。

征夷大将軍とは、桓武天皇の時代に坂上田村麻呂が蝦夷征討のために任じられた臨時の役職です。

義仲は先頃出された頼朝追討の院庁下文に従い、東国を征伐する最高司令官の証としてこれを願ったと思われますが、同月15日の「玉葉」(右大臣・九条兼実の日記)によると、義仲が任じられたのは征東大将軍という役職だったようです。

征東大将軍も臨時の役職で、平将門の乱(承平天慶の乱)の鎮圧のために、西暦940年(天慶三年)に藤原忠文(参議・右兵衛督)が任じられて以来、244年ぶりの補任になります。

義仲が将軍職を欲した理由はいろいろ考えられますが、この時期、義仲を見限って離反した勢力が結構あり、朝廷のお墨付きをもらうことで、再び勢力を回復させようと考えていたのではないかと思います。

ところ、事態はその翌日(1月16日)の夜に一変します。

義仲は近江に放った密偵の報告で「鎌倉の軍勢が数万にも及んでいる」ことを知ります。おそらく範頼の軍勢が義経の軍勢と合流したと思われます。

「こないだ聞いた話が違うじゃねーか!!」

焦ったのは義仲です。自分の手勢は二千騎たらず、数万の軍勢相手に戦える戦力ではありません。

この時、義仲は法皇を奉じて瀬田(滋賀県大津市)に出陣することを奏上しますが、法皇はこれを拒否しました。

法皇からすれば、義仲の言うことにホイホイのって行動して、うっかり北陸に拉致られてはたまりませんし、そもそも鎌倉の軍勢は法皇の求めによって京都に迫っているわけで、義仲に味方するわけがありません。

また、法皇は院近臣を使って情報収集に務めており、この時の義仲の戦力を冷静に分析していました。

半年前に数万の軍勢をもって京都に入り、平家を追放させた義仲でしたが、水島の戦いの敗戦、瀬尾兼康の謀反などで兵力を減らした中、法住寺合戦で「法皇を幽閉した」という行為が治承三年の平家のクーデターと同じ手法であったため、多くの味方が義仲を見限って離反していたのでした。

また、義仲は知らなかったと思われますが、この時、すでに瀬田川の近江国寄りは範頼軍の勢力下に置かれていました。

法皇が動かないことを悟った義仲は、いよいよ独力で鎌倉軍と戦う決意を固めます。
しかし、それにはどうしてもやらねばならぬことがありました。

叔父・行家の排除です。

去る前年11月29日、法皇より平家追討の院宣を受けて、播磨国室山(兵庫県たつの市御津町)で平家の平知盛・重衡と戦って大敗した源行家は、河内国に逃げ、そこで勢力の回復を待っていました。

河内国は京都のある山城国の西にあたるため、義仲が東の近江に出兵すると、後方から行家の攻撃を受ける可能性があったのです。

1月19日、義仲は叔父の源行家を討つため、腹心・樋口兼光に一軍を預けて河内に向かわせました。
また、今井兼平に五百騎を与えて瀬田の唐橋(瀬田川の橋)に出兵させ、根井行親、楯親忠、源義広に三百騎を与えて宇治(京都府宇治市)を守らせました。総大将の義仲は百騎を率いて院庁(法住寺)に陣を張りました。

しかし、この動きはすでに範頼、義経に読まれていました。

同日、範頼と義経は軍議の末、本隊である範頼が三万騎を率いて瀬田の今井兼平に当たる、別働隊である義経が二万五千騎を率いて宇治の根井行親・楯親忠・源義広に当たる作戦を立てます。

記録にあるこの戦いに従軍していた主な御家人は次の通り

<範頼軍>
河越重頼(板東八平氏・秩父氏庶流)
河越重房(重頼の嫡男)
渋谷重国(板東八平氏・秩父氏庶流/佐々木高綱の祖父)
渋谷高重(重国の次男)
一条忠頼(甲斐源氏・武田信義の嫡男)

<義経軍>
佐々木高綱(宇多源氏/頼朝挙兵時からの武将/重国の孫)
畠山重忠(板東八平氏・秩父氏庶流/頼朝の義理の兄弟)
梶原景季(侍所所司・梶原景時の嫡男)
安田義定(甲斐源氏/遠江守)


西暦1184年(寿永三年)1月20日、範頼・義経連合軍と義仲軍が瀬田川近郊でついに激突しました。

しかしここまで書いている通り、義仲の軍勢は、樋口兼光に戦力を分散させたことが仇となり、総勢千騎に見たず、一方の範頼・義経の軍勢は五万五千騎を超える軍勢。
もはや戦いにならないのは明白でした。

義仲軍を散々に蹴散らした範頼・義経軍は大和大路(京都市東山区)から九条河原を抜けて入京し六条に入りました。この間、義仲は法皇を拉致して北国に逃げようという考えで法皇の六条御所に踏み込みますが、すでに法皇はその場にいませんでした。

「御上はどこに行かれたのじゃー!!」

義仲はさらに御所内を荒らしますが、敵の喚声が聞こえ始め、その声がだんだん大きくなると、

「ちっ.....止むを得ぬか」

と舌打ちして御所から退出。馬を駆って、ついに京都市中から逃走しました。
義仲が退出した後、範頼・義経らも六条御所に踏み込みましたが、

「御上に申し上げまする。我ら鎌倉殿の命を受け、御上の許に馳せ参じた者にござる!」

と範頼が高らかに大声をあげると

「我はここじゃ......」

と御所の物置らしき所から法皇が現れました。

「御上.....」

法皇の姿を確認した範頼と義経らは、即座に御所内から退出し、地面に膝まずくと、頭を垂れました。

「その方ら、鎌倉殿の命を受けてと申したの......名はなんと申す」

「蒲冠者範頼」
「源九郎義経」
「河越太郎重頼」
「同じく小太郎重房」
「佐々木四郎高綱」
「畠山次郎重忠」
「渋谷庄司重国」
「梶原源太景季」

全員が頭を垂れたまま、名乗りをあげると、法皇は満足そうに何度も頷き

「役目大義。その方らにはしばらくの間、御所の警護を命ずる」

とお言葉をかけると、一同

「ははっ!」

と畏まりました。

この時の御家人の名前は「吾妻鏡」に記載されておりますが、一条忠頼、安田義定の名前はありませんでした。

それは、彼らは京都に入ることなく別の動きをしていたのです。

(つづく)
posted by さんたま at 19:32| Comment(0) | 鎌倉時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする